看護師の産休・育休について

看護師の産休・育休について

ご存じの通り、看護師は女性の割合が多くそのため、産休や育休などは欠かせない出来事となります。看護師に対するマタハラなどがひどい病院なども昨今、社会問題として取り上げられつつあります。

このページでは看護師の産休や育休にについての法律・給与・賃金ルールなどブログ形式も含めてお役立ち情報をご紹介しています。

 

次へ

1.知っておこう産休の法律・ルール

産休の法律・ルール

看護師に限ったことではありませんが、働いている方すべての人に労働基準法という法律が該当します。


その中で産休(産前休暇・産後休暇)のルールが定めらています。


  • 産前休暇:出産予定日から6週間
  • 産後休暇:出産日から8週間


通常分娩の出産予定日を基本的な軸に考えていきますが、帝王切開などの決まっている場合は変更になります。詳しくは「看護師産休で出産予定日と出産日が変わった場合の対処法」を確認してみてください。


また、法律上の出産とは、妊娠4か月以上経過した場合の分娩のことをいいます。4ヶ月経過した場合の死産や人工流産も含まれます。


産前休暇:出産予定日から6週間

産前休暇

産前休暇は通常分娩の出産予定日から計算します。例え予定日がずれても産前期間と見なされます。


また、出産日の当日も産前期間と見なされます。

本人の希望があれば出産前日までに仕事をすることも法律上は可能なっていますが、やめておきましょう。



産後休暇:出産日から8週間

産後休暇

産後期間は出産日の翌日から数えて8週間となります。

また、この8週間の期間に関しては産前期間とは異なり、法律で就業させてはいけないと決まっています。違反した場合には6ヶ月以下の懲役、又は30万円以下の罰金となります。


本人が希望しても産後期間は働くことができません。


次へ

2.産休の場合の給与・賃金のルール

産休の場合の給与・賃金のルール

産休の場合は病院側(雇用側)に給与の支払いの義務はありません


だからこそ、看護師の転職や就職をする場合には女性にとって産休制度や育児休暇制度がある病院を選ぶべきで、かつ取得実績がある病院を選ぶ必要性が出てくることが分かります。

(しっかりと転職先の病院等は選びましょう。)


ただ、健康保険に加入していて条件を満たせば健康保険組合から出産手当金を貰うことができます。(健康保険も勤務先によってはまれに加入していない場合があるので注意が必要です。)


出産で貰える健康保険組合からの金額について

出産で貰える健康保険組合からの金額

健康保険組合から子供が生まれたときに支給される「出産一時金」と会社を産休で休んでいるにもかかわらず事業主(病院等)から報酬が受け取れない場合に関しては、「出産手当金」が支給されます。


  • 「出産一時金」:出産後に貰える(一律:40.4万円
  • 「出産手当金」:事業主(病院等)から給与が貰えない場合に貰える


出産手当金の場合、病院等を退職してしまうと貰うことができません。産休扱いになる必要が必ずあります。


また、出産手当金は出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間について支給されます。

さらに詳しくは全国健康保険協会の「出産に関する給付」を確認してみてください。


次へ

3.看護師の産休・育休についてのトラブル解消法

看護師の産休や育休を取得する際や、取得後の保険や勤務形態など様々な確認、手続きが必要になってきます。良くある、産休や育休のトラブル・疑問点をブログ形式でご紹介しています。

看護師のマタハラ対処法と4つの注意事項

看護師のマタハラ対処法

看護師は女性が多いですし、職場にも独特な雰囲気があると考えられます。他の看護師の方が結婚をして妊娠、産休を取得するという場面に出会うこともあるでしょう。

 

また、あなた自身もそういった立場になることもあり得ます。

 

そうした看護師の働く現場においては、同じ女性同士だからこそ妊娠・出産について理解がある職場であることが求められますが、全てがそうした現場ばかりではないのです。マタハラという言葉が最近浸透し始めています。マタニティー・ハラスメントの事で、女性が妊娠したことを理由にして不平等な扱いをされることを差します

 

>>続きを読む

 

看護師産休で出産予定日と出産日が変わった場合の対処法

看護師産休で出産予定日と出産日が変わった

看護師の方が妊娠をされて産休や育休に入れる期間などは、あらかじめ規定されています。出産には予定日というものが設定されるものですが、予定よりも早く産気づいて出産に至る場合もあります。

 

では、もし予定よりも出産が早まった場合の産休などはどの様になるのでしょうか

 

>>続きを読む

 

看護師の産休・育休中での社会保険料免除の注意点

社会保険料免除の注意点

病院等に勤務していれば、看護師も社会保険料を支払うことになります。

 

産休や育休に入る時には、社会保険料はどのようになっているのでしょうか。以下の内容について掲載しているページです。

 

社会保険料とは、国で加入する保険制度の総称を社会保険といい、その金額のことを社会保険料といいます。主に、「健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険」を一般的に社会保険といいます。

社会保険は病院側(雇用側)と動労者側(看護師)で労使折半して払う仕組みになっています。(たまにですが、少ない職員の病院は雇用保険や社会保険未加入の場合があるので注意が必要です。)

 

>>続きを読む

 

 

妊娠中看護師の看護業務制限について

妊娠中看護師の看護業務制限

看護師の方は女性が多い傾向にありますが、女性は結婚や妊娠といった人生のイベントを迎えることがあるでしょう。

 

それでも、もし妊娠をしたとしても働くことのできるぎりぎりの時期までは働きたいという妊婦の看護師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、妊婦の方ですと妊娠していない看護師の方と同じ様に働くということは困難でしょう。なので、労働基準法では第65条によって妊婦である看護師の業務について様々に制限を設けているのです。

 

このページでは、妊娠中の看護師に知っておいてほいし軽易作業転換と危険有害業務の就業制限について掲載しています。

 

>>続きを読む

 

妊娠中看護師の夜勤、残業、休日出勤の注意点

妊娠中看護師の夜勤、残業、休日出勤の注意点

看護師の方であれば、働く上で残業であったり、夜勤、さらに休日出勤をこなさなくてはいけません。通常であればそういった不規則な勤務体系も問題なく勤めることができても、妊婦である場合は、そうはいかないでしょう。

 

では、妊娠をしている看護師の方の残業や夜勤、休日出勤はどのようになっているのでしょうか。このページでは妊娠中看護師の夜勤・残業・休日出勤についての注意点をまとめています。

 

>>続きを読む

 

看護師の産休・育休明けの復帰前準備

看護師の産休・育休明けの復帰前準備

看護師は当たり前ですが、女性が多いため、結婚・出産などのライフスタイルの変化によって、産休や育休を取得する必要が出てきます。

産休・育休明けからの看護師の復帰は誰でもドキドキするものです。

 

生活環境も考え方も変わっていく中で、産休・育休明けで本当に看護師の仕事ができるのか?と不安になる看護師も多いです。

 

このページでは看護師の産休・育休明けの復帰前準備をしっかりと行うことで、スムーズに職場復帰を行うためのノウハウを掲載しています。是非確認してみてください。

 

>>続きを読む

 

次へ
ポイント

産休明け・育児休暇明けの復職については、看護師転職サイトを利用することをお勧めします。

 

ただ、看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ