年代別復職する看護師の入職時の注意点

年代別復職する看護師の入職時の注意点

復職する看護師の入職時の注意点やメリットデメリットを20代、30代、40代、50代と年代別に掲載いています。

年代によって復職する条件が多少異なるため、メリット・デメリットが違います。看護師は人材不足なため採用されやすいですが、自分のキャリアに合った勤務先を選ばないと、退職やさらには転職することになってしまうのが難点です。

復職は時間もあるので、しっかりと考えながら勤務先を探しましょう。


20代復職看護師の注意点

20代復職看護師の注意点

看護師としての経験が少ないというデメリットがあるものの、年齢的に体力もあって柔軟性のある20代看護師は、復職先を見つける場合にも比較的たくさんの選択肢の中から選ぶことができます

 

仕事を探す際には、採用してもらいたいあまり無理な条件でも妥協することがありますが、そうすると実際に入職してから家庭や育児と両立できずに離職する結果になってしまうので、仕事を探す際には、長く続けられるお仕事を探すことが必要です。

 

看護師求人サイトを上手に活用して、少しでも自分の希望や条件に近いお仕事を見つけましょう。


20代で復職するメリット・デメリット

20代で復職するメリット・デメリット

20代で復職するメリットはたくさんあります。

まず、年齢的にまだ若いので、柔軟性があり、体力面でもハードな職務をこなすことができます。そのため、復職先もたくさんの選択肢の中から選ぶことができるというメリットがあります。

 

さらに、その先のキャリアアップもたくさんの可能性が広がっているのが、この年代のメリットと言えるでしょう。デメリットは、出産や育児などによってふたたび離職する可能性があることがあげられます。

 

20代前半の看護師転職・求人の注意点と平均年収

20代後半の看護師転職・求人の注意点と平均年収

 

 

30代復職看護師の注意点

30代復職看護師の注意点

復職を希望する看護師が多くなる30代では、ブランクありの看護師を積極的に採用する医療機関を見つけることが、迅速な再就職へとつながります。


入職への注意点ですが、ブランク期間によっては入植前に復職支援セミナーなどに参加しなければ即戦力として働けない場合が多いため、各都道府県のナースセンターが開催しているセミナーや、病院が開催している復職研修など、できるだけ多くの研修やセミナーに参加した上で、自分に自信をつけてから入職するのが理想的です。


30代で復職するメリット・デメリット

30代で復職するメリット・デメリット

30代で復職するメリットは、まだ年齢的にキャリアアップが望める年代ですし、30代は多くの看護師が転職をする年代ですから、その波に乗って復職先を見つけやすいということがあげられます。

 

デメリットは、子どもの年齢によっては、復職しても両立することが難しく、「やはり両立できなかった」と離職する結果になってしまう可能性があることがあげられます。

 

また、夜勤がないクリニックなどは離職率が低いためになかなか求人が出ないため、復職先を見つけにくいというデメリットもあります。さらに、30代でも後半になると体力の衰えを実感する人が多くなり、復職先の選び方によっては、復職後のお仕事が体力的にキツくて再び転職を考えなければいけなくなってしまいます。

 

30代前半の看護師転職・求人の注意点と平均年収

30代後半看護師転職・求人の注意点と平均年収

 

 

40代復職看護師の注意点

40代復職看護師の注意点

40代の復職看護師は、ブランク期間によっては多忙を極める病棟勤務では仕事についていけないことが多くなります。


そのため、復職先を探す場合には、多方向からいろいろな仕事を比較検討し、家庭や育児と両立できるだけでなく、自分の体力や精神的にも負担が少なく、長く続けられるお仕事を選ぶことが必要です。


この年代は、転職によって個人クリニックや訪問看護などの職場へ移る看護師が多くなりますから、復職の際にもそうした分野を狙うのも良いでしょう。入職の際には、専門的な知識や看護業務をしっかりと復職セミナーで勉強し、即戦力になれる自信をつけてから復職するのがおすすめです。

 

40代で復職するメリット・デメリット

40代で復職するメリット・デメリット

40代で復職するメリットは、看護師の資格を生かした職場で働くことによって、他の仕事をするよりも高給を稼ぐことができることではないでしょうか。一般事務などのお仕事は、40代で復職することは非常に難しいですから、看護師の資格を持っていることによって40代でも復職できる点は、大きなメリットといえます。

 

デメリットは、キャリアアップを目指すお仕事や多忙な職場では体力的についていくことが難しくなるため、なかなか採用されにくいという点です。視点を変えて、訪問看護の分野なら、家庭と両立ができて夜勤もなく、キャリアアップも見込めるため、最近では40代看護師の人気となっています。


40代看護師転職・求人の注意点と平均年収

 

 

50代復職看護師の注意点

50代復職看護師の注意点

50代の復職看護師は、年齢的にも復職先を見つけることが困難になるだけでなく、ブランク期間によっては職場に復帰しても即戦力にならず、仕事についていけないことが懸念される年代です。


そのため、入職する際には、複数の復職支援研修を受講して、できるだけ勘を取り戻せるように前準備をすることが必要となります。


ブランク前の職場で同じように働けるとイメージする人は少なくありませんが、体力的にきつくなりますし、精神的な負担も大きくなりますから、キャリアアップというよりはキャリアダウンをしても採用してくれる職場を探したほうが、復職しやすくなるでしょう。


50代で復職するメリット・デメリット

50代で復職するメリット・デメリット

50代で復職するメリットは、他のお仕事ならなかなか仕事を見つけること自体が大変な年代ですが、看護師の資格を持っているということで高給を稼ぐことができるという点があげられます。

 

デメリットは、年代的に体力的・精神的にハードなお仕事がきつくなるので、復職しても毎日が疲労困憊となってしまう点がありますし、年代的に復職後のキャリアアップはとても難しい点があげられます。


50代看護師転職・求人の注意点と平均年収

 

次へ

看護師の復職はさまざまな不安が付きまといます。そのため、看護師求人サイトを利用して、転職のコンサルタントに色々と相談しましょう。

看護師、准看護師の資格を持っていれば完全無料で利用でき、ハローワークやナースセンターよりはるかに効率も良く、求人の質も良いです。

ただ、無料で利用できる看護師求人サイトは全国に50社以上存在します。良い求人サイトは「看護師求人サイト口コミ「看護師求人サイト口コミランキング」口コミでしっかりと選びましょう。

 

■看護師資格で復職する3つの注意点

看護師協会の復職研修と病院の復職研修

看護師のお仕事は、資格があれば数年間のブランクがあっても復職することが十分に可能です。

看護師協会の復職研修と病院の復職研修の違い

 

年代別復職する看護師の入職時の注意点

復職する看護師の入職時の注意点やメリットデメリットを20代、30代、40代、50代と年代別に掲載いています。

年代別復職する看護師の入職時の注意点

復職で採用されやすい看護師

復職を考える看護師を年代別に復職時に採用されやすい看護師、採用されにくい看護師、また年代別のキャリアアップ法をご紹介しています。

 →復職で採用されやすい看護師とキャリアアップ法

復職で看護師求人を探す方法

復職で看護師求人を探す方法オススメの求人の見つけ方をご紹介しています。

 →復職で看護師求人を探す方法オススメ



1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ