視能訓練士へ看護師資格でキャリアアップ

視能訓練士看護師資格

難易度:★★★☆☆

主催:日本視能訓練士協会

試験料等:15,800円

受験期間:年1度

保有者数:未公開

合格率等:80%

 

視能訓練士の就職先は個人眼科医や総合病院、レーシッククリニックなどになります。いずれも、資格取得の際に学んだ知識や技術を存分に生かせるやりがいのある仕事となります。

 

ポイント

視能訓練士とは国家資格の一種である視能訓練士国家試験に合格し、その資格を保有する方を指します。


視能訓練士は医師の指示のもと視能機能の回復のための、リハビリや矯正などの指導やそれに必要な検査などをおこなうのが仕事です。

 

身近な例であげると眼科などで遠視や近視、白内障や緑内障の方におこなう視力検査や屈折検査、メガネやコンタクトレンズの処方、視力矯正において両眼視機能の回復のための訓練やこれに必要な検査などをおこなう業務、健康診断での視力検査などの業務をおこなうのが視能訓練士となります。



視能訓練士受験資格と資格取得方法

資格取得の条件

 受験資格の条件】

  • 高校卒業後に、文部科学大臣が指定した学校もしくは厚生労働大臣が指定した視能訓練士養成所で、3年以上必要な知識や技能を修得したもの
  • 大学・短大を卒業もしくは看護師・保育士の養成機関で指定科目を履修し、指定の視能訓練士養成所で1年以上、必要な知識や技能を修得したもの
  • 外国で視能訓練に関する学校や養成所を卒業したり、外国で視能訓練士に相当する免許を取得したりした者で、国内の指定する視能訓練士養成所などで修得するものと同等以上の知識や技能を持つと厚生労働大臣から認定されたもの

視能訓練士の受験資格は、大学に入学ができる方(高校卒業)で文部科学省が認定している視能訓練養成機関で3年間専門分野を学び単位を取得、あるいは、大学・短大、看護師学校などの教育機関で文部科学省が指定する科目を習得したうえで、卒業後に1年間、視能訓練養成機関で専門科目の単位を取得していることが条件となります。

 

試験科目には基礎医学・基礎視能矯正学・視能検査学・視能訓練学などがあり、全部で169点満点で102点以上が合格となり、回答方法はマークシート形式となっています。

 

東京と大阪で試験になる

東京と大阪で試験に

視能検査士の試験は東京都及び大阪府でおこなわれます。


試験結果の発表については、厚生労働省が指定する各地の視能訓練士国家試験事務所にて合格者の受験地と受験番号が掲示されます。


受験に合格した方は、その後必要機関に申請をして資格の取得となります。

 

視能訓練士の資格取得先と保有者数と難易度

視能訓練士の資格取得先

視能訓練士の資格を取得する場合には、厚生労働省が指定する国家試験に合格する必要があります。


国家試験を受験するにあたっては、指定の視能訓練士養成機関での単位修得が必須となります。

 

視能訓練士の資格保有者数は2013年の時点で約11,000人となります。これだけを見ると非常に多く感じますが、実際には眼科医の数に比較すると少ないのが現状です。

 

国家資格なので難易度は高い!

難易度は高い

視能訓練士は国家資格となるため、民間の資格に比べると難易度は高めになります。


試験は年に1回のみなので、万一合格できなかった場合には一年待ってから再度の受験となります。しかし、合格率自体は毎年80%を超えているので指定の養成機関に入れて、しっかりと勉強をして受験にのぞめば資格取得はそう難しくはありません。

 

看護師が視能訓練士を取得する将来性とメリット

取得する将来性とメリット

看護師の資格を持ちながら、視能訓練士の資格を取得すれば現在のキャリアアップや就職探しなどでも有利になります。

 

視能訓練士は視覚機能に関するいわば専門家ですから、眼科では通常の看護師に比べて活躍の場も増えることになります。

 

近年は、高齢者社会に伴い高齢者の視力低下や白内障などの患者様が増加しているほか、若い方でもパソコンやスマートフォンの普及により視力機能が低下されている方も多いため視能訓練士の需要は増えることになります。

 

今後役に立つ資格となる!

今後役に立つ資格

需要が増加するため、就職活動の際にも看護師と視能訓練士の資格をアピールすることで、病院側が受け入れやすくなるのも事実です。


また、眼科クリニックでの非常勤などのバイトは看護師から非常に人気があり、倍率も高くなります。視能訓練士の資格があれば採用率も高くなり、育児をしながら仕事を探すのにも役に立つ資格と言えます。

 

次へ
ポイント看護師パンダ

看護師として資格を取得し、キャリアアップしたい場合は、資格を取れる環境と努力が必要不可欠です。

資格取得を推進している病院では、看護師のキャリアアップ体制が整っているケースが多く、転職を考える看護師も増えています。看護師の転職は「看護師求人サイト口コミランキング」で確認してみてください。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


LINE看護師パンダスタンプ
看護師転職サイト口コミ