フットケア指導士へ看護師資格でキャリアアップ

フットケア指導士看護師資格

難易度:★★☆☆☆

主催:日本フットケア学会

試験料等:10,000円

受験期間:毎年10月まつ

保有者数:675名

合格率等:75.3%

 

糖尿病患者や高齢者の増加に伴い、フットケアの重要性が認識されるようになりました。足は体全体を支え血流を促進するなど、健康の源となる部分です。

しかし、水虫や巻き爪、下肢静脈瘤、O脚といった普段悩まされがちなものから、加齢による下肢の衰え、糖尿病による病変など、何かとトラブルの絶えない部位でもあります。

 

ポイントチェック

フットケア指導士は、医療従事者のフットケアに関する知識や技術の向上を目指してつくられた資格です。足のケアを通じて患者さんの病変をいち早く発見したり、患者さんに足の洗浄や保湿、靴選びなどを指導することで、健康を保つお手伝いをしたりと、フットケア指導士の業務は多岐にわたっています。

 

別の部位の異変が足に現れることもあり、これからの医療にはフットケアの強化が求められています。フットケア指導士の活躍の場は、さらに増えていくでしょう。

 

 

受験資格と資格取得方法

資格取得の条件

 受験資格の条件】

  • 医師、看護師、准看護師、理学療法士、臨床検査技師、臨床工学技士、介護福祉士、義肢装具士、薬剤師、作業療法士といった医療や福祉分野におけるいずれかの国家資格を持ち(准看護師については都道府県知事が認める資格)、これらの資格取得後3年以上の実務経験があること
  • 日本フットケア学会の学会員であること
  • フットケアの実務経験、日本フットケア学会が認定するフットケア指導士認定セミナーを受講していること
  • ※更新は5年に1度かつ学会セミナーへの参加が必須
受験資格と資格取得方法

フットケア指導士の認定試験を受験するためには、条件があります。


まず、医師、看護師、准看護師、理学療法士などの国家資格を保有していること。資格取得後に3年以上の実務経験があること。フットケアの実務経験があること。

 

認定セミナーの有効期限は2年間

認定セミナーの有効期限

フットケア指導士認定セミナーの受講経験と日本フットケア学会の学会員であることが求められています。認定セミナーの有効期限は2年間と定められているため、期限以内に受験ができなかった場合は、再度受講する必要があります。

 

これらの条件を満たした人であれば、日本フットケア学会に必要書類を郵送することで、受験の手続きとなります。詳細は日本フットケア学会の公式サイトに記載されていますので、必ずチェックをしてください。試験は年1回の開催となっています。

 

 

フットケア指導士難易度

2015年3月に第7回目のフットケア指導士認定試験が行われました。フットケア指導士は誕生してから日が浅く、まさにこれからの発展が期待される資格です。

 

2015年5月現在、合格者数は累計で675人となっています。合格率は年によっても変動がありますが、最も低い年で51.9%、高い年で75.3%に上り、比較的合格率の高い試験とも言えます。

 

3年以上の実務経験が必要

実務経験が必要

認定試験を受けるには、医師や看護師などの資格の保有、3年以上の実務経験、フットケアの実務経験などが条件となっており、まずは受験資格を得ることがハードルとなるでしょう。

 

試験問題は4者択一のマークシート方式で、問題数は50題。内容は認定セミナーの参考テキストからの出題となっています。



看護師が取得する将来性とメリット

取得する将来性とメリット

フットケア指導士が対象とする足のトラブルは水虫や巻き爪から糖尿病による壊死・潰瘍など多岐にわたっています。


そのため、フットケア指導士は、皮膚科や内科、形成外科などのほか、糖尿病患者のための透析室など、多くの場で活躍が求められています。

 

フットケアは介護業界でも欠かせない存在

介護業界でも欠かせない

足の健康を保つことで、寝たきり防止にもつながることから、介護の現場でもフットケアの重要性が叫ばれています。高齢者の足を清潔に保ったりするだけでなく、足の様子から全身の病変を見いだすなど、フットケア指導士は介護業界でも欠かせない存在となりつつあります。

 

増加の一途をたどる高齢者や糖尿病患者の健康を守るためにも、フットケアの存在はますます重要視されています。フットケア指導士の資格を取得することは、スキルアップや転職の選択肢を増やすために有効な手段であると言えるでしょう。

 

次へ
ポイント看護師パンダ

看護師として資格を取得し、キャリアアップしたい場合は、資格を取れる環境と努力が必要不可欠です。

資格取得を推進している病院では、看護師のキャリアアップ体制が整っているケースが多く、転職を考える看護師も増えています。看護師の転職は「看護師求人サイト口コミランキング」で確認してみてください。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


LINE看護師パンダスタンプ
看護師転職サイト口コミ