体外循環技術認定士へ看護師資格でキャリアアップ

難易度:★★★★☆

主催:日本人工臓器学会日本胸部外科学会日本心臓血管外科学会日本体外循環医学会

審査料等:15,000円

受験期間:毎年11月前後

保有者数:1,000名超

合格率等:90%

体外循環装置を操作する技術を持つことを証明するものとして、1987年より実施されているのが、「体外循環技術認定士」という資格です。心臓外科手術を行う職場における看護師のスキルアップとして人気がありますが、この資格を維持するためには5年毎に更新手続きを行わなければなりません。

 

ポイント

開心術によって心臓手術をする場合、「体外循環」が必要です。「体外循環」とは人工心肺などを使って、体外へ血液を回すことで、

 

一旦心臓の代わりとなるものを人工的に作り出しその間に心臓手術を行うため、患者の命に直接関わる大切な施術法であり、この体外循環装置を操作する人には高度な知識と技術が求められることになります。

 

資格取得先と保有者数と難易度

資格取得の条件

 受験資格の条件】

  • 1.日本体外循環技術医学会および日本人工臓器学会の正会員であること。
  • 2.心臓血管外科専門医認定機構が認定する(関連施設を含む)において、体外循環に関する経験が下記の年数を満たす者であること。常勤あるいは常勤に準じるものとし、アルバイトは認めない。① 臨床工学技士……………経験3年以上
    ② 看護師……………………経験3年以上
    ③ 准看護師 高校卒業………経験4年以上
     中学卒業…………………経験5年以上
  • 3.日本体外循環技術医学会における教育セミナーカリキュラムを履修し、所定の単位を取得した者。
  • 4.日本人工臓器学会セミナーを1回以上受講した者。
  • 5.上記4.とは別に認定委員会が定めた日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本人工臓器学会のセミナーで20ポイント取得した者。(ポイントは受験年の日 本人工臓器学会セミナーを含めてよい)
  • 6.30症例以上の体外循環の操作経験がある者。
保有者数と難易度

「人工心肺等の体外循環装置を操作するための技術を有する能力を認定するもの」と定義されている「体外循環技術認定士」の認定資格取得先は、日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本体外循環医学会の4学会で、ある一定の資格を満たした人が受けることのできる認定試験に合格することで認定士として認められます。

 

合格率は高いが道のりは長い?

看護師の合格率

認定試験それ自体の合格率は90%以上とされていますが、そもそも受験資格を備えるまでの道のりが長いため、決して難易度が低いわけではないと覚えておきましょう。

 

2009年の時点で資格保有者数は720名でしたが、近年その数が増加しているため、今では1000人を超えているのではないかと思われます。

 

体外循環技術認定士資格取得方法

資格取得方法

体外循環技術認定士の資格取得方法ですが、まず認定試験の受験資格を得なければなりません。


それには看護師や医師、薬剤師など特定の医療国家資格の取得を前提とし、資格取得先の日本体外循環技術医学会と日本人工臓器学会の正会員でなければならず、加えて心臓血管外科専門医認定機構が認定する医療機関において体外循環に関する経験を3年以上(高卒の准看護師は4年以上、中卒の准看護師は5年以上)積み、一定数の体外循環症例を経験していなければなりません。

 

イチ

教育カリキュラムを受講すること

カリキュラムを受講

更に、日本体外循環技術医学学会が主催する教育カリキュラムを受講し、規定の単位を取得必要があります。


セミナーは毎年春と秋の2回開催され、座学を3回3年(1、2、3年次各45分間)で36単位を取得しなければなりません。更に2011年より人工心肺実技セミナー(1単位)が新たに実技セミナーとして加えられました。

 

ニ

日本人工臓学会教育セミナーを受ける

教育セミナー

日本人工臓器学会教育セミナーを1回以上受け、かつ日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、そして日本心臓血管外科学会の教育セミナーにおいて10ポイント以上を取得する必要があります。


加えて30症例以上の「体外循環記録原本」のコピーと「体外循環業務施行証明書」の提出が求められます。

 

サン

試験内容は筆記試験2時間!&面接

試験内容

これらを修了してこうしてようやく毎年開催される体外循環技術認定士認定試験の受験資格を得ることができます。試験内容は2時間の筆記試験とその後に行われる面接試験で、これに合格すれば体外循環技術認定士として認められます。

 

ヨン

5年毎で資格の更新セミナーを受ける

認定士の資格を取得した後も、5年毎にその資格の更新が必要です。更新条件は引き続き日本人工臓器学会・日本体外循環技術医学会の正会員であること、日本体外循環技術医学会の主催するセミナーを受講することとなっています。


従って日本人工臓器学会もしくは日本体外循環技術医学会のいずれかを退会すれば更新できなくなる為、5年後に自動的に体外循環技術認定士の資格を失ってしまうことになります。これには会費未納による脱会処分も含まれる為、気をつけて下さい。


資格取得する看護師の将来性とメリット

看護師の将来性とメリット

心臓外科という特別な分野に特化した体外循環技術認定士を取得するメリットとは何でしょうか。まず当然のことながら、心臓外科手術を行う職場でその道のスペシャリストとして活躍することができ、それは給与面にも反映されると期待することができます。特に体外循環技術認定士は、その他の生命維持装置の操作やメンテナンスを行う専門家である臨床工学技士の資格と併せ持っていれば、歓迎され年収アップにも繋がります。


特に近年、高齢化社会から医療機器はどんどん進歩しているのに、その機器を取り扱うことのできる医療従事者が不足しているという社会問題上、体外循環技術認定士の将来性は高く、臨床工学技士の資格と併せ持つことで今後ますます必要とされることになるでしょう。


次へ
ポイント看護師パンダ

看護師として資格を取得し、キャリアアップしたい場合は、資格を取れる環境と努力が必要不可欠です。

資格取得を推進している病院では、看護師のキャリアアップ体制が整っているケースが多く、転職を考える看護師も増えています。看護師の転職は「看護師求人サイト口コミランキング」で確認してみてください。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ
LINE看護師パンダスタンプ