家族相談士へ看護師資格でキャリアアップ

家族相談士へ看護師資格

難易度:★★☆☆☆

主催:日本家族カウンセリング協会

審査料等:60,000円

教材等:162,000円

受験期間:筆記2月、面接3月頃

保有者数:1,700人前後

合格率等:90%

 

家族相談士は、病院関係でニーズがある他、教育関連施設や各種福祉団体などでも重宝されています。カウンセリング業務が主ですが、セミナーの講師や学習会のリーダーなど多岐にわたる業務に携わることができます。地域のあらゆる困りごとなどにも対応できるコミュニケーション力があれば、各方面でこの資格を役立てることができるでしょう。

 

ポイント

家族の心理的支援を行う専門家を、家族相談士と呼びます。家族関係の調整の他、家族が健康でいるための助言や指導を行うことができる資格です。


家族相談士の資格を得ることで患者さまの家族が持つ不安などに対して、様々なケアを行うことができます。病院などでは、在宅介護や緩和ケアを受けられている患者さまご家族を支える役割を担います。


次へ

1.家族相談士の認定先と保有者数と難易度

資格取得の条件

 資格取得の条件】

  • 日本家族心理学会またはNPO法人日本家族カウンセリング協会に1年以上在籍している方
  • 又は、臨床心理士、日本カウンセリング学会認定カウンセラー、産業カウンセラー協会認定産業カウンセラーの有資格者
  • 又は、医師、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師、助産師、看護師、保育士の有資格者
  • 又は、心理学及び関連領域の大学院修士課程在籍者または修了者
  • 又は、大学(4年制)の卒業者で、カウンセリングに関する基礎的学習を1年以上(週1回)修めた方
    ※上記のいずれかの条件に該当する者で、臨床経験(教育相談、電話相談、心理臨床、産業カウンセリング、ケースワークなど、家族カウンセリングとかかわりのある実践経験)を1年以上有する方

家族相談士の認定先はNPO法人日本家族カウンセリング協会です。取得先の日本家族カウンセリング協会が行う養成講座を受講し、カリキュラムを修了した方に審査資格が発生します。平成4年に制定されたこの資格ですが、平成25年4月現在で1742名の資格保有者数を誇っています。

 

この資格試験は、審査によって資格が得られます。この審査合格率は9割以上とされています。

 

難易度は簡単ですが、実績が必要?

実績

難易度は高いものではありませんが、所定の学会に1年以上在籍している方を対象とし、看護師や臨床心理士など所定の資格を取得している方のみが養成講座を受けられます。


また、家族心理学の領域で臨床実績や研究実績を持っていることも審査資格の条件として挙げられていますので、資格を満たしているか否かに関しては事前に確認しましょう。


 

2.家族相談士の資格取得方法

資格取得方法

家族相談士の資格取得方法には若干の制約があります。家族相談士養成講座を受講修了し、資格審査を合格することで取得できますが、養成講座の受講資格を得るにはいくつかの条件を満たし、臨床経験を持っていることが必要となります。

 

教育相談や電話相談など家族に対する相談を1年以上実践した経験を持っていなければ養成講座を受講できません。


家族診断士取得にかかる費用について

取得にかかる費用

養成講座の受講料は162,000円、資料代が10,800円です。このほかに、資格審査の金額が2万円認定登録料として3万円かかります。


資格審査は書類審査の他、筆記・面接試験があります。資格試験は年に一度だけの実施ですので、受験時期を考慮した養成講座の受講スケジュールの構築が求められます。養成講座は東京・大阪・仙台の3会場のみでの開催で、月に2~5回の講義に出席する必要があります。

 

3.看護師が取得する家族相談士の将来性

家族相談士の将来性

看護師が家族相談士の資格を取得することは、これまで看護の現場で培ってきたコミュニケーションスキルを活かすことができるため将来性がありますし、役に立つ資格と言えます。ただし、看護の業務と相談士としての業務を両立することは様々な観点から難しいとも考えられます。医療現場だけではなく、保育現場や自治体などでも広く求められている資格です。

 

家族診断士をフルに生かした職務!

家族診断士をフルに生かした

保健師資格を持つ方であれば、家族相談士の資格をフルに生かした職務につける可能性が生まれてきます。


大学で心理学の履修経験がある方、コメディカルの一環で相談業務の経験がある方、リエゾンナースの資格を取得している方などは、資格取得をすることで、さらに職務の幅が広がることでしょう。

 

次へ
ポイント看護師パンダ

看護師として資格を取得し、キャリアアップしたい場合は、資格を取れる環境と努力が必要不可欠です。

資格取得を推進している病院では、看護師のキャリアアップ体制が整っているケースが多く、転職を考える看護師も増えています。看護師の転職は「看護師求人サイト口コミランキング」で確認してみてください。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


LINE看護師パンダスタンプ
看護師転職サイト口コミ