JPTECへ看護師資格でキャリアアップ

JPTEC看護師資格

難易度:★★☆☆☆

主催:JPTEC協議会

試験料等:2,000円

受験期間:300日以上、全国各地で開催

保有者数:35,000人

合格率等:74%

 

内臓の損傷や骨折などによる内出血は医師であっても肉眼での判断が難しく、専門のスキルが必要となります。そのような際にJPTECは、事故などの発生状況を的確に判断し傷病者の状態を見極め正しい処置が可能となるため通常の医療資格のほかに設けられている資格となっています。

 

ポイント

JPTECとは外傷病院前救護ガイドラインとも呼ばれ、事故なでで緊急を要する傷病者に対して適切な処置をおこなえると認定された方が取得できる資格です。

 

JPTECは「Japan Prehospital Trauma Evaluationand Care」の略になります。

 

交通事故などの場合には、即死を除く多くは適切な緊急処置がされていないことによる死亡となります。JPTECは緊急を要する傷病者がいた場合に、適切に観察、処置をするための知識と技術を習得していて、さまざまな症例の傷病者を救うことが可能です。

 

 

JPTEC受験資格と資格取得方法

資格取得の条件

 受験資格の条件】

  • <プロバイダー資格の場合>救急救命士、医師、看護師・准看護師などの国家資格を保有していること
  • <インストラクター資格の場合>
    プロバイダー資格を保有していること
    看護師は救急看護認定看護師や救急医療部門での実務経験があること

※有効期限は3年になります

受験資格と資格取得方法

JPTECの受験資格は消防士や救命救急士、医師や看護師などの国家資格を有する方が値します。歯科医師に関しては、救命救急センター又は救急病院の救急部門に属する方が対象となります。

 

また看護師の資格保有者も受験は可能ですが、その場合は救急医療部門での実務経験や救急認定看護師の資格が必要です。

 

全国各地で300日以上試験がある

全国各地で300日以上試験

資格はJPTEC協議会が指定する試験会場にて試験を受けて合格することで、取得ができます。


試験を受ける前に、JPTEC協議会より試験に関するガイドブックが送付されるので、それを確認すると当日の試験内容や流れが把握できるようになっています。

 

試験は講習を含む、筆記・実技テストを合わせて1日でおこなわれます。筆記テストは全50問のマークシート形式で74%の正解率で資格認定となります。全国各地で年間で300日以上開催されています。受験費用は2000円です。

 

JPTECの資格取得先と保有者数と難易度

保有者数と難易度

JPTECの資格取得先は一般社団法人JPTEC協議会です。資格を取得するためには、こちらの協議会へ申請をして、資格取得のための研修を受講する必要があります。

 

JPTECはプロバイダーとインストラクターの2つの資格があります。プロバイダーはJPTECの内容を把握し現場で実践できるとみなされた方の資格、インストラクターはJPTECの知識や技術を教える側の資格となります。

 

保有者数は35,000名以上!

保有者数は35,000名

JPTECの保有者数は2013年の時点で約35000人です(プロバイダー・インストラクター合計)。資格を保有しているのは救急隊員が断トツに多く、その次に看護師の方の保有が多くなっています。

 

資格取得に関しての難易度はさほど高くありません。試験は1日でおこなわれ講習から始まり、筆記・実技試験のカリキュラムとなります。筆記は全50問で74%以上の正解で認定基準を満たします。事前学習と当日の講習を理解さえすれば資格取得が可能です。

 

看護師がJPTECを取得する将来性とメリット

看護師がJPTECの資格を保有した場合、幅広い職場での活躍が期待できます。


特に救急医療などの現場においては、一次救急医療から三次救急医療までJPTECの技術は必要とされるため、都市部以外の地方病院などでの受け入れも多くあります。

 

また、災害時などの救急医療においても対応ができるため、一般の病院であっても資格を保有している看護師は人気となります。

 

救命医療は伸びてくる分野である!

救命医療は伸びてくる分野

近年、救命医療の需要は伸び続けていて、救命救急に対応できる医師と同じくらいJPTECの必要性が重要視されています。そのため今後の医療業界において、ますます需要が高くなると言われています。

 

これ以外にも、JPTEC保有者数の多さは病院側の患者様に対するアピールにもなります。そのため資格を保有している看護師に対しての待遇なども良くなることが多いと言われています。

 

次へ
ポイント看護師パンダ

看護師として資格を取得し、キャリアアップしたい場合は、資格を取れる環境と努力が必要不可欠です。

資格取得を推進している病院では、看護師のキャリアアップ体制が整っているケースが多く、転職を考える看護師も増えています。看護師の転職は「看護師求人サイト口コミランキング」で確認してみてください。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


LINE看護師パンダスタンプ
看護師転職サイト口コミ