デイサービス(通所・入浴)の看護師求人を探す5つの注意点

デイサービス看護師求人

介護保険の適用内で受けることのできるデイサービス。デイサービスとはその名の通り、その日限りで受けることができるサービスのことです。


つまり、老人ホームやケアホームなどのように数日間以上連続して介護サービスを受けるのではなく、日帰りで受ける介護サービスで、デイサービスの中でも最も一般的なのが通所介護サービスで、これを「デイサービス」と呼んでいる場合も少なくありません。


1.デイサービスの通所とは

デイサービスの通所とは

通所とは、利用者が通所介護施設に通ってそこで提供されるサービスを楽しむ日帰りサービスのことです。基本的に利用者は自宅で自立した日常生活を送りますが、自宅にこもりきりになってしまわないよう定期的に施設へ出向いて家族以外の人との交流を楽しみ、また、心身機能の維持や回復に励むことができます。

 

老化や病気などで通所介護施設へ通うことが難しい場合には、介護サービス事業の方から利用者の自宅へ出向く訪問型サービスもあります。


訪問入浴介護サービスもその1つで、訪問入浴とは、利用者の自宅に簡易浴槽を持ち込み介護師や看護師による介助で入浴できるサービスです。また、車内にある浴槽で入浴するタイプの訪問サービスもあります。


2.デイサービスで働く看護師の平均年収とは

デイサービスで働く看護師の平均年収

今後も需要は伸び続けると考えられるデイサービスですが、病院からデイサービスへ転職した看護師の場合、年収に関しては転職前と比べると落ちてしまうと覚悟しておいた方が良いかもしれません。


日勤のみで土日は休みと時間的に自由度が高く、業務内容も病院と比べるとかなり楽なデイサービスですから、それが給料に反映されるのは致し方ないことで、働きやすさとの天秤にかければ病院と比べて決して不利なわけではありません。

 

デイサービスの看護師平均年収は300万円~350万円?

勿論地域やデイサービスの経営状態などによって差がでてきますが、一般的には正社員の場合で平均月収約20~25万円です。ボーナスに関しては出るところもあれば出ないところもあって平均ボーナスを打ち出すことはできませんが、出るところでもそれを含めて平均年収は300万円~350万円といったところになります。


またデイサービスの場合は看護師も派遣やパートなど非常勤で雇っているところが多く、その場合には時給約1500円程度が相場になります。


看護師としてはやや低めに感じるかもしれませんが、他の一般的な仕事と比べれば平均的、あるいはやや高めの給料と言えるのではないでしょうか。

 

3.デイサービス(通所・入浴)の看護師転職メリット

デイサービス(通所・入浴)メリット

デイサービスには通所介護サービスや訪問入浴介護サービスなどがあり、いずれも看護師転職を募集しています。では、デイサービスへの転職にはどんなメリットがあるのでしょうか。


特に病院勤務と比べて大きなメリットとなるのは、勤務体系が固定的で時間的に自由が利くという点でしょう。基本的にデイサービスは日勤のみで、土日祝日は休みとしているところが殆どとなり、早番や遅番、残業はありません。しかも訪問入浴介護サービスの場合は「単発も可」としているところが多く、「今月は3回だけ」「来月はナシ」など、柔軟に働くことができるところもあります。

 

患者1人1人と向き合った看護が可能!

また、利用者1人1人とゆっくり関わり合うことができるのもデイサービスのメリットです。忙しい病院では業務に追われて患者1人1人ときちんと向き合うことができないということは珍しくありませんが、デイサービスなら利用者のペースで業務を行うため、1人1人とゆっくり話をすることができます

 

特に訪問入浴介護サービスの場合、1回の仕事で向き合うのは目の前の1人の利用者のみですからしっかり向き合えますし、ケアに集中することが可能です。


デイサービスの看護師求人が多い看護師求人サイトランキング


4.デイサービス(通所・入浴)の看護師転職デメリット

通所介護サービスや訪問入浴介護サービスなどのデイサービスへの転職を考えている看護師は少なくありませんが、看護師転職としては特殊な業界ですからそれなりのデメリットもあります。


特に目に見えてデメリットと感じられるのは給料面でしょう。日勤のみで残業もないのがメリットのデイサービスですが、それは裏を返せば夜勤手当や残業手当などが付かないことを意味していますので、その分どうしても一般的な看護師の給料より低くなってしまうことは否めません。


また、病院ではなく介護サービスですから医療行為に関わることは少なく、看護師としてのキャリアアップは望めないでしょう。

 

自分が休みたいときに休めない!

そして、通所介護サービスにせよ訪問入浴介護サービスにせよ、大抵の場合、医療関係者は自分1人という状況で仕事をしなければなりません。


そのため、利用者に何らかの緊急事態が起きた時に誰にも相談できず、自分1人で医療関係者としての判断を下さなければならないことがあります。看護師が自分1人という状況では、体調不良などで休みたくても急な休みを取るのが難しいというのもデメリットになります。


5.看護師求人を探す注意点

看護師求人を探す注意点

通所介護サービスや訪問入浴介護サービスなど、デイサービスへの転職を考える看護師は少なくないでしょう。実際、高齢化社会による需要の高まりもあって、デイサービスの看護師求人を見つけることはそう難しくはありません


しかし、病院勤務とは違って医療関係者としてのキャリアアップは望みにくいデイサービス業界ですから、一度就職したからにはずっとそこで働き続けたいと考えている人が殆どのことだと思います。長く続けられる自分に合った職場を見つけるためには、求人情報を探す注意点をチェックして慎重に選ぶ必要があります

 

介護度数を確かめておくことが重要!

デイサービスの求人を探すにあたって特に確認しておきたい点は、利用者の人数や介護度の重さです。大抵のデイサービスでは医療関係者は自分1人、あとは介護士スタッフのみという環境になるため、利用者に万が一のことがあった場合には誰も頼ることができません。


利用者の人数や介護度数を確かめておくことで、そのような緊急時がどの程度起こり得るかを判断することができます。また、そのような緊急時に判断を仰ぎ、必要なら搬送できる提携医療機関があるかどうかも重要なポイントとなるでしょう。


看護師転職サイト口コミ

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


施設の種類で看護師探す注意点一覧

総合病院
大学病院の看護師求人
訪問看護ステーション求人
企業看護師
美容クリニック求人
治験関連看護師求人
デイサービス看護師求人
障害者施設看護師求人
一般病院の看護師求人
療養型病院看護師求人
精神科看護師求人
医院・クリニック看護師求人
企業保健室
医療機器メーカー勤務の看護師求人
有料老人ホーム
地域包括支援センター看護師求人