小児科の看護師求人の探し方と転職の注意点

小児科は看護師によって働きたいという人もいれば、絶対嫌だという人もいる変わった診療科です。

 働きたいという人はもちろん子どもが好きで、子どもの病気を治したいという人がほとんどですが、逆に子どもが好きだからこそ辛い思いをしている子どもを見るのが苦しい、という人もいます。働きたいけど、働きたくない、という看護師がいるのはそのためなのです。

 

小児科に看護師転職する注意点

小児科に転職する際の注意点としては、小児科独特の難しさを理解しておくことがあげられます。


「子どもが好き」だというのは前提として必ず必要ではありますが、実際には小児看護は大人の看護よりも難しい面が多々あります

 

しゃべれない赤ちゃんの看護

まず病気の本人が幼くて、病状を伝えられないということ。おとなだったら「お腹のこの辺がシクシク痛い」といった説明ができるところが、子どもだと「お腹が痛い」というのが精いっぱい。

しゃべれない赤ちゃんの場合は、どこが痛かったりしんどかったりして泣いているのかもわからないほどです。小児科医は、そんな赤ちゃんの疾患を見つけて薬を処方する必要がありますし、看護師はスムーズに診察が行われるように子どもを泣き止ませたり落ち着かせたりすることも求められます。

 

看護面では最高レベルの技術が必要になる

しかも、小児科は大人の診療科のように体の部位で分けられいるわけではなく、内科も外科もすべて診察や治療を行います。


血管も大人より格段に細いので、注射や点滴なども難しくなるのです。確かにやりがいのある診療科ではありますが、医療や看護の面では最高レベルの技術が必要だということも覚えておきましょう。

 

小児科の看護師求人を探す方法

小児科の看護師求人

実際に小児科の看護師求人を探す探し方としては、看護師求人サイトで探すのが一般的です。


診療科や地域、勤務形態などで簡単に検索できるので、小児科の求人だけをリストアップすることができます。総合病院の小児科の場合は、設備が整っていて、クリニックなどから紹介されてくる子どもが多いのでどこが病気かわからないということはないのですが、重篤な子どもが多いのも確かです。


町のクリニックの場合は、風邪や水疱瘡といった入院を必要としない病気がほとんどですが、ひとりひとりとじっくり向き合って看護をする、という雰囲気ではありません。どちらが自分の求める小児看護かをよく考えて、進路を決めるのもよいでしょう。

 

看護師転職サイト口コミ

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


■看護師求人を条件で探す一覧

こだわりの条件

高給与

残業なし・残業少

年休120日以上

賞与4ヶ月以上

4週8休以上

託児所あり

未経験者歓迎

ブランク歓迎

産休・育休の取得実績あり

教育・研修充実

土日休みの

既婚者に最適

配置基準7:1

電子カルテあり

看護寮あり

2交替制or3交替制

マイカー通勤可能

勤務形態

常勤(夜勤あり)

日勤常勤

夜勤常勤看護師

夜勤専従看護師

非常勤(パート・アルバイト)

派遣看護師

短期・単発看護師

施設の種類

総合病院

一般病院

大学病院

療養型病院

訪問看護ステーション

精神科病院

フィールドナース・企業看護師

医院・クリニック

美容外科・美容クリニック

企業保健室 ‣治験関連(CRA/CRC)

デイサービス(通所・入浴)

有料老人ホーム

障害者施設

地域包括支援センター

業務内容等

一般病棟

一般外来

ICU(集中治療室)

NICU(申請時集中治療室)

CCU(冠疾患集中治療室)

透析室

救急外来

訪問看護

管理職看護師

暖和ケア病棟

健診・検診(人間ドック)

内視鏡室

手術室(オペ看)

内視鏡室

回復期リハビリテ―ション

診療科で探す

看護師に人気の科

眼科

産科

整形外科

皮膚科

小児科

心療内科

内科

外科

精神科

循環器科

脳神経外科

人工透析科

泌尿器科

婦人科

歯科