看護師の円満退職の5つの方法と準備

看護師の円満退職

「辞めざるを得ない」退職理由を用意する

辞めざるを得ない」退職理由

看護師円満退職のためには、辞めざるを得ない退職理由を用意することが大切です。

 

実際のところ、退職を申し出た看護師が引き止めにあって、辞められずにいる、という例は少なくありません。現在は多くの病院で看護師が不足しているため、退職したいといっても何とか引き留めようとするケースは多く、次の勤務先が決まっていても入職日までに辞めることができなかったり、ギリギリまで働くことになったりしてしまうのです。

 

それを防ぐには「引っ越すことになった」「親が倒れて介護しなければならない」「スキルアップできる別の病院に採用が決まった」など、勤務先が引き止めを諦めて暖かく送り出してくれるような理由を考えておきましょう。

 

必ずしも嘘をつく必要はありませんが、いくつか理由がある場合は引き止められにくい理由を選んで伝えるのが基本です。

 

看護師退職で引き止めに合わない

看護師退職で引き止めに合わない退職理由

看護師が退職するときに引き止めに合わない退職理由ランキングベスト5を紹介しましょう。

 

次へ

人手が不足する時期の退職は控える

人手が不足する時期

看護師はどの病院でも不足しがちなので、退職を申し出た時に引き止められることも多くなります。そんな中で看護師円満退職をするためには、人手が不足する時期の退職は控えることが大切です。


たとえば、年末年始やお盆の時期は、看護師も交替でまとまった休みをとるため、どうしても人手が足りなくなりがちです。また、新卒の入職が多い病院などは、4月にまとまった新人が入って来るため、教育で忙しくなってしまいます。


そういった忙しい時期に退職してしまうと、ますますシフトが組みにくくなってしまうので退職もスムーズにいかず、円満退職できないケースが出てきます。これまでお世話になった人たちに迷惑をかけないためにも、人手不足になることがわかっている時期の退職は控えるようにしましょう。

 

退職の心構えとマナー

看護師退職時の心構えとマナー

お世話になったのは確かですから、きちんと手順を踏んで迷惑をかけないようにしましょう

 

次へ

2ヶ月前には退職の意思を伝える

2ヶ月前には退職の意思

看護師円満退職のためには、退職が決まったら早めにその意思を伝えることが大切です。その病院の看護師の不足具合にもよりますが、退職することで仕事が回らなくなるような場合にはもちろん、後任となる看護師の募集を行うことになるでしょう。

 

実際に募集を出して、面接、採用がスムーズに行われたとしても入職までにはそれなりに日数が必要ですし、採用者がまだ他の医療機関などに勤めている場合にはさらに入職までに時間も必要です。

 

できれば後任を採用し、しっかり引き継ぎを行うためにも、退職の意思は1~2ヶ月前には伝えるようにしましょう。法律上は2週間以上前に伝えれば構いませんし、就業規則に従っていればいつでも問題ないのですが、迷惑をかけずに辞めることで円満に退職するためには、できるだけ早く伝えるようにするべきです。

 

看護師が退職するため

看護師が退職するための7つの流れ

退職しようと思っても、自分の都合ですぐに退職できるわけではありません。退職しようと思ってから実際に退職に至るまでの7つの流れです。

 

次へ

引き継ぎは自分主導で進める

引き継ぎは自分主導

看護師円満退職のためには、引継ぎをスムーズに行うことが大切です。退職前に十分な引継ぎを行わないと、職場の人たちが困ることになりますし、自分も退職後に問い合わせを受けたりと面倒なことになります。

 

しかし、一方で看護師の膨大な仕事を完全に引き継ぐことは難しく、そこはどうしても必要なことから優先的に時間の許す範囲で引き継いでいくことになるのが一般的です。どんな仕事をどの程度行っていて、どんな引継ぎか必要なのかを最もわかっているのは自分ですから、スムーズな引継ぎと円満な退職のためには自分主導で引継ぎを進めるのがポイントです。予定の退職日までにきちんと引き継ぎが出来るようにスケジュールを立て、内容によってはマニュアルを作成するなどするのもいいでしょう。

 

次へ

必要な手続きは事前にチェックする

必要な手続きは事前にチェック

看護師円満退職のために、必要な手続きは事前にチェックしておくことが大切です。雇用されている立場だとわかりにくいのですが、雇用契約にはさまざまな書類が必要です。勤務先にもよりますが、社会保険に関する書類や、収入額を証明する書類、年金手帳など、普段は目にすることもないような書類の提出が求められます。また、在職中であればまだ自分の手元にない場合もあるので、その場合は退職後に提出することを伝える必要があります。


まずは、どのタイミングでどの書類がいるのかを早めに確認していきましょう。必要な書類をチェックしておけば、退職時にその書類がない場合に問い合わせることもできます。退職後に退職した勤務先に事務手続きだけのために連絡するのは気まずいという人もいますので、必要な種類は早めに揃えて置いたほうが安心です。


退職願の書き方と退職金について

看護師の退職願の書き方と注意点

看護師が退職する場合、まず口頭で直属の上司に退職の意志を伝え、その後退職願を提出するのが一般的です。

看護師退職金

看護師は退職金もらえるの?相場と平均を知っておきたい5つのポイント

看護師の退職金がいくらもらえるか?という点ですが退職金が出る病院と出ない病院があります。

退職時に必ず受け取るもの

看護師の退職時に必ず受け取る4つのもの

看護師として病院や企業などを退職した際には必ず受け取りたいものがいくつかあります。 

次へ

看護師専用の転職サイト、看護師求人サイトを他の病院の在職中に転職目的で利用すると、完全無料で転職の斡旋と退職のサポートまで行ってくれます。

ただ、看護師求人サイトは全国に50社以上存在しますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」を確認して、ベストな看護師求人サイトを選びましょう。

 

■看護師の円満退職の方法と準備

看護師退職で引き止めに合わない

看護師退職で引き止めに合わない退職理由

看護師が退職するときに引き止めに合わない退職理由ランキングベスト5を紹介しましょう。

 

退職の心構えとマナー

看護師退職時の心構えとマナー

お世話になったのは確かですから、きちんと手順を踏んで迷惑をかけないようにしましょう。

 

看護師が退職するため

看護師が退職するための7つの流れ

退職しようと思っても、自分の都合ですぐに退職できるわけではありません。退職しようと思ってから実際に退職に至るまでの7つの流れです。

退職願の書き方と退職金について

看護師の退職願の書き方と注意点

看護師が退職する場合、まず口頭で直属の上司に退職の意志を伝え、その後退職願を提出するのが一般的です。

看護師退職金

看護師は退職金もらえるの?相場と平均を知っておきたい5つのポイント

看護師の退職金がいくらもらえるか?という点ですが退職金が出る病院と出ない病院があります。

退職時に必ず受け取るもの

看護師の退職時に必ず受け取る4つのもの

看護師として病院や企業などを退職した際には必ず受け取りたいものがいくつかあります。 


1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ