看護師退職時の心構えとマナー

看護師退職するための心構えとしては、迷惑をかけることなく円満な退職を目指すことでしょう。


働いていると誰でも辞めたいと思うことはあるでしょうが、勢いで辞めてしまっては自分の仕事を失うだけでなく、職場にも迷惑をかけることになってしまいます。

 

つらい職場かもしれませんが、お世話になったのは確かですから、きちんと手順を踏んで迷惑をかけないようにしましょう


まずは、看護師退職をする心構え

退職や転職を決める前に、本当に辞めるべきなのかをよく考えることです。(当たり前ですが、意外に勢いの方も多いのです。)看護師は転職しやすい仕事とはいえ、勢いで辞めてしまうのは良くありません。辞める要因となっていることは、実はその病院だけの問題ではなく、医療施設では当たりまえのことなのかもしれません。

 

そうなると、企業や学校など医療施設以外のところへの転職を考えるのもいいでしょう。どの医療機関でも同じだとわかれば、辞めるよりも、働きながらその状態を改善する方法を選ぶかもしれません。

 

■退職という結論がでたら・・・

良く考えて辞めるという結論が出たら、出来るだけスムーズに辞められるように早めに準備を進めていきます。

 

次の仕事が決まるか心配だという場合は、転職先を探してから辞めたほうが安心ですし、すこしのんびりしたい場合や蓄えに余裕がある場合は辞めてから次の勤務先を探すのもいいでしょう。いずれにしても、上司に辞めると伝えてから1~2ヶ月は働くことになりますから、その間に後輩や後任の看護師にしっかり引き継ぎをしておきましょう。

 

ポイント

働きながら看護師転職の活動を行う場合は看護師専用の求人サイトが便利です。

希望の求人を探してくれると共に、面談日の調整なども完全無料で行ってくれます。

ただ、全国に50社以上看護師求人サイトが存在するため良い悪いがあります。

利用した看護師の口コミ「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックしてベストな選択をしましょう。

 

■揉めた状態での退職はなるべく避けましょう!

看護師は転職の多い仕事ですので、転職回数などが特に問題になることはありませんが、少なくとも業界内転職ということになりますから、揉めた状態での退職はよくありません。


違う病院でも意外と医師同士、看護師同士が知り合いであることは多くて、トラブルを起こしたことが別の病院まで伝わっているのはよくあること。


特に同じ地域の病院などは要注意です。そうなると、その地域の病院には転職が難しくなることもあるので、退職するまで円満に過ごすことは大切なのです。

 

退職時のマナーとは?

社会人として働いている以上、退職時にもマナーがあります。不満があって一日も早く辞めたいと思っても、少し時間をかけて退職準備をすることが円満退職の秘けつです。

 

法律では退職する際には、その意志を2週間前に勤務先に伝えることが決められています。

 

しかし、業務の引き継ぎや諸々の手続きを考えると、2週間では短い場合が大半です。病院や企業では勤務規定に、退職日の○カ月前までに伝えるなど、退職の際の規定を設けています。退職を決意したら、まず勤務規定を確認しましょう。多くの病院では1カ月前としているはずです

 

■退職の意思を伝える相手は誰か?

退職の意志を伝える相手は、看護師長など直属の上司です。

 

退職願を書いて、それを手渡しながら口頭で退職の意志を伝えます。退職願は、病院の規定があればそれに従います。規定がなければ、白い便箋に手書きで、黒いボールペンまたは万年筆で書きましょう。

 

退職願の書き方は、インターネットで調べると出てきますから、参考にしてください。医療業界は常に人出が不足しているので、ほとんどの上司は退職をしないよう強く引き止めます。

 

しかし、いったん辞めると決めたのなら引き止められても、きっぱりと意思を伝えることが大切です。「看護師退職で引き止めに合わない退職理由ランキング」も合わせてチェックしてください。


■転職前の引き継ぎはしっかり行う!

上司の同意が得られたら退職日をいつにするかを相談をし、引き継ぎがあれば誰に引き継ぐのかなど、退職までの指示を仰ぎましょう。業務の引き継ぎを行う際は、面倒でも作業手順を記載したマニュアルや一覧表などを作成

 

しておけば、万全です。引き継ぎ作業を怠ると、辞めた後も電話がかかってきて手順や連絡先の確認をされるといったケースも考えられます。自分のためにも、引き継ぎ作業は手抜きをせずにしっかりと行いましょう。

 

■退職日の注意点

いよいよ退職日の当日になったら、お世話になった人たちにあいさつをして、お礼を述べます。


また、健康保険証、職員証明証、ユニフォームやロッカーのカギなどの病院から支給された物品などを返却します。そして雇用保険被保険者証、離職票、源泉徴収票を受け取ってください。これらは再就職や転職先を探すときに必要になりますから大切に保管しましょう。

 

次へ

看護師専用の転職サイト、看護師求人サイトを他の病院の在職中に転職目的で利用すると、完全無料で転職の斡旋と退職のサポートまで行ってくれます。

ただ、看護師求人サイトは全国に50社以上存在しますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」を確認して、ベストな看護師求人サイトを選びましょう。

 

■看護師の円満退職の方法と準備

看護師退職で引き止めに合わない

看護師退職で引き止めに合わない退職理由

看護師が退職するときに引き止めに合わない退職理由ランキングベスト5を紹介しましょう。

 

退職の心構えとマナー

看護師退職時の心構えとマナー

お世話になったのは確かですから、きちんと手順を踏んで迷惑をかけないようにしましょう。

 

看護師が退職するため

看護師が退職するための7つの流れ

退職しようと思っても、自分の都合ですぐに退職できるわけではありません。退職しようと思ってから実際に退職に至るまでの7つの流れです。

退職願の書き方と退職金について

看護師の退職願の書き方と注意点

看護師が退職する場合、まず口頭で直属の上司に退職の意志を伝え、その後退職願を提出するのが一般的です。

看護師退職金

看護師は退職金もらえるの?相場と平均を知っておきたい5つのポイント

看護師の退職金がいくらもらえるか?という点ですが退職金が出る病院と出ない病院があります。

退職時に必ず受け取るもの

看護師の退職時に必ず受け取る4つのもの

看護師として病院や企業などを退職した際には必ず受け取りたいものがいくつかあります。 


1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ