看護師転職の面接で聞かれる事ランキング

面接で聞かれる事ランキング

例え売り手市場にある看護師の転職でも面接は避けて通れないもの。


しかし、看護師の転職面接で聞かれることは大体決まっていて、それに率直かつ誠意を込めて答えることができれば問題ありません。それでここでは看護師転職の面接で聞かれる事ベスト5をランキング形式でご紹介します。

 

次へ
ランキング

1位・「当院を志望した理由は何ですか」

当院を志望した理由

志望動機は面接の最も重要な部分と言っても決して大げさではありません。本音は「給料が良いから」「家から近いから」かもしれませんが、面接で素直にそう言ってしまうとその病院や仕事そのものに対する思い入れはないと受け止められてしまいます。


好印象を与えるには、その病院の情報を集め自分の看護観と合うところや魅力を感じる部分を選び出し、具体的にその点について触れる必要があります。その病院の公式サイトや実際に見学してみて「良いな」と思った点を書き出して分析してみましょう。

 

 

次へ
ランキング

2位・「前職を辞めたのは何故ですか」

看護師転職の場合、志望動機の次に肝心な質問となります。この答えの如何によって採用担当者の心証は大きく異なりますし、「採用してもすぐにまた辞めてしまうのでは」との疑いが晴れるか強まるかをも左右するからです。


実際のところ看護師の退職理由の多くは人間関係や仕事の厳しさなどが挙げられるのですが、それだけだとネガティブな印象を与えてしまいますからできるだけポジティブな理由を探しましょう。「前職では自分の望むスキルアップが難しいと感じたから」「前職の経験を活かして新たな分野に挑戦したいと思ったから」など、前職の具体的なエピソードを交えてポジティブな転職であることをアピールしてください。

 

次へ
ランキング

3位・「あなたの看護観について語ってください」

これも看護師であれば必ず聞かれる事です。看護観とはつまり看護師として持っている信念のこと


看護観を問うことで応募者の人柄や仕事に対する態度をある程度推し量ることができます。


ただ「看護観」に正解・不正解はなく看護師の数だけそれぞれに異なった看護観があるものですから、無理に「模範解答」を探す必要はないでしょう。これまでの経験から感じたことをエピソードを交えて率直に話しましょう。

 

次へ
ランキング

4位・「今までどんな仕事をしてきましたか」

この質問は、自分のキャリアや即戦力となれることについてアピールするチャンスであるため、具体的にどの診療科目にどれ位の期間、どんな仕事をしてきたかを大まかに話せるように準備しておきましょう。


経験が浅い場合でも感じる仕事はあるはずですので、しっかりと自身と向き合って振り返りましょう。


次へ
ランキング

5位・「いつから働けますか」

これは最後に聞かれる事の多い質問です。基本的には内定から1ヶ月後位が勤務開始日と考えておきましょう。


1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ

看護師転職の面接前の事前準備一覧

面接で聞かれる事ランキング

看護師転職の面接で聞かれる事ランキングベスト5

例え売り手市場にある看護師の転職でも面接は避けて通れないもの。

看護師転職面接時の服装

看護師転職面接時の服装や身だしなみについて

看護師転職面接時に気を付けるべき注意点としては、服装の問題があります。

 

看護師の転職の面接時のマナー

看護師の転職の面接時のマナー

看護師転職時の面接での注意したいマナーはたくさんあります。


面接で聞かれる質問とベストな回答

看護師転職時の面接で聞かれる質問とベストな回答

面接時に聞かれることの多い質問とベスト回答例を挙げてみます。


看護師の面接時の質問していいこと悪いこと

看護師の面接時には、担当者から質問されるだけでなく、「質問はありませんか?」と逆に問われることもあります。