看護師転職の内定の断り方と注意点

内定の断り方と注意点

他の職種と比べると成功しやすい看護師転職ですが、面接を受けた病院から内定の通知が来た後で、それを断らなければならないというケースもあります。中でも一番多いのは、第一志望の病院の内定が決まったためそれ以外の応募先からの内定を断らなければならない、というパターンでしょう。何であれ内定が決まった後でもそれを辞退することは「職業選択の自由」によってその権利が保障されているため問題ありません。ただし内定をくれた病院に対してはそれなりの配慮が必要でしょう。そこで内定の断り方や注意点について考えてみたいと思います。

 

内定辞退を伝えるタイミングは?

まず最も注意したいのは、辞退を伝えるタイミングです。自分で応募しておきながら断るわけですから気まずく言い出しにくいのは分かりますが、辞退するのであればできるだけ早くその旨を伝えるのが誠意ある対応です。病院によっては内定承諾するものと思い込んで入職の手続きを着々と進めていることもありますから、できるだけ早く辞退の意向を伝えることで余計な手間をかけさせずに済み、病院側も新たに別の人を選考することができます。

 

<タイミング:できるだけ早く>

 

内定の断り方

では肝心の断り方ですが、まずその方法として一番お勧めなのが、電話です。中にはメールで断る人もいるようですが、メールは相手がいつ読んでくれるか分かりませんし、そもそもあまりに一方的で失礼です。

 

また。直接訪問し断るのは誠意のある方法と言えるかもしれませんが、突然訪問すると仕事の邪魔になるかもしれず相手の怒りを直接受ける可能性もあります。

 

そこでまず電話で気持ちを伝え、「直接訪問してご説明させてください」と言えるかもしれません。大抵の病院では「そこまでしなくても」と言ってくれますし、もし訪問することになったとしても時間を置くことで相手の気持ちにも整理がついて穏やかに話し合うことができるようになります。電話で済む場合でも、後日お詫びの手紙を送るとより丁寧でしょう。

 

看護師転職サイトを利用している場合には、まず担当のコンサルタントさんに連絡しましょう。大抵の場合、コンサルタントさんが代わって病院に内定辞退の旨を伝えてくれます。

看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキングもチェックして、転職がまだな方は無料のサービスを利用しよう!

 

看護師転職内定後の流れと注意点

内定が決まった時の保留

看護師転職で内定が決まった時の保留する注意点と方法

看護師転職の場合、いくつかの病院に同時に願書を送って並行して選考を受けることは決して珍しいことではありません。


内定後の看護師に必要な手続き

採用内定が決まった看護師に必要な手続き

採用内定が決まった看護師に必要な手続きとしては、新しい勤務先に対する手続きと、退職する勤務先に対する手続きの2つがあります。



1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミ