ハローワークを活用した看護師の転職方法!メリット・デメリットとは

「看護師が転職・再就職する手段は看護師求人サイトしかないのか?」という質問を良く受付ます。看護師が転職や就職を考えたときに、求人サイトが良く目につきますが、転職する方法はそれだけではありません。今回はハローワークを活用した転職・就職方法とそのメリットデメリットをお伝えいたします。

ハローワークを活用する方法

これは地域地域のハローワークに出向いて転職や再就職する手段になります。

【ハローワークのメリット】

①小規模の病院が多数ある(個人経営レベルが多い)

②大都市圏以外(仙台・東京・大阪・名古屋・福岡以外)のエリアの場合はハローワークの方が多く求人がそろっているケースがあります。

③失業保険の受給が受けれる、または再就職手当ももらえる可能性がある

【ハローワークのデメリット】

①求人票にあまり情報が載っていないため、得られる情報が少ない

②担当者は役所の対応のため、何を聞いても分からない

③情報収集は面接以外あまりありません。自分で調査するなら別ですが、ハローワークで完結はしません。

④再就職者の満足度も低く、また離職率も高い傾向にある

賢くハローワークの活用流れ

首都圏以外のエリアの就職を希望する場合は、ハローワークを見に行く必要がありそうです。また、もし条件の良い病院があれば全国で行っている複数の転職サイトに登録を行って、探しキャリアコンサルタントからの情報を聞き出した方が良いとわれます。

1.ハローワークで看護師求人の確認

自分に合う条件や、給与、病院の名前をチェックしておきます。

貰えるようであれば失業保険も申請しておきましょう。

(失業保険は退職後3ヶ月以降からもらえます)

(ハローワークを利用して就職する場合、3ヶ月以内に就職したら再就職手当)

2.看護師転職サイトに登録をして、その病院がないかチェックする

看護師転職サイトは登録しなと見つからない非公開求人というものがあります。ベストな転職サイトを記載しておきますので、大手求人サイトと、看護師専門サイトに登録をしましょう。

■看護のお仕事

こちらは看護師専門の求人サイトを運営しているレバレジーズ株式会社という会社で、株式上場もしています(個人情報の関係で安心です)。

全国対応で求人数が136,000件以上ありますので、ハローワークで紹介しているサイトや非公開求人、条件面で良い求人を探します。

看護師の求人専門で行っているので「ナースではたらこ」と違い看護師の仕事の内容にかなり理解があるサポートをしてくれます。

詳細はこちら

看護師のハローワークの利用についてのまとめ

ハローワークも行くことは大事ですが、調べる程度にとどめて、転職サイトを活用する方が合理的だと思います。

地方にお住いの場合でもナースコンシェルジュの逆指名制度を利用すれば、看護師の求人に困っている病院がほとんどになりますので、割とスムーズに面談まで行うことが可能です。

 

また、よく聞くのが転職サイトの方が求人が充実しているケースや、給与や条件面が優遇されている傾向になります。

求人募集にお金をかけている病院なので、基本的に資金繰りがうまくいっている(お金がある)といっても良いと思います。

 

 

是非ベストな転職方法を体験してみてください。

口コミでランキング!おすすめ看護師転職サイト

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ