看護師転職の面接時に聞かれるあたりまえのこと

初めての転職の場合は面接で勝負が決まります。第一印象でも勝負が決まりますが、面接時に質問をされる内容はおおよそ決まっています。しっかりと準備しておくことと、何を聞かれても良いように下記項目を整理しておきましょう。

1.今回の転職理由について

これは、間違いなく聞かれる項目です。なぜ、転職しようと思ったか。という部分です。なるべく真実でなるべくプラスな理由を説明したいところですね。

実際に「看護師の退職・転職理由の本音リサーチ2013」も参考にして考えてみてください。あくまで本音は言わない方がプラスですが、嘘は駄目ですね。

 

また、退職している場合はなぜ?!退職したのか、理由を聞かれますのでそちらの準備も忘れずに行いましょう。

2.今回の病院(企業)を選んだ理由について

ココは通常の理由ですね。待遇面なども確認をしながら思ったままを伝えると好印象です。

取りつくろうと失敗するケースが強いですね。ポイントは思いを伝えるときはやはり熱意です。

3.なぜ?!看護師になったのか。

看護師になった理由を聞かれます。看護師をめざし、実際に働いている方なので、「友人と一緒が良かったから」などの理由はないと思います。ここは、できればエピソードと共に話すことが良い印象を与えやすいですね。

ちなみにこの質問は「看護師観」につながりますので、看護師観を聞かれたときにも整合性が合うようにしておきましょう。

自己啓発がしたい方は「看護師プロフェッショナル仕事の流儀無料動画視聴」を確認してください。

4.今までの経験・失敗・体験談で学んだことは?

転職や再就職、また産休開けなどで始めるときは、「経験者」として見られてしまいます。転職の場合良い意味でも悪い意味でも経験者として見られてしまいますので、ココも実際に合ったエピソードを話しましょう。

また、前の病院の愚痴や悪い点はなるべく控えて「私には合わなかった」などのスタンスで行けば問題ないと思います。

5.長所・短所は何だと思いますか?

そもそも、履歴書を書く際に記入する欄があるとは思いますが、短所と長所は自分から見て、自分のことを、どのように思うか。ということを聞かれていますので、しっかりと答えましょう。

長所が分からない方は短所から考えましょう。人間だれしもですが、短所=長所です。

 

例えば

短所:「私はしつこい性格である」

長所:「何事にも粘り強い」

上記を見て分かるように、短所=長所になりますね。

6.まわりの方からどのように思われているか?

少し困った質問ですが、先輩・後輩・同僚・上司などからあなたはどのように思われていますか?

という質問になります。意図としては、自分のことをどのように自覚しているか。ということを見極めたい質問です。

「よく●●と言われます」「みんなに●●だねって言われます」

というのは少しありきたりで質問の意図とは乖離します。

 

ここは

「自分では●●のように思われていると感じています。」「先日も・・・」というように、結論⇒エピソードの話ができれば抜群ですね。

6.今回の配属希望とその理由は?

少し難易度が高い質問を聞かれますが、自分で希望をだすのですから、なるべく細かく詳細に理由を伝えましょう。

悪い例は単語で終わることです。例えば「興味があったから」など結論だけを端的に答えてはダメですね。

7.何か質問はありますか?

一番最後の質問でよく聞かれますね。

しっかりと疑問点をまとめておきましょう。1つ~3つぐらいがちょうど良いです。

何もない場合は「興味がないのかな?」と逆に悪い印象を持たれますので、無い場合でも「本日お話を頂いたことで、色々と疑問だったことが解消されまいたので、特に質問はありません」など回答しておきましょう。

みんなで選んだ口コミランキング

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ