20代で看護師転職を考える場合の7つの注意点

20代の転職

看護師を行っている皆様なら分かる通り、看護はどうしても経験値が優先されます。どれぐらいのキャリアがあって、どれぐらいのスキルがあってなど。だた、20代はスキルもキャリアもアップしていかなければならない時期です。そのため転職という選択肢がベストの場合もあります。

20代での転職でマイナスにならない転職理由

ごく、当たり前のことですが採用するであろう病院・クリニックや企業などはどちらかというとどのような理由で退職するのか。ということがイメージや印象に残ります。

なぜならば、すぐにまた転職・退職をするのではないか。と思うからです。基本的に病院やクリニックは1名の看護師を採用するために、最低でも50万~150万円の広告費用を払っています。

そのため「継続性」が一番の問題になりますので、しっかりとした転職理由を話すことによって、マイナスと受け取られないわけです。

 ①家族の転勤が転職理由

この事情は致し方ない事情だと思います。下記の事だけ注意しておいてください。

・転勤はしょっちゅうあるのかどうか?

・今後転勤がまたあった場合どうするのか?

この2点の回答を確認しておく必要がありますね。

 ②キャリアアップ・スキルアップ

この理由の場合、少し難しいですが自分の看護観をしっかりと話せるようにしておきましょう。

また、現在の病院や前の病院の愚痴はやめておきましょう。

あくまで自分の話にとどめましょう。

聞かれた場合は正しく真実を応えればよいと思います。

 ③3年以上勤めている場合はOK

20代でも3年以上勤めあげていれば問題ありません。

「石の上にも3年」とはよく言ったものですね。採用担当や病院側の印象は良いです。

転職する理由を正確にしっかり話ましょう。

 ④身内の介護のため、子供のため

この場合転職をお勧めします。

その理由は条件面がしっかり明示された求人が最近は多く、そもそもそのような方のために日勤のみや24時間託児所が完備されている求人も多いですね。

20代での転職まとめ

20代看護師の病院・クリニック・企業側の印象は、下記の通りです。

⑤若いので体力があり、精神力が高い

体力がなく、メンタルが弱い方でも病院やクリニック側はそのように見ます。面接の際は特に「元気」が大事ですね。

⑥長く働くことが出来る

20代で結婚をすでにしている状態などは有利ですね。未婚だとしても福利厚生が整っている病院であれば、「長くいてくれる」という印象を持ちます。

⑦変化への対応。環境適応能力が高い

年齢が高くなるにつれて、環境の変化に対応が遅くなり、環境適応能力も低くなります。

30代後半の看護師よりは有利になってきます。男性看護師の場合は少し違いますね。

年収アップに向いているサイト

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ