保健師がハローワークを利用するメリット・デメリット

保健師がハローワークを活用する際のメリット・デメリットを紹介いたします。基本的には看護師と同じになってしまいますが、調べる方が多いので掲載しておきますね。

ハローワークのメリット

保健師がハローワークを活用する上で、様々なメリットがございます。

 ①全て無料であること

当たり前のことですが、全て無料になります。ただ、一般企業が行っている保健師・看護師の求人サイトもすべて無料にはなります。

 ②再就職支援など給付金がもらえる

ハローワークの場合自己都合の退職から3ヶ月後に手当がもらえます。

ほとんどの方が休職手当をもらうことなく、転職してしまいますが、ハローワークを通じて3ヶ月以内に求人が決まった場合は再就職支援給付金がもらえます。

 

 

正直メリットはあまりありませんね。

保健師求人サイトと比較した際のデメリット

保健師専門の求人サイトと比較したサイトのデメリットを掲載いたします。最近の求人サイトは意外とイケてるので結構お勧めですね。

 ①求人数が少ない

ハローワークは保健師の転職サイトに比べると圧倒的に求人数が少ないです。また、ハローワークに掲載している病院は必ず看護師求人サイトにも載っています。

 ②病院・クリニックの情報が分からない

ハローワークだとどうしても紙に書いてある求人情報・インターネットなどの病院紹介だけで、求人サイトに比べると内情面の人間関係や医師の評判や態度などわかりにくい部分が多いですね。

 ③担当とコンサルタントの違い

保健師求人サイトと比べるとですが、ハローワークについてもらえる担当者は公務員です。医療業界に強いわけではありませんし、保健師という仕事の理解がない担当もいます。

また、本当に貴重な保健師という仕事でも理解がないため、つっけんどうな対応をされるケースもあります。

(どうせ就職困ってるんでしょバリに言ってくる担当もいました)

 ④企業保健師の求人はない

保健師の中でも人気が高い企業保健師の職種を希望される方は断然、求人サイトです。

ハローワークでは企業保健師の求人はありませんね。

保健師のハローワークまとめ

色々デメリットが多くなってしまいましたが、ハローワークで転職する方も多いですね。

理由としては、地方の場合ハローワークの方が求人が多いケースもあります。結局は働いてみないと分からないですが、転職や再就職などは出来る限り慎重に行きたいものですね。

その場合、情報の正確性や量で求人サイトがおすすめする理由です。

 

決めるのは自分なので良い転職をしてください。

みんなで選んだ求人サイトおすすめランキング

※看護師の人数の方が、保健師や助産師にくらべ多いため、求人サイトが看護師にまとめられています。

登録を行うことで、しっかりとコンサルタントがついて非公開求人や企業看護師の求人の紹介をしてくれるので、お勧めです。

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ