看護師が治験コーディネーターCRCになるには?資格が必要?

治験コーディネータCRC

看護師が治験コーディネーターになるための内容をまとめています。治験コーディネーター(CRC)になるためには資格がいるのでしょうか。どのようなことを看護師が行えば治験コーディネーターになれるのでしょうか。治験関連の職業は看護師に人気な職業です。その人気の職業になるための第一歩を確認しましょう。

CRCとは「Clinical Research Coordinator」の頭文字を取った略語になります。日本語に直訳を行うと臨床研究のコーディネーターとなります。新薬の開発に携わるお仕事ですね。

治験コーディネーターに資格はいらない?

看護師から治験コーディネーターを目指す方にとっては、資格は一切いらない仕事になります。もちろん正看護師として資格を持っておれば、治験コーディネーターの職に就くことが可能になりますし、准看護師でも資格と経験があれば、治験コーディネーターという仕事に就くことが可能です。

 

治験コーディネーターを行う上では資格はいりません。ただ、基本的に治験コーディネーターは院内か企業で働きます。つまり、ある程度の資格や知識を持っていないと採用されませんので、資格はいりませんが、職種に就くことができません。

 

●治験コーディネーターが保有している資格

治験コーディネーターを行っている方は、下記のいずれかの資格を保有うしている方が多いようです。どれか1つの資格を保有している方は治験コーディネーター職を行っています。

・看護師、准看護師

・薬剤師

・検査技師資格

・保健師

治験コーディネーターは専門的な知識を必要とする仕事なので、看護師の資格が必要なのは当たり前ですね。無資格で治験コーディネーターを目指す方は、上記資格を取得する必要があるということになります。

 

看護師資格の治験コーディネーターに必要なスキル

看護師の資格を保有しておれば、治験コーディネーターに転職できる可能性はお分かりいただいたと思います。ではそもそも治験コーディネーターになるためには看護師としてどのようなスキルが重要になるのでしょうか。

看護師が治験コーディネーター(CRC)を目指す場合

看護師が治験コーディネーターになる場合は、年数にして3年~4年ほど臨床経験を積んでいた方が無難です。20代後半から30代前半で治験コーディネーターに転職する方が多いようです。看護師は幅広く患者と向き合い、対応するため、治験コーディネーターになるには適している資格と言えます。

 

 治験コーディネーターの看護師転職サイト

治験コーディネーターは人気の職種になりますので、看護師求人サイトをしっかり選び、複数登録する必要があります。

治験コーディネーター求人が良く出るサイトは下記です。

ナースフル(リクルート運営)

マイナビ看護師(有名転職サイト)

ナース人材バンク(求人多数)

看護師のお仕事(求人多数)

など、4つほど出しましたが、4つすべて登録しても希望する条件等で治験コーディネーターの職種はないかもしれません。
まずは登録をして、各サイトの担当コンサルタントとやり取りを行いましょう!!
 
看護師が治験コーディネーターになる近道は、求人サイトをフル活用することで、なれる職種です。

治験コーディネーター求人サイトをランキング!

治験コーディネーター

治験コーディネーターCRCが多い求人サイト

看護師に取って人気がある、治験コーディネーター!どの看護師求人サイトにCRCの求人が多いかランキングしています!こちらも参考に見てください。

治験コーディネーター(CRC)おすすめ求人サイト

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ