どんな診療科目への転職が看護師転職に人気?

診療科目の人気

看護師の転職は、どんな診療科目なのかによっても人気が異なります。

 

病院には外科や内科、整形外科、皮膚科、眼科など、一般的な診療科目だけでなく、心臓外科や血管内科のように専門的な診療科目も含めると、トータルで30科目以上にもなります。(また病院独自の科も存在しますね。)

 

その中で、どんな診療科目が看護師にとって人気なのでしょうか。


1.看護師に人気の科は

看護師に人気の科目

医師に人気の診療科があるのと同様に、看護師にも人気の科目があります。

 

しかし、医師の場合は原則として退職するまで一つの科のみの診療をしますが、看護師の場合は自らの希望や人事異動などで診療科が変わることが良くあります

 

そのため、年齢や自らのキャリア形成を考えたときに年代によって人気の科目は変わってきますので、それを年代別に紹介していきます。

 

20代看護師に人気の科

20代看護師に人気の科

20代の若手看護師ですが、若い内は看護師に限らずさまざまな経験を積まなくてはいけませんので、内科や外科が好まれます。


内科を経験しておけば、将来どのような科に配置されたとしてもその経験を活かすことが出来ます。また、外科はハードですが病院の花形の職場ですからやりがいも大きいです。


【20代前半看護師に人気の科】

  • 外科全般
  • 救急
  • 産婦人科
  • 内科全般
  • 整形外科

上記のような科が20代前半看護師には人気があります。詳しくは「20代前半の看護師に人気の科ランキングベスト5」を確認してみてください。


【20代後半看護師に人気の科】

  • 救急
  • 外科
  • 循環器科
  • 産婦人科
  • 精神科

20代前半の看護師と少し異なります。早い方ではライフイベントが起こる方も多いため、残業が少ない科だったりを優先する傾向にあります。詳しくは「20代後半の看護師に人気の科ランキング」を確認してみてください。

 

30代看護師に人気の科

30代看護師に人気の科

30代になると結婚や出産という家庭事情が関わってくることが多く、総合病院よりは夜勤や休日出勤がないクリニックや診療所が好まれる傾向にあります。


家庭の事情がない人であれば、自らのステップアップややりがいを求めて救命救急やICU等、まさに救命の最前線で働きたい人が多いです。


【30代前半看護師に人気の科】

  • ICU、救急
  • 循環器内科
  • 透析科
  • 整形外科
  • 小児科

上記のような科がランクインします。働きやすさや、働きがいを求める看護師も多くなります。詳しくは「30代前半の看護師に人気の科ランキング」を確認してみてください。



【30代後半看護師に人気の科】

  • 外来、クリニック
  • 透析科
  • 精神科
  • 循環器内科
  • リハビリテーションセンター

30代前半の看護師とは少し変わります。今後看護師としてどのようにはたらいていくのか真剣に考える年齢になりますね。詳しくは「30代後半の看護師に人気の科ランキング」を確認してみてください。



40代看護師に人気の科

40代看護師に人気の科

40代ですと経験を積んだベテラン看護師という域に入ってきます。そのため、今までの看護経験をじっくり腰を据えて活かすべく、慢性患者さんが多く入ってくる療養病棟が好まれます。


それより上の世代になってきますと、病棟や外来を束ねる師長やその下の主任という役職に任命されることが多くなります。


【40代看護師に人気の科】

  • 回復期・療養系病棟
  • 産婦人科
  • クリニック
  • 緩和ケア
  • 訪問看護

30代まではあまり選り好みしすぎずに多くの診療科を経験しておくと、指導する立場になった時に困らずに済みます。

 

2.看護師に不人気の科は

看護師に不人気の科

組織で仕事をしている人にとって、やりたくない仕事や異動したくない部署というのは少なからずあることでしょう。

 

そしてそれは、病院という組織で働いている看護師さんも同様です。

 

若手看護師が配属を拒む嫌いな科って

配属を拒む嫌いな科

若手の看護師はとにかく経験を積むのが重要ですから、好き嫌いを言える立場ではないのですが、救命救急やICUというハードな科は人気がありません。(もちろん人気の科にもランキングしていますが・・・)

 

常に死と隣り合わせの患者さんの看護をしなければなりませんし、病態が急変することもあるためストレスも大きいです。

 

また、常に最新の医療について勉強しておかなければ対応できません。そのため、ある程度の経験を積んだ看護師は、ステップアップのために配属を希望することもありますが、新人や若手にしてみればあまり配属されたくない科になります。

 

 

好き嫌いが分かれたりイメージが悪い科

イメージが悪い科

産科や小児科は人気と不人気が大きく分かれる科です。


不人気の理由としては保護者の対応が大変そうと言うことや子供があまり得意ではないということ等が挙げられます。あとは看護師と言っても女性ですから、清潔なイメージが薄い泌尿器科や肛門科も人気がありません。


精神科は患者さんの対応が難しく、精神疾患は治癒が実感しにくいという理由から敬遠されることが多いです。

 

人の意見や人気にとらわれず診療科を見極めよう

診療科を見極めよう

このように人間なのでやりたくない仕事や嫌な職場があるのは当然ですから、なるべくなら避けたいのが本音だと思います。


しかし看護師である以上、目の前の苦しんでいる患者さんに寄り添って看護してあげることが仕事です。人気や他人の意見に左右されることなく、自分に合った診療科を見極めることも重要なのです。

 

3.新人看護師に人気の科目は

新人看護師に人気の科目をいくつか紹介したいと思います。


もちろん配属された場合断れるわけではありませんし、人によって感じ方は様々ですね。

消火器内科が新人看護師に人気の理由は

消火器内科が新人看護師に人気

まずは消化器内科が新人看護師には人気が高いです。

 

その理由としては、近年は社会的なストレスから胃腸の病気になりやすい人が増えてきており、胃は癌になりやすい気管でもあります

 

そのため、様々な患者さんが来院しますので勉強になりますし、多くの経験を積むことが出来るからです。

 

総合内科が新人看護師に人気の理由は

総合内科が新人看護師に人気

総合内科も新人看護師の中では人気があります。扱う分野が幅広いので専門的ではありませんが、新人看護師のうちは特定の科と言うよりは、なるべく幅広い経験を積みたいという希望を持った看護師も多いです。

 

そして、総合内科で働く中で、自分に合った科を見つけようと考えている人も多く、人気があります。

 

人気の定番小児科も新人看護師には人気?

人気の定番小児科

次に、小児科も新人看護師には人気のある科ですが、人気不人気が大きく分かれる科でもあります。


子供は自分の症状を上手く伝えられなかったり、泣き叫んだりと手がかかります。そのため子供が好きな人には人気ですが、子供が苦手な人には不人気の科です。

 

その他新人看護師に人気の科

その他新人看護師に人気の科

他にも循環器科は高度な知識や技術が必要なため、新人には不向きな科とも言われますが、「初めから厳しい環境に身を置いて自らを高めていきたい」という前向きな方には人気のある科です。


さらに、ここでの経験は別の科でも役に立ちますから、スキルアップにはもってこいの診療科です。ちなみに、病院は大きな組織のため、なかなか自分が希望する科に配属されることはありません。


そのため、どうしてもこの診療科が良いという強い希望があるならばクリニックの方が融通が利きやすいと言えます。


診療科の変更や転職を新人看護師で考える場合は「新人看護師の転職3つの注意点」をチェックしておきましょう。

 

4.新人看護師に不人気の科は

新人看護師に不人気の科目

看護師として大きな病院で働く際にどの科で仕事をするかによって雰囲気が全く異なってきます。


人により感じ方はさまざまですが、新人の看護師に不人気の科がいくつかあります。 

 

精神科は新人看護師に不人気?

精神科は新人看護師に不人気

まず1つ目は精神科です。精神科の場合は今まで自分が見たことも無い光景やびっくりするような発言を耳にしてしまうことも多く、精神的にタフでなくてはなかなか務まらない科でもあります。

また、精神的な病気の知識は身につけておかなければいけませんし、知識があってもそれぞれどのような状況で病気となったかが異なってくるので、患者への対応がとても難しいです。そのため新人の看護師の場合、精神科は避けたいと思うようです。 

 

救命救急は新人看護師にとって辛い

新人看護師にとって辛い

2つ目は救命救急など緊急の患者さんが運ばれてくる科です。


そのため、状況に合わせて冷静に、的確に、迅速に処置を行わなければなりません。そのため、新人では対応できないことが多々あります。ただ非常に勉強になることも多いので、知識を深めるチャンスでもあります。 

 

子供が苦手は小児科NG

子供が苦手は小児科NG

3つ目は小児科です。子供が苦手という人には、この科はしんどいかもしれません。子供の泣き声が響くことも多々あります。また子供は大人と違い言ってもきかないこともありますので、処置も大変です。新人の場合はどうやって子供をあやすかなど子育てするつもりで色々考えて動かなくてはいけません。


病院にはさまざまな科がありますので、自分の希望の科を出すことができるので、希望通りになる可能性もあります。希望通りとならなくても、経験があなたの血肉になるのです

 

5.ベテラン看護師に人気の科は

ベテラン看護師に人気の科

一口に看護師と言っても、どの診療科で働くかによって大きくその仕事内容や待遇は異なります。


また、新人看護師とベテラン看護師でもどの科目がオススメかというのも異なりますので、以下ではベテラン看護師に人気の科目をご紹介していきます。

 

看護経験が多い場合は精神科!

看護経験が多い場合は精神科

看護師経験の多い方にオススメなのが精神科や心療内科です。


一般的に辛いと言われる精神科や心療内科ですが、さまざまな診療科を経験したくさんの患者さんと接してきたベテラン看護師であれば、仕事もハードルが高いというわけではなく、患者さんの心の拠り所になることで、自身の働く意欲に繋がる方も少なくありません。


内科はベテランの経験・技術が生きる

ベテランの経験・技術が生きる

看護師の科目で高い人気を誇る1つが内科です。内科は病院の中心的な科目であると考えている医師や看護師の方も多いため、やりがいや自分の経験・技術を発揮する場として希望される方が多いようです。


また、内科は非常に幅広い患者さんと接することになるため、さらにキャリアアップを目指したいという方にも人気があります。


産婦人科は喜べる

産婦人科は喜べる

産婦人科もベテラン看護師に人気の高い科目の1つです。病院というと命が失われる場面に幾度と無く遭遇するのは避けられませんが、産婦人科は逆に妊娠や出産といった新たな命が誕生する場面に出会うことができ、喜びや感動を感じるという看護師の方は少なくありません。特に自身が出産を経験されたというママ看護師さんに産婦人科を希望される方が多くみられます。



以上、ベテラン看護師に人気の高い科目をご紹介してきました。どの科にも忙しい時や辛い点はありますが、それ以上にやりがいのある科目となっていますので、科目の移動を希望される方は参考にしてみてください。


6.ベテラン看護師に不人気の科は

ベテラン看護師に不人気の科

ナースの仕事場にはさまざまな科目がありますが、なかにはベテラン看護師が苦手とする場所もあります。


どのような部署が、長年ナースとして仕事してきた人に不人気なのでしょうか。

 

年齢的にも厳しくなる美容整形外科

美容整形外科

まず挙げられるのが美容整形外科です。美容整形は独特の科で、ほかの部署と仕事内容が大きく変わってくるのです。


基本的な看護の仕事はほとんどなく、接客中心になることも少なくありません。ですから長年経験してきたベテラン看護師にとって、物足りなさを感じることがあります。また、年齢的に居づらくなるケースが多いです。

 

ベテラン看護師は小児科が苦手

看護師は小児科が苦手

意外なところで小児科も不人気の傾向があります。時として融通がきかなくなる子どものケアが苦手と感じるナースも少なくありません。なかには、小児科が大好きという看護師もいます。


子供の世話が苦でない人にとっては最適な現場といえます。小児科は、とくに好き嫌いが別れる科目と言えるでしょう。


ベテラン看護師は精神科を避ける

看護師は精神科を避ける

精神科に就くのを避けるベテラン看護師もいます。業務内容は他の科目と違うというわけではないですが、独特の雰囲気がどうしても気になってしまう場合があります。


気持ち的にナイーブになりやすいと思い敬遠する傾向があります。

 

ベテラン看護師が不得意な診療科とは

ベテラン看護師が不得意な診療科

ベテランナースが不得意とする科は、ほかに泌尿器系や肛門科になります。男性の患者が多いため、男性看護師のほうが好まれる状況です。過去に泌尿器系で働いて居心地の悪さを感じて、不得意になったというケースもあります。


ベテラン看護師にとって、以上の科目が比較的不人気とされています。ただ、慣れてしまえばやりがいを感じ気にならないと働くナースもいます。

 

7.看護師転職に人気の科って

看護師転職に人気の科

看護師の転職先として最も人気があるのは、内科。専門性の高い診療科目が設置されている病院でも、まず最初は内科を受診するという患者さんが多く、内科は安定した看護師のニーズがあり、求人募集も比較的見つけやすいというのが、人気の理由になっているようです。


また、内科で使用される器材などは、経験が少ない看護師にとっても覚えやすいこともあり、看護師にとっては早い段階で仕事を覚えられる診療科目と言えるようです。

 

転職人気は皮膚科、耳鼻科、整形外科!?

転職人気は皮膚科

その他に人気があるのは、皮膚科、耳鼻科、整形外科などの診療科目のようです。こうした診療科目は病院の中にも設置されているだけでなく、個人経営のクリニックでもよく見かける診療科目。


専門科目で経験や知識を積めば、家庭と仕事を両立しやすい個人経営の外来専門クリニックへ転職できる可能性もアップすると感じる看護師は少なくありません。


また、こうした診療科目では、一刻を争うような患者さんは極めてまれで、多くの場合には生活の中で少しずつ症状が悪化してしまうような慢性的な疾患による診察が多いという特徴があります。


そのため、看護師にとっては、求められる専門的な知識もそれほど多くなく、転科した場合でも比較的スムーズに仕事を覚えやすい診療科目と考えられているようです。

 

美容系クリニックも転職人気がある!

美容系クリニックも転職人気

最近では、若い女性の間で、美容系の診療科目への転職も人気となっています。美容外科や美容皮膚科、美容形成外科などが該当しますが、こうした美容系のクリニックでは基本的に外来のみで病床がありません。


看護師にとっては夜勤をしなくてよいので、家庭と仕事を両立させやすい診療科目と言えるようです。近年注目を集めている美容系の診療科目では、これから専門的な知識や経験、技術を学びたいという看護師のキャリアアップ的な転職も増えているようです。

 

8.看護師が転職で避ける科とは

看護師が転職で避ける科

一方、看護師の転職先として、あまり多くの看護師が転職を希望しないのは、どのような診療科目なのでしょうか?


経験がない看護師にとってハードルが高いのは、外科や手術室、ICUなど、難易度の高い治療が行われている診療科目です。


てんてこ舞いに忙しい診療科目なので、そこで働く看護師にとっても残業が多かったり、一瞬たりとも気を抜くことができないために、精神的に大きな負担となってしまう人も多いようです。


しかし、これから専門的な知識や技術を身に着けて上級資格を取得したいようなキャリアアップを目指している人にとっては、人気の診療科目にもなっているようです。


家庭と仕事の両立は難しい診療科目ですが、看護師としてのキャリアを追求したい人は、ぜひトライしてみてはどうでしょうか。

 

次へ
ポイント

いかがでしたか?看護師転職には看護師転職サイトを利用することをお勧めしますが、看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ