夜勤だけの看護師になることはできる?夜勤専従看護師

夜勤専従看護師

看護師にとっては、日勤も夜勤も入り混じって不規則な勤務時間で働くことは、体力的にも精神的にも大きな負担となってしまうことが多いもの。「夜勤がない職場に行きたい」と考える人も多いですし、不規則な勤務時間では、家庭と仕事、育児と仕事を両立させることはかなり難しいところです。

従来なら、看護師の仕事は日勤も夜勤もどちらもこなして不規則なシフト勤務を余儀なくさせられることが多かったのですが、最近では少し違ったシステムを取り入れている病院も増えています。それが、看護師の日勤と夜勤を切り離して採用するシステム。

 

つまり、日勤の看護師なら昼間だけ働き、夜勤は夜勤のみの看護師にバトンタッチするというわけです。

 

【目次】

1.夜勤専従看護師の仕事内容とは

2.夜勤専従看護師のメリット

3.夜勤専従看護師のデメリット

4.夜勤のみの看護師を雇用している病院は?

 

このページでは夜勤だけの看護師(夜勤専従看護師)になるには、どのようなことに注意が必要でしょうか。メリット・デメリットを踏まえながら掲載しています。


1.夜勤専従看護師の仕事内容とは

夜勤専従看護師の仕事内容

夜勤専従看護師とは、専ら夜勤のみに従事する看護師の事です。通常勤務の看護師とは、夜勤だけという意味で働く時間帯が異なります

 

夜勤だけということから、勤務が変則的にならず、一定のリズムを保てたり、給料が良いと言うことから、あえて夜勤専従看護師を選択したいと考えている人も多い傾向にあります

 

そこで、仕事内容には通常勤務の看護師と異なるのかを紹介します。

 

常勤と仕事内容はことならないが看護スキルが重要に

看護スキルが重要に

夜勤専従看護師だからといって仕事内容が通常勤務の看護師と大きく異なる事はありません。

 

しかし、夜勤は、人数が少ないため、患者の急変にも適切な対応のできる看護師でなければなりません

 

したがって、経験が浅い場合に経験をある程度積んでから、専従看護師になるべきです。

 

患者とのコミュニケーションはなく、状態把握が困難

状態把握が困難

夜勤専従だと、患者は就寝中なので、普段の患者の様態などを把握しにくい状態となっています。したがって、患者の様態を把握して、あらかじめ準備をしておく必要があります。


さらに、夜勤なので、人数が少ないことから、患者の急変や、急病人がきた場合など、緊急事態が生じた場合には、特に体力的な負担が大きくかかってしまいます。そうなると、精神的な負担も同時にかかってしまいます。

 

ポイント

夜勤専従看護師のポイント

以上のように、夜勤専従看護師の仕事は、通常勤務の看護師とさほど違いはありません。しかし、夜勤ならではの大変さがあると言う事は忘れず、夜勤専従看護師として働くかを選択する必要があります。メリット、デメリットをしっかり把握した上で、自分にあった働き方を選んでください。

転職をすでに考える方は「夜勤専従看護師の求人が多い転職求人サイト」を確認してみてください。

 

2.夜勤専従看護師のメリット

夜勤専従看護師のメリット

夜勤オンリーの看護師は、ライフスタイルによっては大きなメリットが期待できます。

 

まず、勤務時間は毎日夜勤となりますが、今日は日勤で明日は夜勤というように不規則ではなく、毎日の勤務時間はいつも夜勤。勤務時間がはっきりしているので、生活のリズムを付けやすくなります

 

保育所を利用しなくて済む

保育所を利用しなくて済む

子供が小さな家庭では、夜勤のみの仕事にすることで、保育所を利用しなくても家庭で両親のどちらかが育児ができるようになったり、保育所を利用する場合でも、短時間だけの利用で、子供にとってもプラスの効果が期待できるようです。


ただ、基本的に家族がある方は夜勤専従看護師には向かない傾向があるので、注意が必要です。本当に1日のサイクルで働けるかを確認しましょう。

 

何よりも夜勤の賃金が良い

何よりも夜勤の賃金が良い

夜勤という時間帯は、労働基準法によって時給がなんと25%~50%も高くなる抜群の時間帯。日勤なら時給1500円で仕事をしている人でも、夜勤のみの看護師として働けば、時給が1875円~2250円にまでアップします。一日当たりの労働時間を8時間とすれば、一日で3000円~6000円の差がついてくるわけです。これは労働基準法によって定められているルールなので、病院の都合で「いやいや、うちはそういうことも含めて時給を高くしているから」というわけにはいきません

 

少しでも収入アップを目指したい人や、高時給の仕事を探している人にとっては、夜勤のみの看護師というお仕事は、かなり魅力的ではないでしょうか。

 

3.夜勤専従看護師のデメリット

夜勤専従看護師のデメリット

夜勤は時間単価が高いため、給与面だけで考えれば間違いなく稼ぐことが出来ます、また、夜勤専従の場合は月当たりの夜勤の上限はありませんので病院側も人員確保のために求人を出すことが多いのがメリットです。

 

しかし、デメリットも存在しますのでそれについて紹介したいと思います。

 

ホルモンバランスが崩れ体調不良の原因に

体調不良の原因に

まず1つ目は体調管理の問題です。夜勤と言うことは言ってみれば昼夜逆転の生活を続けると言うことです。人間は言うまでもありませんが、昼間に活動して夜に休む動物ですから、夜に光を浴び続けているとホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

1回の勤務時間は約16時間ですから体調を壊しやすい環境と言えます。

いくら稼いでも体調を壊したら元も子もありませんので、体力に自信のある方や夜型生活でも問題ないと言える人以外にはあまりおすすめできない働き方と言えます。

 

家族がいる人にとって夜勤専従看護師は不向き

夜勤専従看護師は不向き

2つ目は、家族のいる人には向かないと言うことです。生活時間が違いますので、どうしても家族と一緒に過ごす時間は減ってしまいますのですれ違いも多くなってしまいます。

 

夜勤を行う看護師の責任は重い

看護師の責任は重い

3つ目は夜勤時には配置されているスタッフが少ないため、一人一人にかかる責任が大きくなってしまうという点が挙げられます。そのため、点滴の管理やトイレ介助といった業務を自分一人で出来るようなスキルを身につけていないと夜勤に入っても負担は大きくなってしまいます。


急変が出たときも少ない人数で対応しなければなりません。


4.夜勤のみの看護師を雇用している病院は?

夜勤のみの看護師を雇用している病院

夜勤のみの看護師を雇用している職場は、小規模な病院から大規模な病院まで、たくさんあります

 

夜勤で働く看護師が全員非常勤というケースも珍しくありませんが、必ず仕事に入る前には日勤の看護師から引き継ぎを受けるので、右も左もわからない状態で患者さんからのベルが鳴る、というケースはほとんどありません。

 

夜勤専従看護師になる場合の注意点とは

夜勤専従看護師になる場合の注意点

夜勤のみの看護師になる場合には、いくつか注意点があります。それは、ほとんどが非常勤という雇用形態なので、病院側に寮が完備されている場合でも、非常勤では寮に入ることができません。


自宅から通うことになるので、交通手段はきちんと確保できることをまず最初にチェックしておきましょう。サラリーマンのように通勤に2時間もかかるというのでは大変です。


そうした意味でも、自宅からできるだけ近い場所にある病院を選んだほうが、長く続けるためには必要な条件かもしれませんね。夜勤だけでもかなり疲れるので、通勤時間はできるだけ短い方が良いのではないでしょうか。


さらに詳しく夜勤専従看護師の求人に関しては「夜勤専従の看護師求人を探す4つの注意点」で説明をしています。

 
 
次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ