専門看護師になるためには?

専門看護師

看護師のキャリアアップやステップアップとして目指している人が多い専門看護師。一般の看護師から専門看護師として転職するためには、まず最初に専門看護師の資格を取得する必要があります。この資格は、癌看護や精神看護、老人看護、小児看護、感染症看護などのように、独立している看護分野に関して専門的な知識や経験、技術を持っていることが必要とされるハイレベルな看護師でなければ取得できません。

ハードルがかなり高いため、現在では全国にこの資格を持っている看護師の数は、わずか450人程度。看護師資格を持っている人の数が何十万人もいることを考えると、かなりの難関、狭き門と言えるのではないでしょうか。

 

専門看護師になるためには

専門看護師になるためには、看護師の資格を持っているだけではいけません。看護師としての経験は最低5年以上、目指す専門分野における経験は3年以上が必要となります。これだけなら認定看護師とあまり変わりませんが、この資格の場合には、看護学校を卒業しているというだけでは不十分で、大学の修士課程、つまり大学院を卒業していることも必要となります。4年制の大学で看護を勉強した人でも、さらに大学院へ進学して勉強をしなければいけません。

 

全国には、たくさんの大学が看護科の修士過程を設けています。専門分野によって取り扱っている大学が異なるため、自宅から通いやすい場所に看護の修士課程を取り扱う大学院があったとしても、そこに自分が目指す専門分野がなければ、意味がありません。専門看護師を目指す人の多くは、大学病院や総合病院からのバックアップやサポートによって派遣という形で通学できるようです。すべて自腹では経済的にも大変ですから、将来もし専門看護師を目指したいという人は、そうした制度を利用できる病院へあらかじめ転職しておくという方法もアリです。

 

永久有効ではない専門看護師資格

このハードルの高い看護資格は、一度取得しても、永久有効というわけではありません。ハイレベルな知識や経験、そして技術をきちんと維持できているかどうかが、5年ごとに審査され、資格が更新できるかどうかが吟味されています。出産や育児などでのんびり離職していると、資格を更新できなくなってしまうというリスクもあるため、出産や育児が一段落して、キャリアに没頭できる看護師たちが、この資格を目指すというケースが多いようです。

 

専門看護師は看護師のキャリアアップとしての資格なので、この資格を持っている人の転職は、ハローワークのような公開求人のみを取り扱っている場所では紹介してもらうことはできません。原則としては転職サイトなど非公開求人も取り扱っているサイトで紹介されたり、キャリアアップやステップアップのポジションを数多く取り扱っているヘッドハンター的な転職サイトを活用しながら転職活動を行うことになります。こうした転職サイトを活用すれば、自分のスキルや経験などによって、求人で出されている待遇や収入よりも高待遇や高収入で転職することも可能です。

 

専門看護師になるためには教育制度の整った病院へ

専門看護師になるためには勉強と実務の両方必要なので、教育制度の整った病院へ転職する方も多いです。

また、専門看護師が勤めている病院へ行くことで自分自身のスキルアップ、モチベーションアップになります。

 

認定看護師
専門看護師

看護師転職サイト口コミランキング

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ