日勤だけの看護師に転職するこは可能か?

日勤のみ看護師

全国には、看護師の資格を持っている人は70万人もいると言われています。しかし、そのうちの多くは、看護師の資格を持ってはいても、その資格を生かした仕事をしていない人や、働いていない人など、潜在看護師と呼ばれている人たち。看護師の資格を生かして働けば、通常のパートよりもかなり高い時給が期待できると知りながらも資格を利用しないのには、いろいろな理由があります。

 

例えば、育児と仕事の両立がしにくいという点。看護師のニーズは全国どこにでもありますし、正職員でも非常勤でも、働く気になれば引く手あまたなはず。しかし、看護師として働くと、どうしても日勤と夜勤など、不規則な時間で働くことになるので、小さな子供を抱えている人にとっては、なかなか決断しにくいようです。また、不規則な勤務時間で働いていると、体力的にも精神的にも大きな負担がかかり、体調を崩しやすくなってしまうこともあります。

 

日勤だけで夜勤をともなわないお仕事

そんな看護師にぜひチェックしてもらいたいのが、日勤だけで夜勤をともなわないお仕事。日勤だけなら家庭と仕事、育児と仕事の両立も比較的しやすいですし、毎日の勤務時間も同じ時間帯になるので、生活のリズムを付けやすいというメリットがあります。

 

同じ看護師が日勤も夜勤もこなすのではなく、日勤と夜勤の看護師がそれぞれ毎日同じ勤務時間で働くということは、病院側にとっても大きなメリットがあります。日勤だけなら、小さな子供を抱えている人でも働きやすいので、多くの看護師が求人募集に応募するでしょうし、夜勤だけのお仕事でも、時給が高かったり毎日同じ時間帯に仕事ができるということもあり、昼は学校に通って夜は働きたいという看護師にとっては魅力的なのです。

 

日勤のみの看護師の雇用形態も増加

看護師不足は全国的に深刻ですが、地域によっては看護師不足のために入院患者を受け入れられないという事態も起きています。厚生労働省によって病床と看護師の割合が定められているので、看護師の数が減ってしまうと、ベッドが空いていても患者さんを受け入れられなくなってしまうことにもなり、病院経営にも大きな影響が出てしまいます。そうした点も踏まえて、近年では、日勤のみの看護師、夜勤のみの看護師という固定の勤務時間で働けるお仕事も多くなっています。

 

日勤だけのお仕事は、正社員で雇用されるケースもあるようですが、非常勤という雇用形態になることが多いようです。非常勤の場合には病院の寮などに入居することはできないため、自宅のそばにあって通いやすい病院を見つけるのが、長く続けるためのコツではないでしょうか。病院のすぐ近くにあ寮へ入りたい場合には、正職員として雇用されることが必要なので、日勤だけでも正職員として働けるお仕事を探したり、夜勤も含めて正職員のお仕事を探すことになります。

 

検索機能が充実した転職サイトを利用すれば、そうした条件や希望にもあう病院をスピーディに見つけることができます。また、転職活動をサポートしてくれるカウンセラーに相談しながら転職先を見つけられる野も魅力ですね。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ