看護師が正職員として転職するには?

看護師正職員転職

病院に入院している患者の側にとっては、白衣を着た看護師はみな同じ「看護師」。まさかそこに勤務形態の差があったり、お給料や待遇に差があることなんて、考えることもありません。しかし、病院で働く看護師にとっては、自分と同じ仕事をしている同僚が正社員として雇用されていて、同じ勤務時間の自分はパートとして雇用されているということは、もちろんあります。

看護師という資格を生かして病院で働く場合には、正職員として雇用されるか、非常勤のパートとして雇用されるかによって、お給料や待遇面、福利厚生では大きな差が出ます。

 

正職員で働く福利厚生比較

まず、正職員として雇用された場合には、基本給の上に資格手当や夜勤手当、住宅手当や食事手当など、その病院の規定に沿った各種の手当が上乗せされます。夜勤の回数も頻繁な看護師ですから、そうした手当が上乗せされることによって、実際に受け取る手取りの金額は、基本給よりもずっと高くなりますが、それだけではありません。厚生年金や健康保険なども、全て職場を通して加入するので、自己負担分が少なくて済むというメリットがあります。しかし、残業をしても残業手当がつかなかったりすることも多く、サービス残業が多い病院ではそれが理由で転職を考える人も少なくないのだとか。

 

パートの場合にはどうでしょうか。非常勤として雇用された場合には、最初に契約した時給に対して勤務時間が掛け算で計算されるだけです。夜勤をした場合には、時間帯によっては時給の何割増しという風に時給がアップすることはありますが、資格手当などは一切つきません。また、最近では非常勤でも健康保険や厚生年金への加入をサポートする病院も増えているようですが、基本的には非常勤の場合には病院側からそうしたサポートはついていないので、自己負担分が多くなってしまいます。

 

そう考えると、正職員として働いたほうが、なんとなく得という感じがしませんか?長期間働くなら、福利厚生が充実している正職員として働きたいという看護師も少なくありませんが、最近では少しでも多くの看護師を雇用しようと、非常勤の看護師求人も多くなっています。ただし、今後キャリアアップを目指している人は、できればパートではなく正職員として転職したほうがキャリアの面では有利に働くのではないでしょうか。また、扶養家族がいる人も、パートよりも正職員の方が、安心感や安定感が期待できそうですね。

 

正職員の看護師として転職する

正職員として転職するには、ハローワークや転職サイトを活用しながら転職活動を行うのがおすすめです。特に転職サイトを利用すれば、自分のスキルや経験によって、求人募集よりも高収入や高待遇で転職することも可能です。転職サイトの多くは、正職員や非常勤という雇用形態によって、膨大な求人情報の中から絞り込むことができます。スピーディに探している条件や希望に近い仕事を見つけることができるので、忙しく働きながら転職活動も並行して行っている人にはぜひおすすめです。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ