看護師が治験コーディネーターに転職するには?

看護師が治験コーディネーター

看護師のキャリアアップ転職として大人気の治験コーディネーター。CRCと呼ばれることもあるこのお仕事は、製薬会社や病院とのチームプレーで新薬開発をサポートするお仕事となります。

製薬会社が新薬を開発する場合には、たくさんの実験が何段階にも分けて行われますが、最終的には人間の体を使って治験が行われます。この治験において、前もって準備をしたり検査項目の確認をしたり、検査に必要なキットを管理したりするのが、治験コーディネーターの役割りとなります。

 

治験コーディネーターの仕事とは

治験コーディネーターの仕事は、治験の前準備だけではありません。治験を行う際には、被験者となる人の健康管理を行ったり、治験前にバイタルチェックや血圧などを図るとともに、治験中にもそうしたバイタル管理を行うのが治験コーディネーターの職務。病院の場合には、ケガや病気などで入院してきた患者さんのバイタルチェックを行うのが看護師の仕事となりますが、治験施設では被験者は基本的に健康そのものなので、治験によってその健康状態が維持できるかどうかを管理するのが治験コーディネーターの仕事となるわけです。

 

看護師のキャリアアップ転職

看護師のキャリアアップ転職と考えられているこのお仕事は、被験者の相談に乗ったり、服薬指導を行ったりして、被験者と治験プロセスの間に立って被験者を代弁するという役割があります。治験プロセスと製薬会社の間には臨床開発モニターと呼ばれる別の専門家が仲介して、製薬会社を代弁することになります。治験施設ではそれぞれの職務がはっきりと分担されているのが特徴です。病院勤務のように、多くの看護師が働いているというわけではありませんし、一人の看護師に与えられる職務や責任がかなり大きくなるため、自信をもって職務をこなせるだけの知識や経験、実力が必要になるのです。

 

治験コーディネーターとして将来転職を考えている人は、まずは看護師としての知識や経験、そして実力を積むことに専念しましょう。最先端医療が完備されている忙しい病院なら、短期間でもたくさんの症例を経験できるので、キャリアアップもしやすくなります。

 

治験コーディネーターになるためのまとめ

治験コーディネーターは、治験が夜間に及ぶ場合には夜勤などが入ることもありますが、基本的には夜勤も残業代もほとんどないのが特徴です。ただし、勤務地は治験施設がある場所になるので、転職の際には遠方への転職になってしまうことも理解しておいた方が良いでしょう。気になるお給料ですが、平均的な年収は300万円~400万円程度。経験や実力によって大きな幅があるようです。看護師からキャリアアップとして転職する場合には、治験コーディネーター未経験者としてお給料もあまり高額は期待できません。しかし、すでに治験コーディネーターとしての経験がある人が転職する場合には、経験者として給料がアップしたり、高待遇での転職も可能になります。初めての治験コーディネーターへの転職でも、経験者としての転職でも、転職サイトを活用することによって、自分のスキルに合わせた待遇での転職が可能になります。

 

看護師の治験コーディネーターCRC求人が多い転職サイト

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ