認定看護師になるためには?

認定看護師

看護師のキャリアアップとして人気の認定看護師。看護師として十分な経験や知識を積んだ看護師がキャリアアップのために目指す管理職的な看護師で、目まぐるしく変化し続ける医療業界において、より高度で専門的な医療をサポートできるハイレベルな看護師という位置づけとなります。一般的な看護師が持っている知識や経験、実力だけではなく、特定の専門分野においてより高度な専門知識や経験、実力も兼ね備えた看護師のみが認定されることになります。

 

認定看護師は、広く浅くの医療ではなく、特定の専門分野において専門的な知識や経験、実力が求められます。専門分野は何でもよいというわけではなく、認定されている複数の分野から選ぶことになります。自分が勤務している診療科が専門分野に認定されている場合には、現在の仕事がそのまま認定看護師への下準備にもつながります。しかし、自分が勤務している診療科では専門分野にならない場合や、現在の診療科とは別の分野で専門性を磨きたいという場合には、まず希望する専門分野での知識や経験、技術が学べる診療科への転職をして、そこで十分なスキルを積むことが必要となります。

 

認定看護師になるためには

認定看護師になるためには、看護師として5年以上の経験が必要というだけでなく、専門分野における経験も3年以上必要となります。一発試験を受けて合否が決まるというものではなく、認定看護師を育成するための学校に半年間通う事になるため、キャリアアップのバックアップ体制が充実している職場で仕事をしていたほうが安心です。個人クリニックからの転職よりも、大学病院や大規模な総合病院や医療センターなどに勤務していたほうが、こうしたキャリアアップへのサポートを受けやすくなるようです。万が一、職場からのサポートやバックアップがまったくなかったり、仕事を休むこともままならない場合には、仕事を辞めて通学するという選択をする人もいるようです。

 

認定看護師の資格を取得しても、看護師資格のように一度取得したら永久有効というわけではありません。ハイレベルな資格でもある認定看護師は、専門的な知識や経験、そして実力を常に維持することが求められています。そのため、認定看護師の資格を取得しても5年ごとに更新する事になり、そのたびに厳しい審査をクリアしなければいけません。認定看護師の資格を取得したけれど、出産や育児で離職してしまい、数年後に復職したい場合には、そのまま認定看護師というステータスで復職できるかどうかは疑問なのです。

 

認定看護師は目指して損がない。

取得するにも苦労し、維持するにも苦労する認定看護師は、看護師としてのキャリアアップではかなりプラスに作用する資格です。専門的な技術や知識、経験を持っていることが証明できるので、より管理職的な看護師への転職もしやすくなりますし、専門的な分野への転職でも、待遇や給料にそうした点が反映されることも期待できます。ずっと看護師としてのキャリアを追求したい人なら、目指して損はない資格と言えるでしょう。

 

認定看護師
専門看護師

看護師転職サイト口コミランキング

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ