認定看護管理者になるためには?

認定看護管理者

病院に入院すると一生懸命ケアをしてくれる、白衣の天使というイメージにあこがれて看護師になった人も多いのではないでしょうか。確かに、白衣の天使として患者さんの毎日のケアをするのも看護師の大切な仕事。しかし、看護師の仕事はそれだけではありません。

病院に勤務する看護師たちを「従業員」としてみた場合には、大勢の従業員を管理したりまとめたり、個々の適性などに合わせて適切なキャリアアドバイスをすることも必要になります。そうした管理職的な役割をするのが、認定看護管理者という資格です。

 

認定看護管理者はキャリアアップ資格

看護師にとってはキャリアアップとして目指したい資格の一つでもある認定看護管理者。看護師としての知識や経験、技術などはもちろんですが、企業の管理者としての能力やスキルも必要となる資格です。看護師免許があり、看護師として5年以上の経験があるというだけでなく、勤務している病院で役職についている、もしくは役職の経験がある、大学院を卒業している、認定看護師の資格を持っているなど、いくつかの条件を満たさなければいけません。

 

看護師のキャリアアップ的な資格を取得しようとすると、大学院に通わなければならなかったりと、実務の中だけで努力できる以外の部分でも必要となる要素が出てきます。しかし、認定看護管理者の場合には、もちろん認定看護師の資格を持っていたり、大学院を卒業していれば、病院内で役職についていなくても認定看護管理者の資格を取得できるチャンスはありますが、大学院を卒業していなくても、管理職の看護師として実務経験があれば、それだけでも認定看護管理者の資格を取得できます。

 

認定看護管理者になるためには

認定看護管理者になるためには、日本看護協会が年に1回行っている審査に合格しなければいけません。ただし、受験のような試験があるわけではなく、それまでの実務経験の中で培った経験や実力が評価されるので、「本当だったら資格取得するべき人なのに、その日の体調が悪くて落ちてしまった」ということはないようです。他の看護師たちを束ねるべき人材がこの資格を取得し、一人一人の看護師たちの教育プランや個性を生かしたキャリアプランによって、皆が働きやすい職場環境を作るために精進することになります。

 

認定看護管理者へキャリアアップするためには、まずは資格取得に向けた要件を満たせる実力をつけることが必要です。実務経験の方面からアプローチするか、教育面からアプローチするか、自分の希望や目指している方向などによってアプローチ法が異なるのは、認定看護管理者の大きな魅力と言えるでしょう。資格を取得することによって、管理職としての転職もグンと容易になります。また、転職による収入アップもかなり期待できるのではないでしょうか。

 

ただし、認定看護管理者の資格を取得しても、必ずすぐに求人が見つかるというわけではありません。転職サイトやヘッドハンティング的な求人サイトを活用しながら、自分の専門性やニーズ、希望や条件などを考えながら時間をかけて転職活動する人が多いようです。

 

 

看護師資格一覧

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ