病院の看護師になるために必要なスキルは?

病院の看護師

病院勤務の看護師として転職するためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか?

病棟、外来、手術室、ICUを順番に説明しています。

病院勤務といっても、総合病院では一つの病院内に、病棟、外来、手術室、ICUなどたくさんの職場があります。それぞれの職場で求められるスキルは異なっているので、病棟勤務で高評価されていた看護師が手術室に転職しても、必ず同じような高評価を獲得できるわけではありませんし、逆の場合もしかり。それぞれの職場によって求められるスキルや経験などは異なっているのです。

 

■病棟勤務看護師に必要なスキル

例えば病棟勤務の看護師になるためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか?病棟勤務の看護師は、複数の患者さんを担当しながら、健康面の管理をしたり異変をチェックしたり、血圧や体温などのバイタルチェックを行うのがメインの仕事となります。外来のように数分しか同じ患者さんと顔を合わせないというわけではなく、患者さんが入院している期間中は、ずっとその患者さんの健康サポートを行います。そのため、患者さんとのコミュニケーション能力や、患者さんがちょっとしたことでも看護師に話をしやすい雰囲気や気配りなどは必要最低限のスキルと言えるでしょう。シフト勤務で体力的にもきついので、体力があってメンタル面でもタフな人におすすめのお仕事です。

 

■外来勤務看護師に必要なスキル

外来勤務看護師

外来勤務の看護師になるには、猫の手も借りたいほどに毎日大忙しな外来の中で、少しでも医師がスピーディに診察できるような準備とアレンジを出来るスキルが求められます。次の患者さんだけでなく、次の次の、さらにその次の患者さんまで先を読み、血圧や検温、症状を聞いたりして医師へバトンを渡すのが外来勤務の看護師の務め。忙しい中でもパニックになることなくマルチタスクができるスキルが必要です。

 

■手術室勤務看護師に必要なスキル

手術室勤務看護師

手術室勤務の看護師は、医師によって手術の癖やスピードも異なりますし、術式によって必要となる器材も異なるので、冷静に医師の手術スピードに合わせて適切な器械出しができるスキルが必要です。冷静さと集中力は言うまでもありませんが、疲れている時でも集中力が持続できる意志の強さは必要不可欠なスキルと言えるでしょう。また、手術前には患者さんとのコミュニケーションも取るので、患者さんの不安を取り除けるようなコミュニケーション能力があると理想的です。手術室で行われる手術は、ほとんどの場合、平日の日中となります。そのため、手術室勤務の看護師は、週末はお休みで夜勤もなし、という勤務形態が一般的。手術が長引けば当然、勤務時間も容赦なく長くなりますが、夜勤を避けたいけれどキャリアアップを目指したい看護師にとっては、理想的な職場なのかもしれません。

 

■ICUの看護師のスキル

ICUの看護師

広い範囲の知識や経験を積みたい人におすすめなのが、ICUへの転職。特定の診療科だけではない患者さんを受け入れるだけでなく、冷静かつ客観的に治療室全体を観察で来て医師をサポートできるスキルが求められます。体力的にもきついので、体力に自信がある人におすすめの転職先と言えるでしょう。

 

 

看護師人気病院

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


北海道

青森 | ‣岩手 | ‣宮城 | ‣秋田 | ‣山形 | ‣福島

茨城 | ‣栃木 | ‣群馬

埼玉 | ‣千葉 | ‣東京 | ‣神奈川

山梨 | ‣長野

新潟 | ‣富山 | ‣石川 | ‣福井

岐阜 | ‣静岡 | ‣愛知 | ‣三重

滋賀 | ‣京都 | ‣大阪 | ‣兵庫 | ‣奈良 | ‣和歌山

鳥取 | ‣島根 | ‣岡山 | ‣広島 | ‣山口

徳島 | ‣香川 | ‣愛媛 | ‣高知

福岡 | ‣佐賀 | ‣長崎 | ‣熊本 | ‣大分 | ‣宮崎 

鹿児島 | ‣沖縄