アルバイト生活から看護師に転職しました

アルバイトから看護師に転職

30代・女性・千葉県

転職理由:ドキュメンタリーに感動して復帰を決意。

利用したサイト:看護のお仕事

テレビを見て看護師職へ復帰!

私は、高校を卒業して、看護師の専門学校に通い、資格を取り6年ほど看護師として働いていました。その後、今の主人と知り合い、お付き合いをするようになり、結婚しました。主人の仕事は、3交代制の工場勤務です。私も3交代勤務で病院で働いていました。お互いにスケジュールを上手に調整していたので、寂しい思いもあまりしませんでした。

 

 

結婚して3年ほどで子宝に恵まれたので、退職してしばらくは専業主婦をしていました。子供が大きくなり手がかからなくなったので、働きに出ようと思いました。看護師に復帰しようと思っていて、主人も進めてくれていたのですが、しばらく仕事を指定なくて不安だったので、知り合いに紹介された、コンビニで働くことにしました。深夜から早朝の勤務です。

 

 

働くのは久しぶりだったので、足や腰が痛かったです。半年ほど働いて、だいぶ体も慣れてきました。そんな時に家でくつろぎながらTVを見ていると、看護師のことを題材にした、ドキュメンタリー番組みたいなものがやっていました。真剣に見入ってしまいました。私が働いていた頃を懐かしく思ったり、昔とは違う機材があったり、一番印象的だったの若い看護師たちの仕事ぶりでした。みんな輝いて見えました。そしてベテラン看護師たちも頼もしく映りました。

 

今は男性の看護師も増えているので、力仕事は男性の看護師が積極的に行っていました。最近、大きな病院では看護師の仕事現場でも、ワークシェアリングが進んでいるようです。ホームヘルパーの資格を持っている人を看護助手として雇用して、看護師の負担を軽減したり、夜勤専門の看護師を雇用して、正規雇用の看護師の負担を減らしたりしています。

 

 

私の住む街の大きな病院でも夜勤専門の看護師や看護助手の求人を見かける機会が増えました。新聞に入ってくる、折込広告で夜勤専門の看護師の求人を見て、コンビニのパートから看護師に転職しようと思いました。

看護師の資格があり、3年以上の実務経験があればブランクがあっても良いと書かれていたので、思い切って応募してみました。夜勤専門と言っても、夕方から朝までの長時間勤務です。休憩時間や仮眠する時間はあります。

月に8日間の出勤で月給は手取りで25万円以上になります。

 

 

自分が若い頃に学んできた専門知識が活かせるし、看護師の仕事はやりがいがあるので、ぜひ働きたいと思いました。

主人も大賛成してくれたので、今年から看護師として働いています。

いずれは正規雇用の看護師に戻るかもしれませんが、これからも頑張ろうと思います。

 

看護師体験談

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ