遠回りだった看護師から助産師への転職

助産師転職

20代・女性・群馬県

転職理由:助産師として仕事につきたかった。

利用したサイト:看護のお仕事

看護師から念願の助産師へ転職しました

35歳にして、資格を取得し念願の助産師への転職しました。

医技短を出て、そのまま助産師養成コースへ進学して、国家試験も無事と追ったのですが、養成コースの在学中から、先生たちにも「助産師は求人がなかなか無いよ」と言われ続けてました。

 

 

案の定、そう易々と就職先は見つからず、しょうがないのでひとまず看護師免許での就職・・・

せめて産婦人科のある病院に行きたかったのですが、それさえも叶わず、いささか不本意ながら産婦人科の無い病院に就職しました。

 

■友人である先輩看護師の提案

働きながら助産師の求人を探すも、やはりなかなか無くって。

すると、先輩の友人からこのような提案を受けました。

 

 

「ひとまず、産婦人科病棟に看護師で入ることから始めたら?

助産師さんが働いている現場を体験できるだけでも、全然違うんじゃない?」と言われました。その時はそれもそうだと思い、結局仲の良い友人の紹介で入職しました。

 

 

新しい職場では、面接の時に助産師資格を持っていることを言ってあったので、先輩助産師の皆さんも気にかけてくださって

 

 

「ほれ!この本読んで勉強しなさいね!」

 

 

とか、厳しくも優しい応援をしてもらうことができました。

また、産婦人科の部長先生がすごく優しい先生で

「資格は持っているんだから、先輩と一緒なら、助産業務やってみていいからね」と言っていただけて、涙が出るほど嬉しかったです。

 

なので時間が許す限り、先輩助産師さんと一緒に内診をしたり、モニターを一緒に見て教えていただいたり、病棟の人達には本当にお世話になりました。

 

 

残念ながら、そこの職場ではなかなか助産師の空きが出なかったのです。その時にもう一度、転職をする決意をしました。

 

■思ったより求人募集が豊富だった!

看護師専用の求人サイトは知っていましたが、助産師や保健師の求人を扱っていることを知りませんでした。

助産師の転職で検索したときに見つけたのが「看護のお仕事」という看護師専用の求人紹介サイトでした。そこで、助産師の資格を保有している部分にチェックを入れ、無料会員登録すると、すぐに担当者から連絡がありました。

 

 

今までの経緯を説明し、希望条件を伝えるとなんと3つほど病院を紹介してもらうことができ、圏内でも人気があるといわれている病院への転職を行うことができました。

 

 

自宅からは遠くなってしまいましたが、それでも好きな仕事ができる喜びの方が大きいです。

転職の難しさはあったにしろ、私は本当に恵まれていたパターンだと思います。

転職を提案してくださった求人サイトの担当者さんにも、本当に感謝しています。

 

看護師体験談

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ