福祉業界(介護施設)への看護師転職で失敗

介護施設への看護師転職

36歳・女性・北海道札幌市

理由:母の介護をすることで目的がはっきりとした。

利用した求人サイト:CBネット看護師

1度の失敗が良い経験になりました。

 

私が転職を行った大きな理由は、母の介護と仕事の両立をすることができず、転職をすることになりました。

 

私は35歳になるまで病院で看護師として働いてきました。しかし自分の祖母が認知症になり、母が介護に奮闘することとなったのです。

家族だけでは大変でしたが、介護保険制度ができていて、デイサービス、ショートステイを利用させてもらえ、とても助かりました。またその後施設に入所して、今はそこで生活させてもらっています。

 

介護施設の看護師へ転職

介護施設の看護師へ転職

祖母の介護を目の当たりにして、今後高齢化が進むと、どんどん介護サービスの需要が高まるなと思いました。今までは病院に来る病気の人相手に働いていましたが、福祉の分野で働いてみたいと思うようになりました。35歳での転職でしたが、福祉分野は初めてでどういったところを選ぶのかわかりませんでした。この時点で看護師求人サイトを利用したら良かったのですが、自力で探して施設に採用されました。入所施設で看護師として働き始めたのですが、勤務体系がハードな職場で職員の離職率が高いところでした。そのため常に人材不足で求人を出しているようなところだったようです。

 

失敗したかなと思い、ここで長く働くのは難しいかなと思うようになり、1年後にまた転職活動をすることになりました。

 

2度目の転職は看護師専用の求人サイトを利用

看護師専用の求人サイトを利用

36歳の時に看護師求人サイトに登録をして、仕事を探しました。私は福祉分野で看護師として働きたい、長く働き続けられる職場ということを条件に、担当者の人に仕事探しを手伝ってもらいました。

 

一度目の転職はその時は後悔しましたが、今考えると福祉の分野で働きたいという希望を考えさせてくれた場所でした。

たとえ失敗したとしても、経験は裏切らないですね。

 

そして、担当についた専任コンサルタントに、デイサービスでの看護師の仕事を紹介されたのです。

 

夜勤がない分、収入も下がりますが、収入よりもやりがい重視だと思ったので気になりませんでした。前の方が定年で辞められるけれど、長く働いてこられていたとのことで、安心して働けるかなと思いました。面接の時に見学することも提案してもらい、実際に働く施設に見学に行きました。そこでここで働きたいと強く思うようになりました。

 

その後はトントン拍子でスムーズに転職することができました。

 

デイサービスの看護師に転職して

今働き始めて半年になりますが、自分の思うような仕事ができていて満足です。「ありがとう」「ここに来るのが生きがい」と笑ってくださる人を見ていると、私までパワーをもらう気分です。ここで長い間働き、介護が必要な人が活き活きされるようなお手伝いができたらと思っています。求人サイトにお世話になって本当に良かったです。

 

転職コンサル  転職コンサル「転職活動は初めて行う方の場合は失敗しやすい傾向が高いです。そのため転職コンサルタントという職種が存在します。」

「看護師さんの場合は、看護師専用の求人紹介をメインで行っているコンサルタントが30社以上あります。そのため、良いコンサルタントに当たれば、非常にスムーズに転職が可能になります。求人サイトをしっかりと選んでください。」

 

看護師体験談

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

介護施設へ看護師転職するメリット

看護師さんが介護施設へ転職するメリットは、ブランクがあっても転職しやすいと言う点です。

 

病院への転職は求人情報に再教育制度あり、ブランクOKと記載されていても大丈夫だろうかと不安に感じやすいです。病院では治療する目的を持っていますので、看護師の仕事内容は治療の補助や患者さんの身の回りの世話などが中心です。

 

病院によっては手術の補助を行う看護師さんもいらっしゃいます。専門性が高いのでブランクがあると復帰が難しくなってしまいます。

 

病院よりは看護師の専門性を求められにくい

看護師の専門性を求められにくい

介護施設ではご利用者さまの健康管理やリハビリなどが主な仕事内容です。病院より介護施設のほうが高度の専門性は求められないことが多く、ブランクがあっても働きやすい仕事内容となっています。


病院では急患や手術などで慌ただしいことが多いですが、介護施設では比較的時間的に余裕をもってご利用者さまと接することが出来ます。

 

介護施設では男性が多く、女性特有の人間関係での悩みは少ない

女性特有の人間関係での悩みは少ない

最近では男性の看護師も増えてきたとはいえ、まだまだ病院では少ないです。女性特有の人間関係に悩まされることがありますが、介護施設では男性の介護スタッフが多く見られます。男性が混じることであまり女性特有の人間関係に悩まされることが少ないと言ったメリットもあります。病院では2交代制や3交代制と言った勤務シフトで夜勤が多いですが、介護施設では介護スタッフで夜勤を行うことが多く看護師は夜勤が少ないです。


残業の少ない介護施設も多く、夜勤や残業が多くて疲れ切ってしまうと言うことが少ないのも魅力です。特に子育て中の看護師さんでは夜勤や残業が少ないのは大きなメリットになります。

 

介護施設へ看護師転職するデメリット

介護施設へ看護師転職するデメリット

介護施設へ看護師転職すると、看護師としてのスキルや経験を積むことが難しいと言うデメリットがあります。介護施設での主な仕事内容はご利用者さまの健康管理です。


まだ看護師として十分なスキルや経験を積んでいないうちに、介護施設へ転職するとやり残した気持ちが後で強くなる可能性があります。スキルや経験がまだ足りないと、病院へ転職したくなったときが難しくなってしまいます。看護師としてのスキルや経験を積んでから介護施設へ転職されたほうが良いでしょう。

 

病院勤務の看護師より給与が低い傾向にある

病院勤務の看護師より給与が低い

病院の看護師と比べて介護施設の看護師のほうが、給与が低い傾向にあるというデメリットがあります。夜勤や残業が少ない介護施設が多いため、夜勤手当や残業手当は期待できないです。収入アップを目指して転職する職場としてはあまり向かないのです。


食事やトイレ、入浴などの介助は介護スタッフが行うのが基本ではありますが、介護施設によっては看護師もお手伝いすることがあります。特に介護スタッフの人数が少ない介護施設ではよく見られます。このため仕事の役割分担が上手くいっていない職場だと仕事がスムーズに進まなかったり、ストレスが溜まったり、人間関係が悪くなることがあります。

 

万が一のプレッシャーは看護師にある

万が一のプレッシャー

医師が常駐していない介護施設で、ご利用者様の健康状態が急変したときには看護師に適切な判断が求められることがあります。


病院と比べると急変される方は少ないものの、万が一起きたときにはプレッシャーが多くかかります。オンコール体制を採用している介護施設だと緊張状態が続くと言うデメリットもあります。

 

次へ

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ