看護師の転職は診療科目によって年収が違うって本当?

診療科目で年収の違い

看護師の求人募集を見ると、病院ごとに基本給や手当の金額が異なっていることが分かります。しかし、実はそれだけではなく、診療科目によって年収が変わることはご存知ですか?

転職に置いて年収や給与は大事ですよね。その詳細に関して説明していきます。

そもそも夜勤手当なので年収は違う

診療科目ごとに基本給の金額が異なるというわけではありません。一般病院に勤務する看護師の場合、基本給の金額が同じでも、そこに夜勤をするたびに夜勤手当が加算されたり、住宅手当や家族手当、通勤手当や食事手当、資格手当など、病院ごとに各種の手当が加算され、その金額も異なっています。同じ経歴を持つ看護師でも、夜勤の数が異なればお給料に差がつくので、年収にもおのずと差が出るというわけです。

 

診療科目の手当差で年収に差が出る

診療科目が異なると、実は夜勤手当によるお給料の差だけではなく、ほかにも差が出る要素が見つかります。例えば、手術室勤務の看護師。手術室勤務の看護師は、内科や外科などの診療科目に配属されているわけではなく、手術室配属で複数の診療科における手術のサポートを行うのが職務となります。夜間に手術のスケジュールが入ることはほとんどないため、基本的には手術勤務の看護師は、夜勤手当とは無縁です。しかしその代り、手術をサポートするたびに、手術手当が発生しますし、万が一の緊急手術に備えてオンコール待機となれば、それに対しても手当が発生することになります。そのため、年収で比較すれば、夜勤をこなしてきた病棟勤務の看護師よりも年収が高くなることもあるようです。

 

手術室勤務は、眼科や泌尿器科が年収が高い

ただし、手術室勤務は、看護師にとっては覚える内容が多すぎるだけでなく、即戦力でなければ精神的な大きなストレスになってしまうため、手術室経験がない看護師がこの分野への転職を希望するのは、かなり珍しいと言われています。しかし、看護師としてのキャリアを積むなら、短時間でも数多くの症例を経験することができて、緊迫した空気の中で真剣勝負で知識と経験、そして技術を学べる分野であることは間違いありません。キャリアアップを考えている看護師なら、ぜひ転職先としてトライしてみるのも良いのではないでしょうか。同じように、オペの回数で年収に差がつく診療科には、眼科や泌尿器科などがあります。泌尿器科の場合には、人工透析の経験や回数によって年収に差が出ることが多いようです。

 

体力的にハードな診療科

年収と比べると体力的にキツイと感じる看護師が多い診療科もあります。それは、小児科。小児科は、患者さんが子供なら、内科でも外科でも整形外科でも、何でも受け入れるため、そこで働く看護師にとっては、広い分野の専門的な知識や経験が求められます。内科のみ、外科のみ、整形外科のみ、という場合よりも覚える知識等は多くなるので、「思っていたよりずっとハードだ」と感じる人は多いようですね。小さな子供と戯れるイメージが強い小児科ですが、患者さんが子供だからこそ、保護者がより感情的になったりすることも多く、コミュニケーション能力などもかなりハイスキルが求められる診療科目と言えるでしょう。

 

「診療科目によって年収が違う」まとめ

転職コンサル  転職コンサル「このように、診療科目によって年収が違ってくるのは本当です。ただ、年収だけで診療科目を決めてしまうと駄目なのはお分かりだと思います。看護師として転職を行う際に診療科目を変更する場合はしっかりとリサーチを行った上で決めた方が無難と言えます。」

 

「また、自分が転職を考えている診療科目を調べるすべがない場合の方は、看護師専用の求人サイトへ登録を行って、専任のコンサルタントに相談をしましょう。転職完了からその後のサポートまで親身になって完全無料でサポートしてくれます。」

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ