看護師がキャリアアップを考える時の4つの注意点

看護師がキャリアアップ

看護師がキャリアアップを考える時には、大きく分けて2つの注意点があります。

 

それは、金銭面と人生設計になります。看護師という職業は皆さんご存知のように、女性が大半を占めます。そのためライフスタイルによって自信の働き方が変わってしまう女性にとっては人生設計を行うことがまずはキャリアアップを考える1つになります。


1.金銭面の注意点

金銭面の注意点

まず第一に挙げられるのが、金銭面のことです。キャリアアップの方法にはいくつかありますが、認定看護師や専門看護師になるためには、研修を受けたり大学院に進学する必要があります。


そして、そのためには多額の学費が必要になりますし、職場によっては休職しなければならず、収入がゼロになってしまうということにもなります。それでも無理なく生活していけるだけの蓄えがあるということはとても重要です。


2.人生設計を考えておく

看護師の人生設計

第二の注意点は、人生設計をきちんと考えておくということです。研修を受けたり大学院に通ったりするためにはそれなりの時間が必要になります。


そして、その間に結婚や出産・育児などライフステージの変化がある人も多いはずです。独身であれば今後結婚する予定があるのかどうか、どのくらいの時期に出産をしたいのか、配偶者の協力は得られるのか、そうしたことを考慮しなければキャリアアップを実現することはできません。


3.キャリアアップを考える注意点

キャリアアップを考える注意点

看護師がキャリアアップを考える時には、単にどのような看護師になりたいのかを考えれば充分ということにはなりません。プライベートのことも含めて、今後のことをより具体的に計画していくことが必要なのです。


ライフステージの変化にうまく対応しながらキャリアアップしていくためには、将来のビジョンを思い描きながら仕事をしたり、貯金をしたり、パートナーと話し合ったりすることが重要になります。


4.看護師のキャリアアップに役立つ資格取得とは

看護師のキャリアップ

キャリアアップを目指す看護師の中には、資格取得に意欲的な人もいます。通常の看護師としての知識やスキルにプラスして、看護の現場で役立てられる専門知識を学び資格を取得するのです。


そうすることで、看護師としてできることに深みが出てきますので、より上質な看護を提供できるようになります。代表的な資格として有名なのが、認定看護師や専門看護師です。ただし、これらは実務経験が5年以上でなければチャレンジできませんので、中堅以上の看護師にならなければ資格取得を目指せません。


看護師の役立つ資格とは

看護師の役立つ資格

また、キャリアアップのために役立つ資格はそれだけではありません。


資格取得を目指したいものとしては、介護支援専門員、家族相談士、助産師、日本アロマテラピー学会認定看護師などたくさんのものがあります。看護に役立つ資格は非常に広範に渡っています。たくさんの診療科があるということもその一因ですが、それだけでなく、看護師が必要とされている分野が広がりを見せているというのも要因です。


ビジョンを持って資格取得

そのため、ただやみくもに色々な資格を取得するというのではなく、ビジョンをもって資格取得を目指していくようにしましょう。介護支援専門員と助産師を取得している看護師というと、一体何ができる人なのかあやふやになってしまいます。


しかし、介護支援員と家族相談士の資格を持っている看護師であれば、介護に関することについてより深く知っているということが分かりますし、家族間にある介護の悩みを解消して家族関係が良好になるようにサポートしてくれるだろうことも分かります。このように、資格は自分が専門として身につけていきたい分野に絞って、相互に活かしあえるようにすることがべストです。


人気の病院に転職するコツ
人気口コミランキング

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ