医療業界の崩壊による医療従事者・看護師の転職事情

医療業界の崩壊

医療業界は、「後期高齢者医療制度」導入以来、今日に至るまで、日本中から袋叩きに会い、それと並行して医師不足問題が加速、”医療崩壊“が声高に叫ばれるようになりました。  


このページでは主に医師(ドクター)や医療業界全体の話にはなっていますが、看護師としては、医療業界現状の知識を持つことで、転職活動の幅をより広げる目的としたコラムになります。是非、確認してみてください。

 

医師不足がもたらした看護業界へのインパクト

医師不足がもたらした看護業界へのインパクト

医師不足問題が一般的に知られるようになったのは、03年、大手のメディアが積極的に取り上げ、社会問題としてクローズアップされてからです。

 

この年「地域医療崩壊」の引き金となったのが「医師の名義貸し」問題です。この名義貸しについては、看護師、薬剤師にも顕著に見られます。

 

資格名義貸しでの逆転現象

資格名義貸しでの逆転現象

病院看護師の実人数と常勤換算数は、60.0万人に56.8万人と3.2万人の開きがあるとのデータがあります。これは診療報酬を得るための資格名義貸しで、逆転現象が起きていることを示しています。

 

こうした名義貸しの問題は、へき地の病院にとっては、生き残るためには必要不可欠な事と言えましょう。こうしたアルバイト医師、看護師に依存していた病院が、数多く倒産しているのも地域医療崩壊の特徴とも言えましょう。こうした医療制度崩壊につながった大きな要因は「新臨床研修医制度」の導入による大学医学部医局の崩壊でした。

 

 

診療報酬制度引き下げによる病院閉鎖

診療報酬制度引き下げ

診療報酬制度引き下げにより、病院閉鎖が相次いだこと、この二つに起因すると言えましょう。

 

この新臨床研修医制度によって、研修医が研修先の病院を選択できるようになり、これまでこうした研修医を多く抱え込み。地方に派遣していた大手の大学病院が医師不足を加速する結果となりました。

 

「ドクターの貸しはがし」が行われた

ドクターの貸しはがし

そこで各大手の大学は地方に派遣していた医師を引き揚げたことにより、地方の病院が相次いで閉鎖となりました。


これが世間で言われています「ドクターの貸しはがし」です。

 

医療業界への転職有効求人倍率の増加

医療業界への転職有効求人倍率の増加

このような背景の中、医療業界への転職事情は、他産業と比較して、驚くほど有効求人倍率が高くなっています。

 

これは医師、看護師、薬剤師など、医療従事者全般に渡って、高い数値を示しています。これにより、医療従事者の転職活動は、現在の職場より、より高い条件を求めている傾向が顕著となっていると言えましょう、今まさに売り手市場の真っただ中が、医療従事者の就職時事用となっております。

 

医療機関の人材採用方法について

医療機関の人材採用方法

医療機関が人を採用する方法は、「人材紹介」「就職。転職フェア」「求人サイト」が主力となっています。

最近の傾向として最も伸びているのがインターネットを活用した「医師専門求人サイト」「看護師専門求人サイト」「薬剤師専門求人サイト」と言われています。この求人サイトについては以下を確認してみてください。

 

 

近年医師の転職は急増中!

近年医師の転職は急増中

最近の医療従事者の大きな特徴として挙げられるのが、医師の転職が急増していることがあげられます。

 

看護婦、薬剤師等がこれまで中心であったのが、開業医を除いた病院勤務などの医師の転職、それもキャリアを積んだ、中高年の医師から、若手の医師まで幅広い年代層に渡っているようです。

 

インターネットによる情報化社会

インターネットによる情報化社会

これも手軽に情報が集められるインターネットサイトの影響も大きいようです。ひと昔前までは、,医師と言えばセレブ、ベンツというイメージが多かったのですが、今や過労、広い意味でのうつ病で、実際、勤務医21%は自分を「健康ではない」と意識していると言うデータもあります。

 

過酷な勤務の上に、安い報酬とあって、より条件の良い職場を求めて転職する医師が増えているのも確かです。

 

転職すると待遇面が良くなる現状

転職すると待遇面が良くなる現状

実際転職した医師に聞くと「現在の報酬と比べて数段高く、勤務時間も少なく、待遇面では100パーセント満足している」との声が多いのが目立っています。これも医師不足現象の影響と言えるでしょう。

 

医師も看護師も緊急性を擁するケースが多く、採用には比較的短期間で決められることが転職の特徴となっています。

 

転職する側にしても、インターネットなどで選んだ企業から選択するので、手間暇がかから多くの情報が入手しやすく、こちらも短期間で、答えを出しやすいと、今後も医師の転職は増え続ける事が十分予想されています。

 

医療従事者の転職は何が重要なのか

医療従事者の転職

さて医療従事者が転職を考えるとき、どのような事を重要視するのか。看護師の場合は、「仕事内容」「教育制度」勤務地などが重要視される傾向が強くなっています。


医師の場合は「勤務地」というのが断トツでありました。ただしこれは中高年の医師の数字です。

 

30代の若い医師たちの転職事情

若い医師たちの転職事情

30代の若い医師たちは、経験やスキルを積むことができる職場でした。

こうした転職ニーズから、医療従事者にとって、「最初の勤務地」がいかに重要かわかってきます。スキルを習得する機会と場、そして組織として、しっかりした方向性を持っている医療機関を選択することが、大切と見ている人が多いようです。

 

医療業界は、「労働集約型」であるため、市場が拡大すればするほど、人材が必要となる業界です。

それだけに今後は優秀な人材をいかに確保するかが、医療・介護施設、そして国の大きな課題となると言えましょう。

 

コメディカル不足の現状

コメディカル不足

一方では、こうした医師不足にどうしても目を奪われがちですが、もっと深刻なのがコメディカル不足を嘆く声も多い、と言うことを忘れてはならないでしょう。

 

コメデカルトは、医師以外の医療従事者のことで、看護師、助産師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、管理栄養士、理学療法士、物理療法士等多数の職種があります。

 

その中でも看護師の不足は、ますます深刻の度合いを深めていると言えましょう。

 

次へ
ポイント

看護師の転職は、看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ