看護師業界の日本現状から見る、看護師転職が多い理由について

看護師業界の日本現状

看護職と呼ばれているものには、看護師、保健師、助産師は厚生労働大臣から受ける国家資格取得が義務付けられています。

都道府県知事から免許を受ける准看護師を加え四種類があります。

 

現代の病院医療が有効に機能するためには、看護師を筆頭にした医師以外の医療従事者コメデカルという各専門家の存在が必要不可欠と言われています。この中でも患者さんとの接点に立つ看護師は、なくてはならないものと言えるでしょう。


このページでは看護師業界の日本現状と看護師転職が多い理由について解説しています。看護師として現状を把握するためにご存じない方は背景を理解しておきましょう。


保健師助産師看護師法の法律について

看護師は、保健師助産師看護師法という法律に「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者に対する療法上の世話、診療の補助を行うとする者」(第5条)と定められています。

 

 

  • 療法上の世話」とは:病気や障害を持った人々の生活を支える事で、安心して療養生活を送れるように支援することです。
  • 「診療の補助」とは:医師が行う患者さんへの検査や処置、治療の介助や病状の報告など、病気の診断や治療に必要な補助やサポートすることです。


看護師が多いほど患者に取って安全性が高い

看護師が多い

こうした看護師に対して、病院で一般に言われていますのが、「看護師数が多いほど患者さんの安全性は、高くなる」です。

 

医療専門家の間では、看護師の人数が少ないほ、医療の安全性・質が確保できなくなると言うのが常識化しているのが現状と言えましょう。

 

欧米と違う日本の看護師と医療業界

欧米と違う日本の看護師

そうした状況にもかかわらず日本の病院看護師数は、欧米に比べて圧倒的に少ないと言うのが実情です。

ちなみに100床当たりの数は、アメリカ、イギリス、ドイツの平均138人に対し、わずか34人と低く、毎年この諸外国との格差は広がっていると言うのが現況です。

 

日本の高齢者増加傾向は世界のトップ水準とは周知のとおりです。毎年患者数は増えるばかり、看護師不足は年々加速している状況に、政府は、この看護師不足状況を正確には捉えていません。

 

国は看護師を増やすと結果的に財政支出が増加と思っている

国は看護師を増やす

看護師が増えれば患者が増え、結果的に財政支出が増加すると言う見当違いな考え方が、未だにはびこっているからです。

 

こうした政策が抜本的に改正しなければ、今後も増え続ける患者さんに対して、看護師不足は、進み続けることは間違いないでしょう。

 

実際そのため看護師の過酷な勤務状況は今後も顕著になり、こうした現況を見て、”潜在看護師”と言われています、看護師資格を持った看護師が70万人近くいると言われ、そうした人たちの就職しない現象が、今後も続くと思われます

 

過酷な勤務状態での看護師の離職率も増加

過酷な勤務状態

過酷な勤務状態に、看護師の離職率も高くなっています。


特に東京や大阪などの都市部で顕著で、結婚・出産というライフイベントに加え、夜勤・超過勤務の就労状況が主な原因となっているようです。

 

看護師の転職の決めては仕事内容と教育制度

仕事内容と教育制度

その為看護師転職の決め手の第一に挙げられているのが「仕事内容」「教育制度」です。また医療制度改革による病院の平均在院日数が短縮されたことも、看護師の就労環境に影響を及ぼしたことも確かでしょう。

 

そして大きな影響を与えてのが、医療業界の電子カルテなどのIT化、クリティカルパスに大費用されます標準化が進んでいることでしょう。

 

こうした数々の諸条件は、看護師の転職事情を変えていったのは確かです。

 

7対1看護で看護師不足が過熱する

看護師不足が過熱する

もっとも看護師の転職に影響を与えたのが「7対1看護」と言えるでしょう。ひと昔前の看護師就職氷河期を考えますと、現在は雲泥の差あると言えるでしょう。

 

患者の状態に応じて、適正な看護配置の実現を目指し、06年度診察報酬改定でスタートした「7対1入院基本料の報酬加算要件」つまり7対1看護でしたが、08年同改定で修正されました。

 

7対1看護について

7対1看護について

改定当時の各病院の看護師争奪戦は熾烈を極め、看護業界を一変させました。

この制度は、一人1日入院当たりの診察報酬である入院基本量を看護師の配置割合や正看護師比率、及び患者さんの平均在院日数の3つの基準により、差を設けたものでした。

 

病院側の第2次看護師争奪戦

病院側の第2次看護師争奪戦

「第2次看護師争奪戦」が始まったのが07年度でした。こうした各病院の第1次、第2次看護師争奪戦の最中に日本看護協会は、「条件のいい病院に看護師が動くのは当然、病院側が、看護師の働きやすい環境整備をすることは大切な事」との主張を展開し、病院に看護師の働きやすい環境整備を整えることになりました

 

また当時、看護師を受け入れるために、教育体制を整えた病院が続出、看護師のスキルアップのための、専門部門の教育や資格取得のための環境が整ったのも、この看護師争奪戦レガシーと言えましょう。

 

看護師転職求人サイトが広まった

看護師転職求人サイトが広まった

 こうして転職の環境は整い、看護師たちの本格的な転職活動が始まりました。今の環境から、より良い環境への転出は、これまで容易ではありませんでした。雑誌や求人情報に頼り、求人企業の情報召集に勤めてきましたが、容易には集まりません。仕事をしながらの求人情報召集は、大変な苦労が伴いました。


そうした現状を踏まえ、登場してきたのがインターネットによる看護師専門転職サイトでした。この新しい求人情報は、看護師たちの転職を大きく後押ししてきました。働きながら、より細かな求人情報が得られるとあって、それは全国に広がって行ったのです。


昨今、看護師の平均転職回数は4回から5回といわれているほど頻繁に転職活動を行っています。このような背景から転職を行うことが当たり前になっていきました。

次へ
ポイント

転職活動を行うには、看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ