看護師転職の注目度が高い訪問看護について

看護師転職の注目度が高い訪問看護

看護師の転職の仕事先として今注目されているのが「訪問看護」と言えましょう。今後益々この分野は発展して行くものと思われます。

 

看護師にとって患者さんと家族とのコミュニケーションスキルが、最も求められるジャンルです。

 

それだけにもっともやりがいを感ずる仕事と言えましょう。世界一の長寿国、少子高齢化が進む日本の医療今後の在り方として、各方面に注目されているのが「訪問看護」と言えましょう。


訪問看護ステーション転職看護師求人サイトおすすめランキング」も合わせてチェックしてみてください。

 

訪問看護の仕事について

訪問看護の仕事

訪問看護とは、家で療養する利用者(在宅では患者と呼びません)の命と生活を守るために、医師の「訪問看護指示書」によって定期的に自宅を訪問して介護する、看護師ではなくてはならない仕事です。

 

つまり、患者さんや家族が自分たちで処置や介護を行えるように、教育的にかかわる仕事です。

 

介護スタッフと連携しながら進める訪問看護

連携しながら進める訪問看護

病院の方が、治療や看護を充分受けられるとは言え、患者さんにとって、やはり自分の家で治療を受けるのが気兼ねなく、くつろげるでしょう。そこで病院、診療所で患者さんを待つのでなく、看護師の方から患者さんの家を訪ねると言う形式が基本的な訪問看護です。

 

こうした訪問看護では、看護師は、医師やリハリビスタッフ、ケアマネージャー、ホームキーパーなどの介護スタッフと提携しながら協力し合って、患者さんを支えていくことになります。



看護師として求められるスキルも高い

看護師として求められるスキル

看護師の幅広い知識、スキルが必要になります。

具体的には、疼痛コントロール、人工呼吸の管理、など専門的処置を必要とする患者さんへの24時間体制の訪問、あるいは長時間の滞在訪問、短時間の巡回訪問な、訪問のパターンも多様なニーズがあります。


ここでは医療の専門職として、様々なアドバイスをしていきます。看護師の仕事として、病院と異なるのは、利用者(患者)や家族が、自分たちで処置や介護を行えるようにアドバイスする点です。

 


訪問看護で大事なこと

訪問看護で大事なこと

あくまで在宅における主役は、利用者と家族です。利用者が望むこと、その人らしく過ごせることを何よりも大切にしなければなりません。

 

訪問看護師は、常にアンテナを張り巡らし、利用者と家族の声に耳を傾けなければなりません。基本的には、看護師は一人で利用者の家を訪問します。

 

家族への気遣いや判断力も求められる

家族への気遣いや判断力

訪問看護の場合は、何よりも一人で行うので、利用者への対応技術と、とっさの場合の判断力が問われる仕事なのです。

 

病院なら自分のペースで仕事ができますが、訪問看護の場合は、あくまで「家にお邪魔する」立場で仕事をしなければなりません。

それだけに訪問中は、利用者だけでなく、家族への気遣いも忘れてはなりません。

 

訪問先の家族とのコミニュケーションも、重要な要素となります。こうした訪問を派遣する期間が「訪問看護ステーション」です。

 

 

訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーションとは

全国に約6000ヵ所あると言われています。

ここでは医療保険、または介護保険において、医師の「訪問看護指示書」により、訪問看護が利用できます。

 

訪問ステーションの管理者は、看護職です。ここでは、医療保険の訪問看護利用者と、介護保険の訪問看護利用者の二つに分かれています。

 

前者の利用者は、全国で、約100万人、後者は、約300万人と言われています。合わせて約400万人と厚生労働省訪問看護報告書では示されています。今後高齢化が進み、さらにこの数字は高くなることが予想されています。


訪問看護後ステーションの流れとしては、医療保険による場合は、利用を希望する人がかかりつけの医師に利用の相談をし、かかりつけの医師が、訪問看護ステーションに「訪問看護指示書」を提出します。

その指示に従って、訪問看護センターが看護師を訪問させると言う流れになります。

 

 

介護保険による訪問看護

介護保険による訪問看護

介護保険による訪問看護の流れは、利用を希望する人は、ケアマネージャーに訪問看護について相談します。ケアマネージャーは、利用者のかかりつけ医師に依頼します。かかりつけの医師は、「訪問看護指示書」を訪問看護ステーションに提出します。それを見て訪問看護センターは、利用者に看護師を派遣ると言うシステムです。

 

 

訪問看護に要求されること

訪問看護には次のような事が要求されます。

 

  1. 訪問看護の医療現場は、家庭ですので、看護師は、利用者だけでなく家族の生活の向上をみすえ、看護の的確な判断、技術の提供をしなければならない
  2. 医師との連携を密にし、在宅における週末期ケアを構築する
  3. 医師の指示の基,ガン性疼痛などの症状について観察・判断・評価などマネジメントを行い適切な対応をする
  4. 看護師は「療養上の世話」における専門職であり、利用者のレベルに合わせた個別的な看護を提供する。


訪問看護は上記のような事柄をを順守しなければならないとしています。この訪問看護に求められるのはこの遵守事項を見ても解るように、自立支援や療養生活を支えていく姿勢、つまり心のケアが大切といえます。

 

まとめ

まとめ

訪問先には一人で行くケースが多く、訪問看護は正確な判断力、観察力、看護知識、技術と共に、それぞれの状態や生活に合ったサポート方法を考えていく創造性が重要といえます。

 

この訪問看護こそ看護師のキャリアと個性が発揮できる場所となる方も多いです。転職を考えている看護師には将来性もあり、お勧めしたいジャンルの1つになります。

 

 

次へ
ポイント

看護師の転職を行うには、看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ