看護師の働ける場所が多様化!看護師転職時には要チェック!

転職を考えたらもう一度、看護師とはなんなのか?一度原点に戻って考えてみるのも良いでしょう。自分は、なぜ看護師に興味を持ったのか「白衣の天使に憧れて」「病気になった時優しく世話をしてもらった」「テレビドラマを見て」など看護師一人ひとり色々あると思います。

 

これまで看護という仕事に従事して、理想と現実に大きなギャップを感じている看護師も多くいるのは事実です。また、想像以上にきつい勤務状態、人間関係、休日の問題、等々悩みは尽きません。


転職を考えたならば、キャリアを積んだ看護師として、ステップアップした働く場所を、今一度考えてみるのもベターでしょう。


このページでは看護師の働ける場所を項目ごとに説明しています。


看護師の働く場所の多様化

看護師として働く場所は病院やクリニックに限ったものではありません。企業へ進出するフィールドナースなど、様々な場面で看護師が必要とされています。


一つに看護師転職と言っても、様々な働き方や働く場所が存在することをまずは知っていただき、転職を考える際の幅を持って活動を行ってみてください。知っている、知っていないでは大きく転職活動は変わってきます。



病院で働く看護師について

病院で働く看護師

ご存じのように病院とは、20床以上の入院設備を持つ、医療機関の事を言います。

病院で働く看護師の仕事は、部署により異なっていますし、大きい病院や小さい病院、大学病院などが存在しますので、一口に病院と言っても大きく異なります。


病院での看護師の役割は一般的に以下の内容となります。


  • 患者さんの病気の状態に合わせ、ケア方法を考える患者さんの生活のナビゲーター
  • 情報を共有し、方向性を決め、病気と共に生きる患者さんの心強いサポーター
  • 豊富な知識を基に、安全に検査が受けられるように介助する伴走者
  • 患者さんの良きパートナー


この4つが、病院看護師として求められる一般的なスキルといえます。病院への転職希望であれば以下のページで詳細確認してみてください。


総合病院の看護師求人を探す3つの注意点

一般病院の看護師求人を探す3つの注意点

大学病院の看護師求人を探す3つの注意点

療養型病院の看護師求人を探す3つの注意点

精神科病院の看護師転職をする4つの注意点


診療所(医院、クリニック・美容クリニック)で働く看護師

医院、クリニック・美容クリニック

ご存じの通り入院設備が19床以下の診療所や無床診療所、開業医の運営する医療機関をクリニック、診療所といいます。


ここで医師と共に、値域医療を支える大切な役目を果たしています。医師の診察の介助や、処置室での仕事を行っています。


大半の診療所は、医師1人、看護師数人、事務スタッフといったコンパクトな所が多く、病院に勤務するより残業が少なく夜勤がない場合が多いため看護師には非常に人気があります。(24時間体制のクリニックもあるので注意が必要です。)


また、20代~30代前半の看護師の場合は美容外科クリニック、美容皮膚科クリニックなども人気があり、若い看護師が多く転職を行います。

病院やクリニックと体制が異なるため、美容クリニックで働いたことがない看護師は転職には注意が必要といえます。


詳細は以下の当てはまる項目を確認してみてください。


医院・クリニックの看護師求人を探す3つの注意点

美容クリニックの看護師求人を探す4つの注意点

 

介護福祉関係施設で働く看護師

介護福祉関係施設で働く看護師

体力の低下や障害のために、自分だけで暮らすことが難しい人を介護・看護する医療施設です。

介護老人保健施設、介護老人福祉施設。社会福祉施設などが存在します。


介護系の施設の場合は40代後半からの看護師が働いているケースが多く、経験値がものをいいます。また、介護士と共同で介護・看護を行うので、看護師業務以外の仕事も行うケースがあります。


様々なメリット・デメリットが存在するので、以下詳細を確認しましょう。


→ 介護老人保健施設の看護師求人を探す3つの注意点

→ 特別養護老人ホームの看護師求人を探す3つの注意点

→ デイサービス(通所・入浴)の看護師求人を探す5つの注意点

→ 有料老人ホームの看護師求人を探す3つの注意点

→ 障害者施設で働く看護師のメリット・デメリット

→ 地域包括支援センターで働く看護師のメリット・デメリット


企業看護師(フィールドナース)

企業看護師(フィールドナース)

 企業看護師(フィールドナース)は「産業保健師」とも言います。 働いている看護職は、企業などで働く労働者の健康管理、増進をしています。


大企業には、規模の大きい「健康管理センター」があり、看護師を始め看護職が何人かいます。健康相談、保健指導を通じて、病気にならないように予防する業務が中心です。他に、厚生労働省、国会にも働き場があります。国家公務員として働き、国の制度づくりに関わる看護師もおります。


また、フィールドナースは保健指導や健康相談などだけではなく、治験関連やクリニカルスペシャリストなどの仕事も存在します。


看護師の働く場所が多様化している由縁は企業看護師(フィールドナース)の存在が大きいといえます。


ただ、病院勤務から企業看護師(フィールドナース)への転職は通常の病院とは、まったく異なるため、興味があれば以下をチェックしておきましょう。


フィールドナース(企業看護師)の看護師求人を探す4つの注意点

企業保健室の看護師求人を探す4つの注意点

医療機器メーカー(クリニカルスペシャリスト)の看護師求人を探す4つの注意点

治験関連(CRA、CRC)の看護師求人を探す4つの注意点



まとめ

まとめ

転職先1つとっても、様々な求人の探し方や、メリット・デメリット、看護師としての必要なスキルなどの条件があります。

キャリアアップ転職でも、年収アップ転職でも、転勤での転職でも、病院や企業などの勤める雇用形態や条件、どのような看護師が働いているのかを確認し、情報を集めることで、優位な転職活動を行ってみてください。


次へ
ポイント

看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ