大学病院で働く看護師の楽な科ランキング

大学病院で働く看護師の楽な科

大学病院は規模の大きな病院ですので、診療科も多くあります。その中で、大学病院で働く看護師が考える『楽な科』とは一体どの様な科なのかをランキング形式でお伝えします。


大学病院に限ったものではありませんが、科によって仕事内容も仕事の大変さも違ってきます。また、楽な科というのも大学病院毎に変わってくるということを前提にお話します。

 

是非楽しんで見ていただければ幸いです。

 

ランキング

10位・内科

内科看護師

内科にも、もちろん色々ありますが、全体的に内科は一般的に楽だと認識されている傾向があります。ただ、注意したいのが、大学病院によっては忙しいというケースもあります。


他の科と比べ内科で働く看護師のデメリットは?

  • 他のかと比べて看護師の”やりがい”を見出しにくい
  • ルーティン業務が多い
  • 看護意外の雑務が多い
  • 看護師としてのスキルアップは一定のラインに行くと難しい


などが存在します。初めて看護師として内科に行く場合は注意が必要です。



ランキング

9位・心療内科

心療内科で働く看護師

心療内科は精神的な原因によって体に症状(病気)が現れた患者を治療していく科です。主に患者への指導や検査なども看護師としての仕事に入ります。落ち着いた雰囲気があるところが楽と言われるポイントです。

 

慌ただしく過ごすことが苦手な場合や精神的なケアが得意であれば向いているでしょう。

 

 

他の科と比べ心療内科で働く看護師のデメリットは?

  • 患者との接し方が難しい
  • コミュニケーションがうまくないと厳しい
  • 大学病院によっては残業が多い
  • 一般的な看護師のスキルを活かしにくい


などが心療内科で働く看護師のデメリットになります。大学病院によって大きく違うのは当たり前ですね。


ランキング

8位・美容外科

美容外科で働く看護師

大学病院の美容外科に関しては、美容外科クリニックと違い、事故などでの患者の手術なども含まれてきます。オペ看の経験があったりすると非常にスムーズに職場になじめることになります。

 

他の科と比べ美容外科で働く看護師のデメリットは?

  • 得たスキルが役に立たない可能性がある
  • 看護師のキャリアにプラスにならない可能性がある
  • 美容外科を行っている大学病院は他の科に比べ比較的少ない


大学の美容外科から美容外科クリニックへ転職する看護師もいますが、大学病院と美容外科クリニックでは、かなりの違いがあるためしっかりと調べた方が無難といえます。



ランキング

7位・耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は入職前から比較的専門スキルが不要なため、看護師としては楽な傾向があります。

子供の患者が多いことから、子供好きの看護師に人気があります。また、入職後は耳や鼻、喉の処置に関する専門スキルが得ることができるのも魅力の一つです。

 

他の科と比べ耳鼻咽喉科で働く看護師のデメリットは?

  • 大学病院によってはストレスが多い現場となる
  • 患者からクレームを受けやすい科でもある


どの科も大事ですが、患者とのコミュニケーションが重要になります。


ランキング

6位・産婦人科

産婦人科で働く看護師

大学病院の産婦人科も楽な科になります。近頃だと助産師を持っていることで産婦人科病棟勤務になることがあるので、すでに産婦人科で働いたことがあり経験を積んでいる方は、産婦人科に配属になる可能性が高くなります。

 

他の科と比べ産婦人科で働く看護師のデメリットは?

  • 大学病院によっては産婦人科は雑務の嵐!
  • 同じ女性だから辛い体験も多い
  • 患者に対し精神的なケアを行う必要が高い


産婦人科は女性ならではの科なので、看護師として感情移入しやすい科でもあります。その点が魅力的ですが、デメリットにもなりえます。


ランキング

5位・精神科

精神科で働く看護師

注射をする場面もないわけではないですが、看護師としての処置を施す内容が多くはありません。


そのため看護師としての技術が磨かれないのではないかと心配する声もありますが、それでも症状によっては扱いが簡単ではない患者がいることも確かなので、十分に気を付けたいところです。


他の科と比べ精神科で働く看護師のデメリットは?

  • 患者が暴れて怪我をする危険性がある
  • 不用意な一言で患者の症状が悪化する場合もある


他の科に比べて、看護師として気を遣う部分が多い傾向にあることがデメリットです。



ランキング

4位・採血室

採血室で働く看護師

透析や採血、献血など、特殊な業務のみを行う科になります。

他とは違った業務が多いのが特徴で、採血などの機会が多いので、技術が向上する上、他の科と比べるとかなり楽といえます。

 

他の科と比べ採血室で働く看護師のデメリットは?

  • 完全に患者と顔見知りになる
  • 患者によっては意地悪を言う人も多い


採血スキルがない看護師にとってはかなり苦痛になりますが、仕事をしていけば基本的になれるものになります。


ランキング

3位・整形外科(外来)または、回復期リハビリ(外来)

整形外科(外来)

整形外科の外来や回復期リハビリの外来が看護師の中では楽だといわれています。


症状の重い患者が少ないということや、患者も徐々に治癒していき元気を取り戻していくので、雰囲気が明るいということが理由です。処置も難しいものがさほどなく、ルーティンワークが主になります。


他の科と比べ外来で働く看護師のデメリットは?

  • 外来の場合は残業があるケースも多い
  • 他の科に比べ給与が下がる(低い)可能性がある
  • 患者とのコミュニケーションが取れない


上記のようなことが上げられます。一般的には大学病院は事務が外来を受け持つ傾向があるので、可能性が引くいと言えば低いですね。


ランキング

2位・眼科

眼科で働く看護師

眼科の理由としての大きなポイントとして、患者に命の危険性がほぼないということがあります。


ですから精神的な負担が少ないので看護師にに人気があります。さらにそういった環境のせいか雰囲気も殺伐としていないという特徴もあります。


他の科と比べ眼科で働く看護師のデメリットは?

看護師として臨床経験が得られない

残業が多い大学病院も多い


などがデメリットとして上げられます。患者に感謝される傾向も強くいため看護師にはやはり人気があるといえます。


ランキング

1位・皮膚科

皮膚科で働く看護師

皮膚科は2位の眼科同様、患者への精神的なストレスが少ないことから人気が高いです。様々な専門的な皮膚科がありますが、一般的に大学病院の皮膚科は他の科に比べて楽といえます。


患者の様子を観察して変化などを読み取れる看護師が重宝されます。また、専門的なスキルも看護師のキャリアとしても充実しやすい傾向にあります。


他の科と比べ皮膚科で働く看護師のデメリットは?

  • コミュニケーションスキルが高くないと辛い
  • 科によってはスキルアップが難しい
  • 看護のスキルアップは向上しにくい
  • 勤務が楽なわけではない


など、様々な皮膚科があるため一概には言えませんね。


次へ
ポイント

いかがでしたか?楽な科というのを取りあげてきましたが、実際は大学病院では希望通りに配属を変わることはできません。就職時にも、希望の科に行けるかは配属されるまでわかりません。そういったことに自身が了承することで内定がもらえるのです。


それでも楽な科で活躍するには『楽な科』で持っていると役立つ資格を身につけておくということが重要になります。


転職するには、看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


 

 

色々看護師ランキング

 

 

Facebookで新着をチェック!


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ