訪問看護に転職を考える看護師の5つの注意点と1日

訪問看護に転職を考える看護師

成長が著しい訪問看護の分野ですが、大学病院や一般病院で経験を積んだ看護師さんたちにとって大変魅力的に映るのは、患者さんと向き合う時間を多く持てるとか、土日休みのところが多いので仕事と家庭の両立ができるといった理由からです。

 

しかし、成長分野である訪問看護の世界へ気軽に飛び込むのは禁物です。

まずは訪問看護の仕事を選ぶ際の注意点を確認してから転職活動を始めましょう。また、訪問看護の仕事を行う1日のスケジュールも掲載しています。

 

 

訪問看護へ転職の5つの注意点

訪問看護へ転職

看護師として初めて訪問看護へ転職を希望している方、現在看護資格を保有しているが、働いておらず、訪問看護で働こうと思っている看護師の方に見ていただきたい内容になります。


訪問看護へ転職を考える場合の4つの注意点をご紹介しています。


注意点その1「事業所の運営基盤」

事業所の運営基盤

訪問看護ステーションは病院のようなしっかりした経営基盤ではなく、個人やNPOが主体となっているものも多くあります。


決して悪いわけではありませんが、中には劣悪な労働環境や教育体制が整っていない所なども多くありますので、運営基盤がしっかりしたところなのか調べるようにしましょう。



注意点2「給料について」

給料について

訪問看護の仕事では年収400万~500万円のところが多いです。


しかし、これも訪問看護の際の交通手段によって手取りが変わってくる恐れがあります。例えば訪問看護の移動の際に社用車なのか自分の自動車なのかという違いもありますし、その際のガソリン代が給与に含まれるのか、そうでないのかによって手自腹になる可能性もありますので、給料面に何が含まれるのかをきちんと確認しましょう。



注意点3「勤務体制」について

勤務体制

訪問看護ステーションで働く魅力といえば、土日が休みでありながら、病院勤務の時とほぼ同じくらいのお給料をもらえるところでしょう。しかし、いざ勤めてみると掲示されている条件とは違って、夜間や休日も対応しなければならないところもあります。


勤務体制はしっかりしていて、個人に負担をかけずに仕事を回すことができているのかというのも判断基準になります。


注意点4「提携病院の存在」

提携病院の存在

病院勤務の時とは違って、患者さんと真摯に向き合って医療を提供できるのが訪問看護の魅力ではありますが、反面自分で決定する機会が多くなるというプレッシャーを感じるようになります。いくらスタンドプレーが好きな方でも、どうしても誰かの意見を求めたい時はあります。

 

その際、信頼できる提携病院があれば万が一の時に自分自身だけでなく、訪問看護をお願いする患者のご家族の方も安心できます。

どちらの病院が提携していて、どの程度までお願いできるかなどあらかじめ確認しておきましょう。

 

注意点5「訪問看護求人の探し方」

訪問看護求人の探し方

魅力がいっぱいの訪問看護ですが、非公開の求人も沢山あります。もし一人で転職先を探すことに不安があるようでしたら、看護師求人サイトに登録をして、キャリアコンサルタントに相談してみましょう。


訪問介護求人を探す場合には「訪問看護求人が多い看護師転職サイトおすすめランキング」をチェックしておきましょう。

 

 

訪問看護で働く看護師の1日

訪問看護で働く看護師

一般の病院や大学病院で激務を経験した後、訪問看護を仕事に選ぶ看護師が増えています。結婚や出産などライフスタイルが変わったからという理由の人もいますが、訪問看護を選んだ人の理由で最も多いのは「訪問看護に興味があったから」というものです。


病院での勤務では中々味わうことができない訪問看護の仕事を選んだ人の1日の仕事を具体的な例を挙げながらご紹介します。

 

AM9:00~訪問看護ステーションへ出勤

訪問看護ステーションへ出勤

職員は9時までにステーションに入り、カルテのチェックをします。スタッフが残してくれたケア表をもとに情報収集をしておきます。

 

 

AM:9:30~訪問介護でお宅訪問

訪問介護でお宅訪問

9時半に電動自転車に乗って訪問介護で回るお宅を訪問し始めます。1軒目は60代男性でALS(筋委縮性側索硬化症)を患っている方です。

 

24時間体制でヘルパーさんの介護が入っており、ヘルパーさんたちとの連携が欠かせません

 

毎日訪問介護で訪れていますが、この日は家族の息抜きのために3時間看護に入りました。

 

PM1:00~90代男性患者宅を訪問

90代男性患者宅を訪問

次に向かったのが90代男性で末期のすい臓がんの方です。預かっている鍵を使って家に葉入り、点滴などの処置をします。

 

少し認知症もわずらっているので、できるだけ簡単な言葉を使って、今から何をするのかを伝えてから処置をしていきました。長期の臥床で手足が弱っているので、手足の曲げ伸ばしなどのリハビリも行いました。

 

 

PM2:30~80代女性患者宅を訪問

80代女性患者宅を訪問

次に向かったのが、80代の糖尿病を患っている女性です。インスリンの注射などの処置をしました。


食事に関してはヘルパーさんが入ってくださっているので、ヘルパーさんとの連携も大切です。



PM3:50~90代男性患者宅を訪問

90代男性患者宅を訪問

最後に訪れたのが90代の男性です。褥瘡ができているので軟膏を塗ってあげ、そのあと、口腔内のケアをしてあげました。



PM:5:00~訪問看護ステーションに戻る

訪問看護ステーションに戻る

1日の訪問を終えたら、ステーションに戻ってケア表の記入などを済ませました。

 

病院勤務時代は17時間ぶっ通しで勤務し、休み時間もほとんど取れない状態でしたが、訪問看護の仕事をするようになってからは時間に余裕ができることが多いようです。

 

次へ
ポイント

いかがでしたか?

訪問看護は、病院に勤務していた頃とは比べ物にならないくらい、患者さんと向き合う時間が増えたので、看護師として働いているという風に実感することができるようになった人が多いです。

 

訪問看護で働いている看護師は病院勤務時代と違い、患者さんのお宅で自分の判断が常に必要とされるのでとても緊張感を感じてしまいます。しかし患者さんのターミナルケアとして「どのように生きたいか」という気持ちに対し、黒子として寄り添い、常に患者さんをサポートしていく仕事に面白みを感じることができるようです。訪問看護に面白みを感じるのはこういう所なのかもしれません。

 

→「訪問看護求人が多い看護師転職サイトおすすめランキング

 

訪問看護への転職は看護師転職サイトがおすすめですが、 看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ