精神科に転職する看護師の注意点

精神科に転職する看護師の注意点

夜勤や残業の少ない精神科でのお仕事。結婚や出産を機に家庭との両立を考えて、精神科への転職を考える人が少なくありません。

 

確かに自分の時間の確保の面だけで考えると精神科は魅力的といえます。このページでは、精神科に看護師転職する場合の注意点、精神科の看護師の1日と仕事内容の注意点をお伝えしているページです。


 

精神科に看護師転職する場合の4つの注意点

4つの注意点

最近の精神科は明るい雰囲気のところばかりです。実際の雰囲気は精神科に行ってみないとわかりません。

 

開放病棟か閉鎖病棟かでも雰囲気が違ってきますし、患者さんの症状が認知症の方が多いのか、うつ病の人が多いのか、アルコール中毒の人が多いのかでも病院の雰囲気は変わってきます

 

もし精神科への転職に興味がある場合は看護師転職サイトに登録をしてキャリアコンサルタントに詳細を確認してみましょう。非公開の求人も多いので、キャリアコンサルタントと仲良くなってお得な情報をもらうようにすることがおすすめです。

 

精神科や精神科病院の案件を多く扱っている看護師専用の転職サイトは「精神科病院が多い看護師求人サイト比較ランキング」をチェックしてみてください。

 

それでは看護師転職する場合の注意点を確認していきましょう。

 

1.自分に冷静に対応できる能力があるか

自分に冷静に対応できる能力

精神科に転職する際に注意するべき点を挙げるとすると、まず1つ目が「冷静に対応できる能力があるか」ということです。精神科の患者さんたちは肉体的には健康な人が多いので、精神のコントロールができない時、看護師に対して暴力をふるう人がいます


看護師にはそんな時でも落ち着いて行動できる能力が必要です。患者さんに対して常に優しく冷静で、一緒にレクリエーションなどを楽しむようにしましょう。



2.自分の感情をコントロールできるか能力があるか

自分の感情をコントロール

2つ目の注意点は「感情をコントロールできるか能力があるか」ということです。患者さんの中には暴言を吐く人もいます。


しかいそれは病ゆえのこと。怒ることなく流せる能力が必要です。たとえ暴言を吐かれても、こちらから声をかけたり、一緒にレクリエーション施設を楽しんだりなど、患者さんたちとのコミュニケーションを楽しむ余裕と、程良い距離感を取れる能力が必要です。



3.看護や医療の知識は低下するので注意!

看護や医療の知識は低下する

3つ目は「医療スキルの低下」です。精神科の患者さんたちは体が健康な人がほとんどなので、点滴などの医療行為をする機会が他科に比べて少ないです。


そのため精神科に勤めていると医療スキルを発揮することが少なくなります。医療技術のレベルは独学でキープしつつ、精神科の仕事に関連するような何か新しいものを勉強していく方が楽しく仕事ができるかもしれません。



4.条件が良くても通勤時間は大切に

条件が良くても通勤時間は大切

そして4つ目の注意点は「通勤時間がどれくらいかかるか」です。精神科は人里離れた場所にある場合が多いので通勤に時間がかかる場合が多いです。


公共交通機関でどれくらいかかるか、車で通うことができるかを確認しておいた方が良いです。また、残業がないので残業手当も少なくなります。できるだけ福利厚生が整っている精神科を選びましょう


次へ

 

精神科だけではなく、看護師転職を行う場合は希望条件をある程度明確にした方がスムーズに転職が可能です。希望条件をなるべく決めることと、決まらない場合は、看護師転職サイトの担当者に相談することで解決する場合もあります。

どのような精神科病院の転職求人があるのか、まずは調べるところから始めましょう。転職サイトは「精神科病院が多い看護師求人サイト比較ランキング」をチェックしてください。

 

 

精神科で働く看護師の1日

精神科で働く看護師の1日

今まで経験したことのない科に転職するのは勇気が必要ですよね。特に精神科はどのような1日で動いているのかあまり知られていません。


そこで実際に精神科でお仕事をしていらっしゃる方の1日を追うことで、精神科のお仕事はどのようなもので、どこが魅力なのかをお伝えします。


もちろん、申し送りからスタートします!

申し送りからスタート

精神科の閉鎖病棟の1日は夜勤者からの申し送りから始まります。そこで入退院予定・処置・検査などの情報収集を行います。


この部分は通常の病棟勤務とあまり変わりはないと思います。

 

精神科での午前中の仕事内容

精神科での午前中

患者の朝食時間になりますので、朝食配膳、食事介助をし、終われば病棟全体ミーティングが始まります

 

その後は患者のおむつ交換・着替え手伝い、点滴や処置などの医療行為を行います。これが大体午前中の流れで正午になると患者のランチタイムになり、この時も食事の配膳や介助を行い、終了次第自分たちも休憩をとります。

 

精神科での午後の仕事内容

精神科での午後の仕事内容

午後はミーティングから始まり、その後おやつや夕食準備をします。手が空き次第、患者の入退院・処置・検査などを行います。


ラジオ体操などレクリエーション、おやつの配膳をおこないつつ、オムツ交換などの処置をします。最後に夜勤者への申し送りと作業に漏れがないか確認したら業務終了です。

 

精神科での看護師仕事内容での注意点とは

看護師仕事内容での注意点とは

精神科の患者さんたちは統合失調症や躁鬱、摂食障害、慢性アルコール中毒など様々な症状を抱えています。


患者さんの精神状態によっては突発的に粗暴になることもありますので、なだめたり、抑えたりしなければいけない時があり、女性の看護師だと結構体力を使うことになります。

 

看護師として薬の配分には神経をつかう

看護師として薬の配分には神経

男性の看護師さんも複数いますので、体力を使う場合には助けてもらえます。これ以外は点滴や処置などの医療行為が他科に比べると少ないのでわりと落ち着いて過ごすことができます


投薬治療が中心なので、薬の配分には神経をつかうのが精神科の特徴といえます。精神科のその他の作業としてはバイタルの確認やADL介助(食事・排泄・入浴)、レクリエーション、カンファレンス、作業療法などがあります。

 

比較的残業が少ないので仕事と家庭の両立がしやすいと言えるかもしれません。ただし夜勤の場合は夜間叫んだりする患者さんもいますので、叫び声のせいで眠れないという看護師もいます

 

 

精神科の患者は長期入院となる

精神科の患者は長期入院

精神科の患者さんたちは長期で付き合うことになるケースがほとんどです。一刻も早く患者さんたちが、本来の生活に戻れるようにサポートするのが精神科の大切な仕事といえます。


その際重要なのは一段レベルの高いコミュニケーション能力です。患者さんに常に寄り添い「心の声」を聴く「寛容さ」が求められます。


もし精神科病院等に興味があれば看護師転職サイトに登録して、キャリアコンサルタントに求人情報を紹介してもらうと良いでしょう。



次へ
ポイント

いかがでしたか?精神科病院等に看護師転職を考える場合は、看護師転職サイトをお勧めします。

 

ただ、看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ