産休中と育休中の看護師悩みランキング

産休中と育休中の看護師悩み

看護師の方が産休や育休を取得するにあたって、悩まれることもあるでしょう。

また実際に産休から育児休暇に入る方もいれば、産休後にそのまま現場復帰される方もいると思います。


看護師は女性が多いため、ライフスタイルの変化に伴い悩みも多く増えます。では、産休中の看護師は今後の看護の仕事として、一体どういったことに悩まれているのでしょうか。ランキング形式でご紹介しています。

 

ランキング

どんな準備をして復帰する?

「看護師として復帰する予定だけどどんな準備が必要?」

どんな準備をして復帰する

10位は、もしも復帰をするとして、どういった点を準備しておけば良いのかということです。

 

ブランクの期間中に変化があることについて、事前に自主的に調べておくことが重要です。産休明け、育休明けの準備については「看護師の産休・育休について」を一度確認してみてください。

 

ランキング

仕事内容に変化があるの?

「仕事内容って変わってる・・・」

9位は、ブランクの期間中に何か職場で変わっていることがあるのではないかということです。


ブランクの期間が長いほど、職場での仕事内容などのシステムに変化があることがあるので、そういった点で戸惑うのではないかという点です。

ずっと勤務していないので、どなたでも不安になります。


ランキング

早退とかしやすい?

「周囲の理解がないと辛い・・・」

早退とかしやすい

8位は、もし子どもが熱を出したりした場合に、休暇を取得できたり、早退をすることができるかどうかということです。


産休や育休の取得実績が少ない病院や、ママさんナースが少ない病院などはやはり早退することや、急に休むことが難しくなります。

 

ランキング

育休中に他の看護師と連絡を取るべき?

「連絡が取りたいようで取りずらい・・・」

育休中に他の看護師と連絡

7位は、育休中に他の看護師と連絡を取っても良いのかということです。復帰する時に不安にならないためにも、育休中であっても、職場の方とは連絡を取り合うようにしましょう。


とはいっても、忙しく働いている現状も分かっているので、メール等でも良いでしょう。

 

 

ランキング

仕事と家庭どちらを優先?

「うーん選べない・・・!」

仕事と家庭どちらを優先

6位は、ご家庭が金銭的に厳しい場合に、仕事優先にするか子育てを優先するかという悩みです。


もし夜勤などもこなされるのであれば、託児所等を利用するという案もあります。

育児、家事、仕事の両立は働く女性の永遠のテーマでもありますね。 

 

ランキング

パートに変更した方が良い?

「産休・育休明けだけどパート(非常勤)に変更しよかな」

パートに変更した方が良い

5位は、家庭の生活や経済面についてです。


もしご家庭の経済面で生活が成り立つならば、パートなどの勤務に変更することも手段の一つです。ご家族と話し合うようにしましょう。


ランキング

復帰したら同僚に嫌がられない?

「未婚、彼氏なし、仕事一筋の看護師の目が怖い・・・」

復帰したら同僚に嫌がられない

4位は、育休から戻ってきた看護師は嫌がれるのではないかということです。


子どもがいると、その子が急な病気にかかったりして突然休んだりするかもしれないと思われがちですし、ブランクで仕事を忘れてしまっているのではないかと周囲に見られてしまうということです。

 

ランキング

育休中に2人目を身籠ったら…

「ブランクがさらに伸びました・・・」

育休中に2人目を身籠ったら

3位は、育休中に2人目を妊娠することについてです。育休に入っている間に再度妊娠される方もいますし、これから先に2人目をもうける計画をすることで、出産時期に悩んでしまうのです。


育休等から復帰した後ですぐにまた妊娠が発覚するケースでは、2人目も出産して落ち着いてから3年後くらいに復帰すれば大丈夫である場合もありますが、3年のブランクは、看護師としては大変な面もあるでしょう。

 

ランキング

復帰しても仕事で付いていける!?

「仕事についていけるか自身がない・・・」

復帰しても仕事で付いていける

2位のお悩みは、復帰したとしても仕事で付いて行けるかどうかということです。


多くの看護師が感じている悩みですが、仕事にはすぐに慣れることができる可能性が高いです。もし不安でしたら、研修を受けるという手段もあります。

 

ランキング

復帰後、勤務形態は変更できる?

「転職も考えちゃうな...」

復帰後、勤務形態は変更

多く悩まれることは、育休が終わっても職場に復帰できるのか、勤務形態を変更できるのかということです。育児をしていくと、お子さんとの時間を大切に考えるようにもなるでしょう。ただ、以前と同じように働くとすると残業などもあるので、お子さんとの時間は減ることになります。


よって、勤務形態を変えられればと考える方も多いです。そういった場合には職場の看護師などに相談することも大事ですし、もし変更し辛い職場であればこの際に転職をするという手段もあります


次へ
ポイント

産休明け、育休明けでも看護師専用の転職サイトは完全無料で利用することができます。


転職するには、看護師転職サイトがおすすめですが・・・・看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


 

 

色々看護師ランキング

 

 

Facebookで新着をチェック!


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ