産婦人科で働く看護師の1日

産婦人科で働く看護師の1日

看護師の中でもとても人気があるのが産婦人科です。生命の誕生に立ち会えるという貴重な経験ができるのが魅力の一つといえるでしょう。

 

このページでは産婦人科で働く看護師の1日や看護師として産婦人科に転職を考える方への注意点をまとめています。

 

大学病院で働く産婦人科勤務看護師の1日

大学病院で働く産婦人科勤務看護師の1日

大学病院の産婦人科に勤務している看護師さんの1日を確認していましょう。

 

  • 8:00~8時の電子カルテで患者さんの情報収集やスケジュールの把握をすることから始まります。
  • 8:30~8時半に夜勤者からの申し送りとカンファレンスを行います。次に医師と看護師全員で患者の状態やケアの方法について検討します。
  • 9:00~9時には点滴準備をはじめつつ、患者さんの清潔ケアや新生児の沐浴を行います。
  • 11:00~11時に授乳が行われているか確認し育児指導も行います。
  • 12:00~12時に配膳し終了次第休憩をとります。
  • 13:30~13時半にはカンファレンスに出席し、14時に検温、育児指導など患者さんとコミュニケーションを取りながら行います。
  • 16:00~16時頃、今日の業務の記録をし、夜勤者に申し送りして17時頃業務を終了します。

 

大病院の産婦人科の働く看護師

大病院の産婦人科ですので、看護師は約40人くらいです。出産は時間を選びませんので基本的に24時間365日休む暇がないと考えておいた方が良いです。

 

夜間に出産が10件を超える日もありますので、体力的にきついと感じるかもしれません。また不妊治療や死産など、患者さんにとって辛い状況にたちあうこともありますので、精神的に強くあることも必要とされる職場です。同じ女性として悲しみを理解しながら精神的なサポートをしていくという難しい職場でもあります。

 

状況によっては過酷な現場でもありますが、生まれてきた新生児の世話が楽しい素敵な空間でもあります。出産経験のない看護師さんたちにとっては将来自分に子供ができた時に役立つスキルなので、一時でも仕事をしてみると良いでしょう。

 

看護師として産婦人科でずっと働きたい場合

産婦人科でずっと働きたい場合

もしずっと産婦人科で働きたいと考えているのなら助産師の資格を取ることをおすすめします。助産師の資格は助産師養成所や大学で1~2年学んでから国家資格に合格して取得できます。簡単に取れる資格ではないですが、病院によっては出産の現場に立ち会えるのは助産師のみのところもあります。スキルアップを考えているのなら助産師の資格を取っておくと良いでしょう。

 

看護師として忙しく業務をこなしている間は中々転職活動がはかどらないかもしれません。特に産婦人科は病院数が多いですが、病院の待遇の良さは差がありますので、実際の雰囲気は行ってみないとわかりません。効率的に転職活動をしたいのなら看護師転職サイトに登録しておくと良いでしょう。待遇についてもキャリアコンサルタントに相談すれば、詳細を教えてくれるはずです。また自分にあった転職先を紹介してくれるかもしれませんから利用してみると良いです。

 

産婦人科に転職する看護師の注意点

産婦人科に転職する看護師の注意点

看護師の転職先として人気の高い産婦人科。しかしICU(集中治療室)の次にハードであると思われているのが産婦人科です。出産は夜でも行われるわけですから、24時間365日休む間もなく勤務することもありえます。例えば夜間に出産が10件もおこるなんてこともありえるのです。

 

近年の少子高齢化や晩婚化の理由で産婦人科を閉鎖しているところが多いです。また他科に比べて訴訟リスクも多いので、産婦人科を取り巻く環境は厳しいと言わざるを得ません。仕事内容も出産だけでなく、不妊治療や育児指導など多岐にわたっているので覚えることも多く中々人材が育ちにくい状況です。

 

新しく看護師の募集をかけても反応はいまいちで、新しい人が入ってくれたとしても激務で辞めてしまう人も少なくありません。それほどハードな職場ですから、単に赤ちゃんが好きという理由だけでな務まらないでしょう。この点を納得した上で、産婦人科の転職を考えた方が良いでしょう。そのほかに転職する際の注意点を挙げてみました。

 

注意点その1「お給与」について

注意点その1「お給与」

大学病院のような大きな病院の方が患者さんたちは安心して受診するようです。

 

しかしどんなにハードな業務をこなしても産婦人科の看護師さんのお給料は他科と変わりません。それに比べて個人クリニックの場合は出産費用などを高めに設定している分、看護師のお給料も良いです。クリニックで夜勤手当がつけば月収30万円くらいになります。詳細を知りたい場合はキャリアコンサルタントに教えてもらうと良いでしょう。

 

注意点その2「夜勤」について

注意点その2「夜勤」

前述しましたが24時間のサポート体制が必要な科ですので、看護師の肉体的に負担は大きいです。血液検査や尿検査などの一般的な業務から妊婦の体調管理など常に緊張して仕事に取り組まなければなりません。

 

家庭との両立は中々難しいかもしれませんので、勤務体制を入所前に確認しておくと良いでしょう。

 

注意点その3「あなたの人間性」について

注意点その3「あなたの人間性」

生命の誕生に立ち会えるという素晴らしい経験ができる科ですが、反面、流産や不妊治療の失敗など、患者さんにとって辛い状況に遭遇することもあります。色々な理由で通っている女性の患者さんに優しく親身になって対応できる豊かな人間性が必要な科でもあります。精神的な強さも必要なところといえるでしょう。

 

産婦人科で長く働いている看護師さんは自分たちの仕事に誇りをもっている人が多いです。自分も先輩たちのように長く産婦人科で働きたいと考えるのなら助産師の資格を取っておくと、さらに仕事の幅が広がって面白いでしょう。詳細はキャリアコンサルトに相談するといろいろ情報をもらえて便利です。

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ