手術室(オペ看)で働く看護師1日の仕事

手術室(オペ看)で働く看護師

手術室で働く看護師の仕事といえば、執刀医に手術器を渡す「直接介助」と、患者さんの容態や医師のために手術環境を整える「間接介助」の2通りの介助があります。

 

オペをスムーズに進めるために手術室の看護師の役割は非常に大きいです。

 

手術室(オペ看)で働く看護師1日と仕事内容についてご紹介していきます。「直接介助」「間接介助」について知りましょう。

 

 

手術室で働く看護師の1日

手術室で働く看護師の1日

手術室で働く看護師の1日の仕事はまず手術予定の確認から始まります。患者さんの疾患や感染症の有無、合併症の有無を再度手術前に確認することで、手術をスムーズに行えるだけでなく事故防止に繋がります。

 

手術が午後から入っているような場合は午前中の空いている時間に中央材料室でガーゼなどの消毒や医療物品の補充を行います。あるいは後日手術予定の患者さんの不安軽減と看護計画を立てます。

 

手術前の事前準備

手術前の事前準備

手術が始まる少し前に医療器具がそろっているかどうかの確認や手術室内の環境が整っているかどうかの確認を行います。手術が始まれば、直接介助や間接介助で手術が滞りなく進むようサポートします。間接介助の間に看護師として記録を残します。手術後はICUなどの看護師に手術中の経過を申し送りします。手術が終わる少し前くらいから同時進行で使用した物品の片付けを始めます。

 

手術前にそろえた物が全部そろっているか確認することで、体内にガーゼ1枚でも残されていないかどうかのチェックになるので、手術室の後片付けは大変重要な作業になります。緊急手術に備えてオンコールの待機をしておくのも看護師の大切な仕事です。

 

手術室(オペ看)で働く看護師は魅力がいっぱい

働く看護師は魅力

看護師の中でも特殊な環境で働く手術室の看護師は緊張感が多い仕事ですが、スキルアップに繋がるので多くのやりがいを感じることができるので大変人気があります。同じ病気の患者さんでも手術の仕方はそれぞれ違うので、1つ1つの手術が自分にとってスキルアップに繋がるので自分が成長していることを実感できるでしょう。

 

「オペ室看護師」としての手当てがつきますし、職場によっては元々の基本給が高く設定されている所も多いので、給料面でも病棟勤務に比べて優遇されています。オペの時間が長ければ残業手当もつきますので、やりがいを感じる上に大幅な年収アップも狙えるので満足できる仕事といえるでしょう。オンコールや当直が大変なので、休日はしっかり休みたいという人には不向きな職場かもしれませんが、看護師として専門的なスキルを身に着けたいと思っている人にとっては魅力的でしょう。転職する際は事前の調査が大切です。

 

手術室(オペ看)に転職する看護師の注意点

転職する看護師の注意点

手術室(オペ看)として働きたいと転職活動をする人が多いようです。看護師の資格を取ったからには専門的なスキルを身に付きたいと思う人が多いからかもしれません。手術室(オペ看)の仕事は緊張の連続ですし、手術が終わっても、当直やオンコールがあるので、休日でも呼び出されることが多いです。

 

休日はしっかり休みたいという人には不向きな職場かもしれませんが、やりがいを感じたいという人なら尻込みせずにチャレンジしてみると良い仕事だといえます。

 

患者とのコミュニケーションは少ない

患者とのコミュニケーション

もう一つ手術室(オペ看)で働く際に注意してほしいことは、患者さんとの接する機会が少ないので、患者さんとのコミュニケーションを楽しみたいと考えていると想像と違うと思うかもしれません。

 

しかし手術前の不安でいっぱいの患者さんに一声かけたり、術後の訪問で優しく接したりなど、密ではないですが患者さんに配慮した接し方を体験できるので、手術室(オペ看)の仕事に転職する際の注意点も考え方次第で解決できます。

 

専門的なスキルや給与アップが可能!

専門的なスキルや給与アップ

その他にも手術室(オペ看)へ転職するメリットとしては専門的なスキルアップを図ることができるという所です。手術機器の準備や術後の後片付けなど専門的なスキルを身に着けることができるので、看護師として自分を磨いていきたいと思っている人には達成感や充実感を味わいやすいでしょう。また基本給が高い上に「オペで働く」手当てもつくので、お給料面で厚遇されています。もしオペが長引けば残業手当もつくので病棟勤務の看護師よりも一般的に年収が多い傾向にあります。また手術の予定はあらかじめ決められていることが多いので、勤務時間が比較的安定しています。病棟勤務のようにシフト制で働くことがないので規則正しい生活を送ることができます。手術室(オペ看)の仕事は立ちっぱなしですし、手術がスムーズに進むよう神経を使う仕事ですので、精神的にも肉体的にもきつい仕事ではありますが、スキルの面でも年収の面でも充実感を味わうことができますので、転職を考えているのなら一度チャレンジしてみると良いでしょう。

 

ただし手術室(オペ看)で働きたいと思っていても向き、不向きがあります。自分の適性が向いているかどうか心配な場合は看護師求人サイトに登録してキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。客観的なアドバイスをもらうことでより、手術室(オペ看)の仕事に面白さを抱くかもしれません。また未公開求人も多くもっているかもしれないので、キャリアコンサルタントを上手に利用して希望に合った手術室(オペ看)の仕事を見つけてください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ