地域包括支援センターで働く看護師の1日

地域包括支援センターで働く看護師

地域包括センターとは地域に暮らすお年寄りやその家族の生活を支援する目的で設立された機関で、日勤のみで働けたり、公務員なみの待遇を受けられたりすることができる看護師の転職先としては大変魅力的なところです。

 

地域包括センターで働く看護師の仕事は介護予防サービスの計画作成や、生活に不安を感じている高齢者やその家族の相談にのるなど内容は多岐にわたっています。利用者からの不安や悩みに対して情報を提供したり、ケアマネージャーが円滑に仕事ができるよう医療機関との連携を図りながら各種手配をアレンジしていったりすることが主な仕事になります。

 

地域包括支援センターでのスケジュールは決まりがない

スケジュールは決まりがない

地域包括支援センターで働く看護師の1日のスケジュールは決まっているわけではなく、利用者の電話やメールによる相談を受けて、利用者宅を訪問したり、医療機関へ出向いたり、各種報告書を作成したりなど座ってデスクワークのみということはほとんどありません。

 

残業はほどんどなく、看護師に人気が高い

看護師に人気が高い

地域包括センターは市町村が運営する場合と、民間企業が委託されている場合があります。市町村運営の地域包括センターでは「土日祝休みで年間休日120日」とか「日勤のみで年収が420万円以上」など公務員並みの好待遇を受けることができるので、看護師として医療行為が少ないですが、大変人気があります。

 

残業はほとんどありませんので、家庭と両立したい方には魅力的な職場といえるでしょう。また、保健師としての求人もありますので、保健師の資格を生かしたいと思っている人にとってもおすすめの職場です。

 

看護師としての”やりがい”がある

看護師としてのやりがい

利用者の抱えている問題は介護の問題だけでなく、健康管理や経済的な問題もありケースバイケースといえます。それらの問題を1つ1つスタッフや関係機関の協力を仰いで解決しいくことに「やりがい」を見出す人が多いようです。地域の人のために問題を解決するという達成感を感じることのできる仕事といえます。基本的に日勤のみですが、虐待の問題など突発的な業務が入ってしまえば土日など関係なく出勤しなくてはなりませんので、もし小さなお子さんがいる方の場合はすぐに子どもの面倒を見てくれる人や施設を確保しておいた方が良いです。

 

地域包括センターの仕事をしていく上で切っても切り離せないのが介護保険制度の勉強です。相談者に適切にアドバイスができるようになるために、常日頃から介護保険制度の弁筐は怠らないようにしましょう。

 

地域包括支援センターに転職する看護師の注意点

転職する看護師の注意点

地域包括センターは地域に住む高齢者やその家族が抱える様々な問題を解決するために各市町村に設置された機関です。市町村で運営されていたり、市町村から民間企業に委託されて運営されていたりします。看護師の転職先としてマイナーな感じがしますが、公務員並みの待遇が受けられると評判の人気のある職場です。例えば「土日祝が固定給で年間休日120日」とか「日勤のみで年収が420万円以上」など、残業もほとんどなく、働きやすい環境が人気の理由です。

 

また高齢者やその家族が抱える問題は多岐にわたります。例えば急に介助状態になってしまって、どうして良いかわからないとか、経済的な問題に直面しているとか、健康状態に不安があるなど、1人、1人悩みが違うので、それぞれのケースに合わせて問題を解決していく能力が必要となってきます。問題が解決した時、地域社会に貢献できているという達成感を感じている人も少なくないようです。

 

看護師として柔軟な対応やコミュニケーション能力が必要になる

柔軟な対応やコミュニケーション能力

高齢者やその家族が抱える問題を解決するには自分ひとりでは解決できません。同僚や各種関係先医療機関など各方面と連携していく必要があります。そのため、柔軟な対応や高いコミュニケーション能力が必要と言われています。また、相談は土日祝など関係ないので、例えば虐待などのような深刻なケースであれば、休みなど関係なく出勤しなくてはなりません。

 

そのためフットワークの良さが大変重要になってきます。地域や人のために尽くすことに達成感を感じることができる人でなければ難しいでしょう。

 

介護保険制度に関して学ぶ姿勢が必要になる

学ぶ姿勢が必要

地域包括センターでの仕事は介護保険制度と密接なかかわりを持っています。複雑な制度を理解して、さらに改正点などがあったらすぐにフォローしていくよう常に勉強しておかなければいけません。

 

介護保険制度に関して勉強が足りなければ、相談者の質問に答えることができないので、常に勉強する姿勢でいることが大切です。

 

求人数が少ないので探すのが困難

求人数が少ない

最後に注意すべきは求人数が大変少ないということです。地域包括センターで働く人の数が少ないため求人数が少ないのです。ケアマネージャーや保健師の資格があり、看護師としての知識や経験があるなど、採用基準がかなり高いので、なかなか就職するのが難しいようです。

 

地域包括センターの仕事がないか市町村のホームページをこまめにチェックすることの他に看護師求人サイトに登録して探してもらうのも良いでしょう。 看護師求人サイトに登録して探した方が効率的に転職活動できるでしょう。

 

地域包括センターの仕事は人気がありますが、求人数は極めて少ないです。地域包括センターで働くことは出来なかったとしても、それに準じた仕事を紹介してもらう可能性もありますので、あきらめずに探していきましょう。

 

 

 

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ