療養型病院で働く看護師の仕事と転職時の注意

療養型病院で働く看護師の仕事

一般の病院と違って療養型病院は慢性期の患者さんのための病床です。そのため患者の症状は急性期を過ぎて安定しているため、濃厚な治療は不要ですが時間をかけた治療や加療が必要なため入院期間が1年以上になることも多いです。

 

患者の状態が安定しているため、一般病床では患者3人に対して看護師1人で配置されているのに対し、療養型病床は看護師が患者4人に対して1人というふうに人数を少なくして割り当てられています。

 

療養型病院で働く看護師の仕事内容

看護師の仕事内容

病状が安定しているため、医療補助の仕事よりは介護にかかわる仕事が多いです。療養型病院の1日の仕事内容をみてみると、オムツ交換や食事の介助、入浴介助など生活の介助が中心です。

 

もちろん体調が急変したときは応急処置を施します。療養型病院は介護が中心なので、比較的楽な仕事だと思われがちですが、決してそうではありません。長期的に介護が必要な方ばかりですので、オムツ交換の際に皮膚トラブルのチェックをして必要であれば軟膏を塗布したり、褥瘡があれば処置をしたりなど、患者さんたちが質の良い入院生活を送るために毎日気を抜くことができません。

 

患者の体調が急変したら残業はある

急変したら残業はある

寝たきりの患者さんの体圧分散などは慣れるまでは腰を痛めたりするので注意が必要です。また介護の状態がすすんだ患者さんの場合は意思疎通が難しい状況もありえます。そんな時は触診や聴診などで全神経を集中して患者の体調の変化に気が付かなければなりません。患者さんの体調が良い時には余裕が少しありますが、体調が急変した時は残業になることもしばしばあります。

 

患者と蜜にコミュニケーションが取れやりがいも感じる

コミュニケーションが取れやりがいも感じる

患者さんと密にコミュニケーションを取ることができるのが療養型病院の良いところだと言えます。患者に合わせた療養プランを練り、医師と連携して患者の容態が良くなることが何よりもやりがいを感じる瞬間だとききます。ただし医療行為が少ないですし、穏やかに時間が過ぎていくので、もっと医療技術をスキルアップしたいとか、どんどん仕事をさばいていきたいという人には不向きな職場といえるかもしれません。その分残業は少ないので家庭と仕事を両立したいと考えている方には良い職場です。

 

療養型病院で働くことによって、深い信頼関係を築こうと努力するのでコミュニケーション能力が向上します。また褥瘡や感染症の分野で認定看護師や専門看護師の資格取得を目指すことができますので、自分のモチベーションしだいでいくらでも広がる仕事だといえるでしょう。

 

療養型病院に転職する看護師の注意点

転職する看護師の注意点

一般病棟に比べて、穏やかな印象がある療養型病院。比較的残業が少ないことから、結婚や出産を機に療養型病院に転職する人が多いです。療養型病院ではオムツ交換や健康状態のチェックなどが主な仕事で医療行為が少ないため、看護師の仕事にブランクがある人にも再スタートを切りやすい職場だといえます。

 

看護師の仕事が楽だと思っての転職は危険!

楽だと思っての転職は危険

療養型病院は急性期の病院に比べて仕事が楽だと思って転職する方が多いのですが、決してそんなことはありません。急性期のように急な体調の変化や入退院などは少ないので、時間的な余裕はありますが、介護が中心なため患者を抱えることが多く肉体的にはかなりハードだと思っていた方が良いです。

 

転職を希望する時は介護が中心だということに注意して行った方が良いでしょう。

 

患者と意思疎通できない場合も多い仕事

患者と意思疎通できない場合も多い

療養型病院は急性期の病院に比べて、患者さんとの関係が密になるので、じっくりと患者さんとかかわれると思う方が多いのですが、寝たきりの状態の方が多いので、うまく意思疎通ができない場合も多々あります。そこにもどかしさを感じ、急性期に戻る看護師が多いです。

 

ですから腰を落ち着けて患者とのんびり付き合っていけるタイプの人の方が向いているといえます。さらに注意すべきなのはお給料があまり高くないということです。

 

夜勤があまりないため夜勤手当を貰う回数は少ない

夜勤手当を貰う回数は少ない

療養型病院は夜勤の回数が少ないので結果的に手取りが安くなってしまいます。これは配置する看護師の数が急性期よりも療養型の方が少ないので致し方ありません。

 

しかし、残業や夜勤が少ない分、自分の時間を確保しやすいので、有意義に時間が使えると開き直った方が良いでしょう。

 

療養型病院では医療行為が少ない

医療行為が少ない

療養型病院では医療行為が少ないですが、もし転職を考えるのであれば先に急性期の病院を経験しておいた方が良いでしょう。

 

とっさの判断能力がつきますし、短時間でも患者とコミュニケーションを取る能力がつくからです。それから療養型に転職しても遅くありません。療養型病院ではオムツ交換や食事介助、入浴介助など生活の介護が中心となります。

 

プライベートを充実させたい看護師には向いている

プライベートを充実

高度な医療技術を学びたいという方よりも、充実したプライベートを実現する方を望んでいる人には向いている職場だといえます。待遇面は病院によって異なりますので、まずはキャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

 

療養型に転職して「早まった」と後悔しないためにも、キャリアコンサルタントに仕事の詳細を聞いたり、病院の雰囲気を尋ねてみたり、自分の性格的に向いているかどうか第三者としての意見を聞いてみたりしてください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ