男性看護師がやりがいある仕事を行うために必要な4つのポイント

男性看護師がやりがいのある仕事

このページでは、男性看護師がやりがいのある仕事をするのに必要な4つのポイントについて紹介します。男性看護師は年々増加しており、必要とされているものの離職率が高い傾向にあります。その理由としては、女性が多い現場であるために馴染むのが難しかったり、やりがいのある仕事を任されなかったりすることが挙げられます。

 

これより紹介するポイントを押さえて、看護師として胸を張って仕事ができる環境を見つけましょう。

 

1.男性看護師が医療現場に必要とされる理由とは?

医療現場に必要とされる理由

日本の少子高齢化率の上昇に伴い医療・介護分野における看護師の需要が年々高まっています。厚生労働省によれば2016年度の就業看護師数は約142万人と過去最高を記録し、そのうち男性看護師数は約10万人と2004年度に比べてその数は倍増していると報告しています。

 

これほどまでに増加していった理由として社会的ニーズの高さからやりがいを求めたり、景気に左右されず安定した生活を送ることができるなどが挙げられます。そうした背景のなかで看護学校に入学してくる男性の数も年々増加しており、とくに製造業や営業など一旦社会人を経験してから入学してくるケースが顕著となっています。

 

男性看護師は増えてきているもののまだ女性の割合が多い

男性看護師は増えてきている

臨床現場ではどこの病棟や老人ホームなどの施設もまだまだ女性看護師の割合が高いですが、それでも一般病棟でも1~3名の男性看護師が在籍するなどちらほら目に付くようになってきました。

 

それでも現在の男女比率は1:15とまだまだ女性の割合が圧倒的に多いのが現状です。

 

女性看護師と比較して男性看護師が重宝されるケースもある

男性看護師が重宝されるケース

しかし性別の違いで大きな病院に断られたり、産婦人科や婦人科を除く特定の科に入れないといったことはなく、むしろ既婚女性が敬遠しがちな夜勤業務を率先して行えるなど就業場所によっては重宝されるケースも多くあります。

 

  • キャリアアップの機会がある

現在では男性の看護部長も多く活躍されるようになり、今後の自分のキャリアアップ形成を図る上でのモデルケースとなってくれています。転職のタイミングにうまく乗ることでキャリアアップや年収を増加することができる場合があるのです。

 

  • 機械に強いという特色を活かすことができる

男性看護師の需要が特に多い職場に、救急や、ICU、手術室、透析室、精神科などがあります。生命の危機にある重度の疾患では扱う医療機器も多くなるため機械に強いといった特色が発揮されています。

 

  • 力が必要な場面で必要とされる

また体位変換などどうしてもある程度の筋力が必要なケースでは女性よりも安定してケアすることができるのも魅力の一つです。このような職場で勤務することは最新の知識や技術を学ぶことができるため大きな経験にもつながります。精神科では患者さんの精神疾患上暴力をふるわれたりすることもあるため女性よりも男性の割合が多くなっています。

 

ポイント

すでに結婚している場合、一家の大黒柱として安定した生活を送ることも非常に重要なことです。転職のタイミングは人それぞれですが看護師としての自分の能力を十分に発揮することのできる職場選びをしたいものです。

 

2.男性看護師が求められる職場はどんな職場?

男性看護師が求められる職場

看護師不足が叫ばれるようになって久しい昨今、かつてまでは女性ばかりだった看護の現場は大きく様変わりしました。女性よりも力があり、かつタフな勤務もこなせるというバイタリティにあふれる男性看護師が病院にいる姿はもはや当然のものになってきています。ただ実際病院やクリニックと言う医療施設で働いて、男性看護師が満足できるのかというのは別の問題です。

 

看護師資格を活かせない職に就くのはもったいない

看護師資格を活かせない職に就く

もちろん満足できている人は多いですし、病院で働くことを自分の天職だと感じられている人も多いというのは事実です。ただ中にはそうした場所で働くことが性に合わず、転職を志すという人もいます。

 

男性が転職をするという際に真っ先に挙がってくるのが一般企業への就職なのですが、せっかく看護師資格を取得したのにすぐに一般企業のサラリーマンになると考えるのはもったいないことです。

 

男性看護師が求められる職場

求められる職場

では男性看護師が働ける職場、求められる職場にはどういったものがあるのかというと、幼稚園や小学校などの教育機関、旅行会社が提供するツアーに同行するツアーナース、治験コーディネーターなど非常に多くの種類があります。看護師資格があるからこそ選べる転職先は数多くあるのです。

 

  • 男性ならではの力が活かせる介護の仕事

その代表例となるのは「介護」の仕事です。少子高齢化問題が指摘されている現代日本に置いて、介護の仕事は今後数十年無くならない仕事であると言われています。大企業すら倒産をする時代を抜けてきたわけですから、このポイントは非常に大きなことです。

 

加えて介護は力仕事が多く、女性ではどうしても力が不足してしまってなかなかできない仕事が多い業界でもあります。そこに女性よりも力のある男が、しかも看護師という資格を持ってくるわけですから、職場からすれば非常にありがたいことになるでしょう。特に人と話すのが好き、コミュニケーションを取るのが好きという人にはもってこいの職場です。

 

  • 精神科などメンタルケア分野での経験が活かせる産業看護師

また最近増えているのが「産業看護師」という働き方です。これは仕事自体は看護と変わらないのですが、職場が病院ではなく一般企業や工場の医務室になります。

 

最近は福利厚生の一環として高いレベルの看護を用意しているという企業も増えており、特に仕事中のメンタルケアを社内で行えるようにしたいという企業が増えています。そのため男性看護師の中でも精神科などメンタルケア分野での経験を持っているという人であれば、産業看護師という職場で強い需要があるでしょう。

 

3.男性看護師の離職を防ぐ2つの方法

男性看護師の離職を防ぐ

まず看護師になるには、指定された大学か看護学校へ行き、国家試験を経て看護師となる訳ですが、その一方で看護師の離職率の高さが問題とされています。その理由の多くが、その激務によるものであると言われていますが、その中でも男性看護師の離職率の高さについては更なる問題であるとされています。

 

女性社会であるために馴染むのが難しい

女性社会であるために馴染むのが難しい

今や男性看護師が決して珍しい存在ではなくなりましたが、それでも看護師と言えば女性のイメージが強いのが一般的であると言えます。そして実際にも、女性が多い職場であり、それ故にその環境に馴染めないといった声も多く聞かれます。

 

やはり男性と女性では、そもそもの物の捉え方や考え方も違い、更に女性が中心となって働く環境にて働くとなると、男性看護師が抱えるストレスは大きいものであると言っても過言ではありません。そしてそこに想像以上の激務と不規則な労働時間なども重なるといった事もあり、尚更離職へと拍車をかけている状態であると言えます。

 

医師との関係性を築くのが難しい

医師との関係性を築く

そしてもう一つの理由としては、医師との関係性も理由とされています。

 

一般的に医師は男性である場合が多く、長く勤務を続けていくにつれ、自分よりも年下の医師が必然的に増えていきます。そして同性で年下の医師に指示を出されるという事に、頭では理解出来ていても、耐えられなくなるといった事により離職を選択するといったケースも報告されています。

 

しかし、前述した通り、看護師になるには指定の学校を卒業し、国家試験を経てその資格を得るのである以上、離職を選択してしまうのは、費用対効果といった面においてはあまり良い選択であるとは言えません。本来であれば離職は避けるべきであるものと言えます。

 

男性看護師の離職を防ぐ方法

男性看護師の離職を防ぐ

では、どうすれば男性看護師の離職は避けられるのでしょうか。ここで重要になってくるのは職場選びであると言えます。職場選びをするにあたって、これより紹介するポイントに注意してみるのも良いかもしれません。できることから始めましょう。

 

  • 男性のスタッフが多く務める職場を選ぶ

例えば、比較的同性のスタッフが多く勤めているといった病院なら、あまり女性のスタッフたちとの問題も深刻にはならないと言えます。

 

  • 良い人間関係を構築する

次に人間関係の構築です。比較的、環境を理由に離職してしまう方の多くは、周りのスタッフとの関係性が希薄である傾向にあり、あまり仕事上の悩みなどを相談出来る人がいない為に、一人で抱え込んでしまう傾向にあると言えます。その為にも、自分から良好な人間関係を築くといった事に務める事も重要になってくると言えます。

 

4.男性看護師がやりがいのある仕事に必要な経歴とは?

男性看護師がやりがいのある仕事

現在男性看護師の方で、違う病院に転職したいと考えている方はいらっしゃると思います。

 

ですが人によっては経歴に左右されるのではないかと考えている方がいるのではないかと思います。そこで、転職の際に有利になる経歴を挙げたいと思います。

 

看護師としての仕事ができないという理由で辞めてしまう人が多い

仕事ができないという理由で辞めてしまう

現在、女性看護師よりも男性看護師の方が圧倒的に人の数が少ないです。ですので一見男性は採用されやすいのではと思う方もいらっしゃるかと思いますが、採用されている分離職率も高いのが現状です。

 

その理由としては、配属先では力仕事など男性ができそうなところしか頼まない、汚物処理など看護師としての仕事を頼まれない、スキル向上・取得ができない、女性スタッフが多い、女性スタッフとのコミュニケーションが取れないということにより誰かに相談はできない又は自分は看護師としての仕事をしているのかと不安を覚え最終的には、辞めてしまうのです。

 

看護師として仕事をするためにあると良い経歴や経験

良い経歴や経験

看護師としての仕事をすることができないのは、看護師としての経歴が何も無い、又は経験が浅い人たちの事例です。では、こういったところでもきちんと看護師としての仕事ができるようになるための経歴とはどのようなものを指すのでしょうか。一つずつ説明していきます。

 

  • 介護術やそれを活かした実務経験

まず介護術を持っているかどうかです。男性看護師が多くいる・求められている場所としてはオペ室や透析科、精神科、泌尿器科、救命救急、ICU(集中治療室)です。とくに精神科や救命救急では介護術を持っている人がいれば非常に病院側としても心強いです。さらにその介護術を利用して現場での経験があればさらに良いです。

 

  • 手術室での勤務経験

次に手術室での勤務経験があるかどうかです。男性看護師が求められている場所としてオペ室や救命救急がありましたので手術室での経験があれば安心して任せることができるので採用されやすいです。

 

  • 会話に支障がないレベルの英語力

次に、コミュニケーションに支障がない程度の英語力があるかどうかです。今の日本には外国の方も多くいます。ですので患者全員が日本人とは当然限りません。患者が外国の方だった場合に英語力が無いと正確な情報を聞き取れない可能性があります。

 

  • 看護師として一定の実務経験

最後に、看護師としての経験がある程度ある、又は特定の科があればそこで何年ぐらい勤務していたかということが重要になってきます。これは採用する病院側としても勤務歴が長い方が様々な経験をしているため安心して仕事を任せられますが勤務歴が浅いと、どの範囲ならできるのか不安に思ってしまいます。ですので転職する際は自分がどのくらい勤務してきたのか確認する必要があります。

 

大きい病院や大きい組織のところでは実践経歴よりも学歴で決めるところもありますので注意してください。

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ