この資格を持っていれば安心!看護師転職を有利にする2つの資格

看護師転職を有利にする2つの資格

このページでは、看護師転職を有利にする2つの資格である介護福祉士、助産師を紹介します。それぞれの資格の取得方法や注意点について詳しく説明していきます。

 

これらの資格は転職を有利にするだけでなく、仕事の幅を広げることにつながるので、スキルアップやキャリアアップにも役立ちます。ポイントを押さえて資格を取得し、希望のキャリアプランを叶える転職に臨みましょう。

 

過度な期待はNG?!介護福祉士の資格

介護福祉士の資格

介護福祉士の資格は、福祉系3大国家資格の1つです。介護や福祉の仕事をしている人がこの資格をもっているかどうかは、今後のキャリアや給料に大きく影響してきます。

 

介護福祉士の資格を取るには、大きく分けて2つの方法があります。

 

介護福祉士の資格を取得する方法

介護福祉士の資格を取得する方法

1つは、福祉系の大学や専門学校で学び、所定の単位を取得して卒業することです。

 

2つ目の方法は、3年の実務経験を経て、毎年1月に行われる筆記試験と3月に行われる実技試験に合格することです。看護師の転職を考えている人は、2つ目の方法で介護福祉士の資格を取得することになるでしょう。2017年1月の試験からは、3年の実務経験に加えて、「実務者研修を受講し、修了した」という条件も追加されるので注意が必要です。

 

看護業務・介護業務の双方を兼ね備えた人材は重宝される

看護業務・介護業務の双方を兼ね備えた人材

介護の仕事をしている人で、仕事をしながら看護学校へ通い、看護師や准看護師の資格を取る人も多いです。

 

介護から看護師への転職を希望する人が主ですが、介護の仕事を続けていく上でも看護師と介護福祉士、両方の資格を持っている人を募集する求人も多いので、仕事の幅が広がるという理由で資格を取る人もいます。看護業務も介護業務も両方できる人材は、どこへ行っても重宝されます。

 

看護の仕事は介護の仕事より給料が高いことに注意

看護の仕事は介護の仕事より給料が高い

すでに看護師の仕事をしている人が、介護業界へ転職を希望する場合、注意点もあります。一般的には、介護の仕事よりも看護師の仕事のほうが給料は良いです。介護の仕事をしている人が資格をとって看護師への転職を目指す人はたくさんいますが、その逆はあまり聞きません。また、同じ仕事をするなら給料は同じになりますので、看護師としての経験があるからといって高い給料をもらうということはできません。

 

面接の時には、なぜ介護の仕事をやりたいのかを必ず聞かれると思われます。その時にきちんと理由を説明できるようにしておきましょう。給料を下げてまで介護の仕事をやりたいという理由をきちんと説明できなければ、怪しまれてしまうかもしれません。

 

転職時に少し有利になるが過度な期待はしないようにしよう

転職時に少し有利になる

介護の仕事は資格がなくてもできる仕事です。3年の実務経験を積んだら、国家資格を受験して介護福祉士の資格にチャレンジしてみるとよいでしょう。しかし、この資格はお金と時間をかけてまでとるような資格ではないという意見もあります。この資格がないとできない仕事というのはあまりないからです。

 

資格手当てがついて給料が上がったという人がいる一方で、資格をとったのに給料がかわらなかったと言う人もいます。過度な期待はせず、転職の時に少し有利になるという程度で考えておくとよいでしょう。

 

介護福祉士に関しては「介護福祉士へ看護師資格でキャリアアップ」に資格取得の詳細が記載されています。

 

 

合格率9割を信じてはいけない?!助産師になる方法

助産師になる方法

助産師は看護師が取得できる別の資格だと言えるでしょう。転職するのには有利になると考えられますが、それ自身が国家資格であると言うことから、国家試験に合格しなければならないですから、実は難しいものだと言えるでしょう。

 

また、国家試験の受験資格もありますから、誰もがなることができるものではありません。

 

助産師の資格を取得するまでの基本ルートについて

基本ルートについて

受験するためには、看護について大学や専門学校で学ぶことがまず必要とされます。そして、看護師の国家試験に合格しなければなりません。合格した上で、さらに養成学校で必要な知識を身につけて、実習もこなします。これだけをこなした上で、やっと受験資格を得ることができます。

 

これが基本的なルートですから、学校を選ぶ時点できちんと理解しておくことは必要なことだと言えるでしょう。

 

看護大学生の場合、看護師と助産師の両試験を受けられる

看護師と助産師の両試験を受けられる

ただ、ほかにもいくつかの方法があって、たとえば4年生の看護大学などの場合には、看護師の養成課程の中に、助産師を養成するためのカリキュラムを組み入れているものもあります。ここで学んだ場合には、大学を修了した時点で、両方の国家試験を受けることができます。

 

もちろんですが、助産師の国家試験に受かって、そして看護師の国家試験に落ちた場合には、どちらの資格も得ることができません。

 

受験資格が得られればかなりの割合で資格取得できる

受験資格が得られればかなりの割合

転職には有利な資格であると言うことは事実ですから、取得したいという方も大勢おられることと思いますが、競争率は高いと言うことは知っておいた方が良いでしょう。国家試験の合格率が9割を超えていると言うことですから、まじめに授業を受けて、まじめに実習で技術を習得しておけば、合格できる可能性は非常に高いと考えられるのです。

 

しかしながら、それは受験者に対する合格者の割合を意味していますから、つまり受験資格を持っている人ならかなりの割合で合格するという意味しかありません。合格率だけを見れば合格しやすいイメージを持ってしまいがちですが、実はそうではないのです。

 

養成学校に入学するのが最難関

養成学校に入学するのが最難関

最も大きいハードルは養成学校に入学することだと言えるでしょう。看護師を養成する学校は充実しているのですが、助産師を養成する学校は非常に数が少ないです。ですから、競争率は非常に高いと言わざるを得ないでしょう。看護師として働きながら勉強をして入学する人もいますから、一旦働くというのも良い方法です。

 

しかし、働きながらでは勉強の時間を十分にとることができないですから、なかなか大変なことだと考えられます。現実的に考えれば、学生のうちに養成学校の勉強をしておくのが理想的です。

 

助産師の資格に関しては「助産師の資格を現役看護師として取得する3つのポイント」を確認してください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ