意外と好都合?!看護師が夜勤専従で働く5つのメリット

看護師が夜勤専従で働くメリット

このページでは、看護師が夜勤専従で働く5つのメリットを紹介した後、夜勤明けの正しい過ごし方について説明します。夜勤専従は大変かと思いきや、たくさんのメリットがあることを知っていますか?これより紹介するポイントを踏まえて、自分のライフスタイルに合った働き方を見つけ、転職活動に臨みましょう。

 

また、夜勤専従看護師の転職は人気が高まってきています。夜勤手当がつくことから高い給与がもらえたり、生活リズムがつくりやすかったり、日中の時間を自由に使うことができるといった、いくつかのメリットがあるためです。これから紹介するメリットについて一つ一つ確認していきましょう。

 

1.勤務日数が少なくても常勤看護師と同等の給与

常勤看護師と同等の給与

そのメリットの一つに、月全体でみると夜勤回数は、常勤看護師の勤務日数に比べて少ないのにもかかわらず、一カ月トータルの給料で比較するとそれほど変わらないということがあげられます。

 

常勤看護師の場合は、日勤や夜勤をこなして基本給に夜勤手当が加算されていきますが、夜勤専従看護師は夜勤のたびに夜勤手当が加算をされますね。その夜勤加算があるので勤務日数は少なくても給料は同じという状況が生まれるのです。プライベートを重視する人や昼間の時間を自分のスキルアップに使用したい人などには勤務日数が少ないことは魅力的ですね。

 

2.生活リズムがつくりやすく体調を崩しにくい

生活リズムがつくりやすく体調を崩しにくい

次のメリットは夜勤ばかりなので体調を崩しにくいということがあります。日勤と夜勤を交互に働いていると、実際は生活のリズムが崩れたりして、身体的に辛いこともあります。

 

また身体的疲労が強くなると、休んでも休んでも疲れが取れないということもあります。

 

それに比べて夜勤専従看護師はどうでしょうか。夜勤ばかりを繰り返すので、勤務時間が安定しています。夜勤という本来人が寝るべき時間に働くということは始めはつらいですが、体がそのリズムに慣れてくるとそれが継続するだけなので、楽に働けるようになります。そして慣れてくると身体的にも精神的にも楽になるのですね。

 

3.派遣看護師として働くと負担が軽減される

負担が軽減される

夜勤専従看護師の働き方としては、病院に就職をする、派遣会社に登録をして派遣される方法、アルバイトとして入職する方法もあります。病院に就職をする方法を選んだ場合には病院のスタッフであるために、病院の委員会や病棟会議、看護研究への参加などをしなくてはいけない場合も多いです。

 

しかし、派遣会社から派遣される場合には、それらの雑務をこなす必要はありません。また派遣看護師は、本来不足している看護師を補うために派遣される看護師なので、リーダー層をすることなく、介助ナースとして夜勤専従をすることも少なくありません。看護師の責任は大きなものですが、派遣という働き方を選択した場合には、負担が軽減されるので、今人気の高まっている転職方法の1つです。

 

4.日中の時間を自由に使うことができる

日中の時間を自由に使う

子育て中ナースも夜勤専従という働き方に注目をしています。なぜなら、夜間帯は生活のために働くけれど、昼間は家族のために時間を使うことが出来るからです。

 

子育てが必要な期間だけで専従で働くというケースもありますし、日中に時間が欲しい人からすれば都合の良い勤務スタイルとも言えるのです。

 

5.人間関係で苦労することが減る

人間関係で苦労

その他にも人間関係で苦労し難くなるというメリットもあります。日勤で働く場合ですと看護師の数が多いですし、それゆえに人間関係に気を遣う必要が出てきます。また、日中は患者とも上手くやっていく必要がありますので、そちらの方でも心労が重なってしまうこともあるはずです。

 

しかしながら、夜勤をする時には看護師の人数が少なくなりますし、患者と関わる時間も短くなりますので人間関係にも苦労し難くなるのです。ですからあまり人間関係では苦労したくないという時には専従での働き方を選んでみるのも選択肢の一つと言えるでしょう。

 

転職を希望される方は、「夜勤専従看護師の求人が多い転職求人サイトランキング」を確認してみてください。

 

どうするのが正解?夜勤明けの正しい過ごし方

夜勤明けの正しい過ごし方

労働場所が変われば、待遇も従来と同一とはどうするのが正解?夜勤明けの正しい過ごし方言えなくなります。今までは昼間の勤務だけだったけれども、転職をきっかけに夜勤に臨む必要性が生じることはよくある話です。特に顕著なのは看護師が転職した場合で、能力向上などを図った結果として昼間と夜間の勤務を交代しながら働くことは珍しくありません。

 

看護師として当該労働が初めてであれば、夜勤明けの過ごし方を心得ておくことが賢明です。最初のうちは気力だけで乗り切ることも可能ですが、同じ労働条件が何年も続けば正しくない夜勤明けの過ごし方のせいで体調を崩しやすくなります。長く安定的に看護師の職務を全うするためにも、考えておくべきことです。

 

夜勤明けには十分な休息が必要

夜勤明けには十分な休息

夜が明けて1日の始まりを強く意識する陽の光が見えてくれば、終業時間が到来していても活動的に遊びたくなる看護師は少なくないです。勤務体系が似ている友人が存在していれば、連絡を取り合って清々しい空気を味わいながら街へ繰り出すことは想像に難くありません。気分転換を目的として遊ぶことは良いのですが、夜勤明けの過ごし方としては正しくないと言えます。

 

自覚していなくても、看護師として働いた直後の体には疲労が蓄積されます。むやみに動き回っていると、知らず知らずのうちに過労状態に陥る可能性が否定できません。それほど疲労を感じていなくても、夜勤明けには十分な休息を取る過ごし方を徹底するべきです。当該勤務に割増賃金が適用されているのは、もともと人間の体は昼間に活動することを前提に作られているからです。労働の負荷が大きくなくても、実際には大きな負担がかかっていると考える必要があります。

 

夜勤明けであっても適度な運動が必要

適度な運動が必要

休息を取ることは大切である一方、適度に運動もしなければなりません。転職したばかりの看護師は気疲れしやすいですが、それを理由に体を休めてばかりいると運動不足に陥ります。看護師は健康を維持して万全の状態で患者と接する必要があるので、夜勤明けであろうとも少しばかりの運動は欠かさないようにすると良いです。

 

息が切れるほど走るような内容でなくても、長距離を歩くだけでも効果はあります。四六時中歩いていると自覚しやすい看護師でも、実際上はそれほど距離を移動していません。業務中に動き回っていると信じて疑わず夜勤明けに休んでばかりの過ごし方を続けていると、消化の働きが芳しくなくなるなどの現象が起こります。転職直後であろうとも、健康的な看護師を目指すのなら終業後の運動は欠かせません。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ