失敗しない!前職が異業種・経験の少ない看護師転職のポイント

前職が異業種・経験の少ない看護師転職

ここでは、前職が異業種であったり、経験年数が少なかったりする看護師の転職で押さえたいポイントについて紹介します。看護師は常に不足しているため、条件によって転職に有利・不利があってもあきらめる必要は全くないのです。

 

これより紹介する、異業種からの転職で注意すべき点や経験年数が少ない場合に知っておきたい転職のポイントを押さえ、看護師転職を成功させましょう。

 

異業種からの転職で知っておきたいポイント

異業種からの転職

他の業種に比べ、高給な看護師業界。女性が自立して暮らせるだけの給料がもらえる魅力的な職業です。慢性的な看護師不足により、売り手市場なため、現在の職場が気に入らなかった場合でも、転職しやすいのも特徴です。安定した給料、社会的地位の高さ、やりがいなどから看護師を目指す若者は多いです。

 

それは、高卒に限ったことではありません。社会人になってからも目指す人は昔に比べ、ずいぶんと増えています。異業種からの転職も増えているのです。

 

シフトの融通がきくアルバイトを探してお金を工面する

シフトの融通がきくアルバイト

準看護師になるには最低2年、看護師になるには最低3年はかかります。まず看護学校の学費、学校に通う間の生活費を工面しなければなりません。ほとんどの人はアルバイトをして、学費や生活費を工面しています。奨学金を利用する人もいます。

 

学校の勉強だけでも予習、復習があり、覚えることがたくさんある上、アルバイトもするとなると疲労がたまります。うまく両立できる、シフトの融通のきくアルバイトをすることがポイントです。

 

コミュニケーション能力を要する

コミュニケーション能力を要する

看護師の仕事はチームワーク、協調性がなにより重視されます。一般企業で、それほどコミュニケーションが重視されていなかった職種についていた人は、この差に大きく驚くようです。

 

なので、看護師の専門学校に入学する前に、自分がチームワークを重視する職場に適応できるのかを考えなければなりません。そうでなければ、看護師になってから悩んだり、看護とは別の仕事に就くことになりかねないからです。

 

女性特有の職場であることを理解する

女性特有の職場であることを理解

看護の処置などはルールが決められていますが、人のお世話という部分では答えがない場合が多く、看護師それぞれで仕事のやり方が大きく異なっています。それに対応していく力も求められます。また女性がほとんどの職場なので、女性の職場特有の働き方があります。

 

例えば、有益な情報交換が休憩時間や勤務中の雑談の中で交わされることが多いということです。なので仕事と割り切って仕事だけの付き合いをしていると、自分だけ必要な情報を知らなかったということが起こります。女性特有の付き合いになれる必要があります。

 

夜勤があるということを知っておく

夜勤があるということを知っておく

勤務形態は正社員である常勤であれば、夜勤がつきものです。睡眠の時間が不規則になり、体調を壊しやすいです。若い時は適応できても、中年以降になると無理がきかなくなります。

 

ただし、現在は、日勤常勤・非常勤・夜勤専従・パートなど様々な働き方を選べる病院が増えているので、給料さえ気にしなければ、働き方は柔軟に選べるでしょう。

 

ポイント

医療の世界は日進月歩です。ベテランになっても新しい知識や技術など覚えることはたくさんあるので、刺激的で飽きることのない職種です。新卒で看護師になるよりも、外の世界の大変さを知っているので、社会人からの転職者は長く続けやすいと言えます。

 

経験年数が多い方が看護師転職は有利?

経験年数が多い方が看護師転職は有利

看護師として転職して第二の人生を送りたいと思っている人は、日々色々なことを考えながら就職転職活動をしているものです。常に求職者の頭の中には憧れの看護師として転職を成功させた後の、ナース生活のことがあるのです。

 

しかし、いくら看護師としての人材が不足している現代日本社会であったとしても、全く経験年数がない人が果たして立派な看護師になることが出来るのかどうか、不安に思っている人は意外にも沢山いるものであり、それも無理はない当然の話です。特に日本人は非常に謙虚な生き物ですので、必要以上に自分自身の実力ややる気を過小評価しがちになってしまうものです。

 

経験年数は多い方が良い

経験年数は多い方が良い

結論から言ってしまえば、もちろん経験年数というのは多いに越したことはありません。

 

看護師というのは大切な他人の命を扱う仕事ですので、ちょっとした小さなミスでも許されません。一般的には経験年数が多い人というのは少ない人に比べて、ミスをしてしまう確率が低いものです。だからこそ一つの病院やクリニックに応募者が殺到した場合、最終的には経験年数の多い少ないが採用に決定的な影響を与えてしまうことだってあるのです。

 

経験年数が少なくても諦める必要はない

経験年数が少なくても諦める必要はない

しかし今現在経験年数がそれ程ないと思っている人であったとしても、看護師としての転職を諦めてしまう必要はありません。

 

千里の道も一歩よりという言葉がありますが、誰だって最初はゼロからのスタートだったのです。経験豊富な婦長のような人であったとしても、最初はひよっこの新人だったのです。だから経験年数の少ない人の場合は、これから実務を通じて必要な知識や技術を身に着けていくのだとの貪欲な気持ちを持って、業務に当たっていく心構えさえあれば良いのです。

 

わからないことはベテラン看護師に質問する

ベテラン看護師に質問する

だからといって大切な患者を実験台や研修の為の道具のように使うことは出来ません。なのでミスは絶対に起こさないように努々気を付けるべきであるし、そうであるからこそ最初のうちはベテランの先輩看護師と一緒に仕事をすることになっているのでしょう。

 

そしてミスを起こさずに一日も早くベテラン看護師として巣立つ為には、分からないことがあったらすぐにベテラン看護師に質問をして解決することです。いつもそばにいて一緒に仕事をしていく先輩というのは、新人看護師にとって一番の理解者であり相談者になるものです。なので恥ずかしがらないで、迷惑をかけてしまうかもしれないということを考えずに、何でも質問をして自分の経験や知識にしていくことが大切なのです。

 

経験1年未満の転職はできる?

経験1年未満の転職

一般的に、短期間で転職をくりかえす人材は、採用者側からすると敬遠されがちです。人材というのはいくら即戦力と言われるような優秀な人であっても、その職場でのやり方を覚え、一人前になるまでに一定の期間がかかります。その間は、教える側にとっては業務が増えるため、作業効率は下がってしまいます。

 

また、採用のためにおこなう書類選考、面接などは時間も手間もかかっています。このような理由から、採用側はなるべく長く職場にいてくれる人材を望んでいますし、そのために短期間で転職を繰り返していると思われる人材は敬遠されるのです。

 

可能な限り長い間働いてくれる人材が求められている

可能な限り長い間働いてくれる人材

看護師の世界においても、同じことが言えます。看護師の業務は覚えることがとても多い専門職であるため、教育にかかる時間と手間はたいへんなものです。

 

また、ただでさえ人材不足なので、可能な限り長い間働いてくれる人材が欲しいというのが採用側の本音なのです。

 

1年未満の転職は不利だが応募をためらう必要はない

転職は不利だが応募をためらう必要はない

とはいえ、実は看護師の仕事は1年未満での転職が多い業界でもあります。もともと女性の多い仕事なので、プライベートの妊娠、出産をはじめとした結婚、介護など、さまざまな理由から人の出入りがはげしいからです。

 

そのため、1年未満の転職は不利になることは事実ではありますが、必要以上に引け目を感じ、応募をためらう必要はありません。

 

短い間で得たスキルや知識を正直に開示する

短い間で得たスキルや知識を正直に開示

ただし、履歴書をいつわるようなことは絶対にやめましょう。

 

税金や保険の関係で、職場の人にはいずれバレてしまう可能性が高いですし、うそをつく人材のほうが信用性は低いでしょう。1年未満でやめてしまい、人に誇れる経験がないと思っていても、本当に何も得なかったということは少ないはずです。よく自己分析し、短い間ではあったものの身に付けたスキル、得た知識、経験を思い出しましょう。

 

面接の際などで前職について触れられたら、短い間ではあったものの得たものがあった、と自信を持って言えることをひとつは用意しましょう。

 

退職の理由は家庭の事情と濁すのが無難

退職の理由は家庭の事情と濁すのが無難

辞めた理由は、履歴書では一身上の都合で、でかまいません。面接であまり深くつっこんで訊かれることは現在少なくなってきていますが、家庭の事情で、あたりで濁しておくのが無難です。

 

その質問は早く切り上げて、新しい職場への意欲を見せる答えをしたほうが好印象です。

 

空白期間の過ごし方についてアピール材料を用意する

アピール材料を用意する

同時に、空白期間は自分でも勉強会やセミナーに参加したり、自己学習するなど看護師としての勉強をおこたらないようにすることで、面接の際にもアピール材料にしてしまうくらいの意欲を持って望めれば問題ありません。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ