人間関係で転職したい看護師におすすめ!訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容

このページでは、訪問看護の看護師転職で知りたい仕事内容について紹介していきます。人間関係に悩んで転職を考える看護師は多いのではないでしょうか。そんな中でおすすめできるのが訪問看護です。訪問看護は、実質1人での訪問が多いので知識や技術が必要である反面、人間関係に悩むことが少ないのです。仕事内容を押さえ、転職活動に臨みましょう。

 

あなたは知っている?訪問看護の仕事内容

訪問看護の仕事内容

看護師は男性が増えてきたといっても女性が多く、派閥が生じたりする事もあります。その問題に関わらないようにしたいと思う看護師は多いですが、同じ職種であるために関わることは避けられません。

 

看護という仕事に魅力はありますが、女性が多いという事もあり、人間関係で悩んでしまう事も多い職業です。そこで、お勧めする働き方は訪問看護です。今や地域では必要な看護であるといっても過言ではありません。

 

利用者のニーズに合わせて看護も細分化されている

利用者のニーズに合わせて看護も細分化

仕事内容は患者さんのご自宅に訪問して看護を行います。在宅で療養している利用者によっては受けたい看護が異なるために医師の指示も異なります。ターミナルで生活している場合もあれば、社会復帰を目指してリハビリを必要としている利用者もいます。

 

各々のニーズに応えるために看護も細分化されており、リハビリに特化、ターミナルに特化しているなどの訪問看護ステーションが数多くみられるようになりました。

 

病棟勤務以上に日常に密接した看護を行う

病棟勤務以上に日常に密接した看護

病院勤務の場合、他の職種と連携をとっていたように、訪問看護では地域との連絡を取ることが必要で、病院や施設、保健所地域センター、ケアマネなど利用者が関与している地域との連携が重要になってきます。

 

病棟勤務以上に日常生活の援助を行う機会が増えるだけでなく、自宅にある物を利用しての援助になるために臨機応変な対応、利用者のニーズに看護の知識を組み合わせて出来うる限り応えるようにしなければなりません。

 

利用者だけでなく家族の精神的ケアを行う必要がある

利用者だけでなく家族の精神的ケア

また、利用者だけではなく、利用者に関係する家族のケアも行わなければなりません。

 

特にターミナルの場合、先が見えてしまう介護に疲れてしまう介護者も存在するため、介護者である家族の心のケアも十分に行えるような看護が必要となります。

 

スキルのない看護師には精神科がおすすめ

新米看護師で手技に自信がなく、病棟で働く事にも疲れているのであれば精神科に特化した訪問看護もあります。精神科の場合には服薬管理や日常生活のアドバイスなど生活に密着した看護であるため手技を行う機会は殆どないため、転職の一つとして検討してみるのも一つの手段といえます。

 

訪問看護は、日中に訪問を行うために看護師自身の生活リズムを作りやすく、仕事とプライベートを両立させて楽しく働く事が可能です。

 

訪問看護のをするのに知っておきたいポイント

訪問看護のをするのに知っておきたい

訪問看護とは病気や障害を持っていても、住み慣れた地域や自宅でその人らしく療養生活を送れるように、訪問看護ステーションから看護師が生活の場に訪問し、看護ケアを提供しながら自立への支援、療養生活を支えていくサービスをいいます。

 

訪問看護師の数は十分でないのに需要は高まる一方

需要は高まる一方

現在、全国におよそ3万人ほどの訪問看護師がそれぞれの地域で活躍されていますが決してその人数は十分であるとはいえません。2025年には現在の団塊世代が75歳以上となる2025年問題に向けて国はこれまでの病院医療から在宅医療にシフトさせていくという指針を打ち出しています。

 

これまでは病院や診療所などに勤務する看護師を対象とした政策指針が取られていたため、訪問看護師に対する積極的な指針はありませんでした。しかし高齢化率の上昇や、医療費抑制の問題を解消していくためには訪問看護師の人数は現在の5倍の15万人が必要となるといった試算もあります。

 

実質1人での訪問が多いので知識や技術が必要である

知識や技術が必要である

現在の訪問看護師の多くは病院やクリニック等の医療機関を経験して転職したケースが多いため、新卒を含めすぐに訪問看護を始めるケースは非常にまれであるといえます。

 

その背景には訪問看護は実質1人で訪問することが多いため、知識や技術の不足から自信が持てなかったり医療事故を恐れてしまうことがあります。

 

医療機関にはない訪問看護の魅力がある

医療機関にはない訪問看護の魅力

ある民間の調査会社によると訪問看護師の求人数に対して応募者数は1/10程度にとどまるなど、人気の高い内容とは言えません。しかし訪問看護には医療機関にはない魅力がたくさんあります。

 

例えば、1日の訪問数は約5件前後と決して多くはありません。それに加えて、医療機関と比べて介護の部分が少ないためしっかりと利用者さんと向き合えることや、夜勤がないため子育て中の看護師にとっては非常に働きやすい環境となっています。

 

包括的な看護計画をするマネジメント力が必要

包括的な看護計画をするマネジメント力

また訪問看護師に求められるのは疾患や医療機器に関する知識や技術よりも、看護を提供するためのマネジメント力であるといえます。

 

病院とは異なり、どのように支援していけば利用者の療養生活のなかにある目標を達成できるのか、どのような社会資源を活用していくのか、ご家族へのケアはどうするのかなど訪問看護では包括的な看護計画を立てていかなければなりません。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ