こんな働き方が…!病院以外への看護師転職でおすすめの職場7つ

病院以外への看護師転職

このページでは、病院以外への看護師転職でおすすめの職場について紹介します。

 

病院で働くのと比較して忙しさや待遇など、希望の条件を明確にしてみてください。特殊な職場もありますので、ぜひこの機会に理解を深め、希望の条件に合った職場を見つけていただきたいです。

 

1.レジャー施設の医務室への看護師転職

レジャー施設の医務室への看護師転職

社会の変化に伴う職業環境の流れから、看護師の職場は病院のみにとどまらず、様々な場面での活躍が期待されるようになりました。

 

転職について考える時、病院での看護師としての勤務以外の可能性も視野に入れる事で、より条件の良い、自分のニーズにも合った職場を見つける事ができると言えます。今回はその大きな流れの一つである、レジャー施設の医務室での勤務について考えてみましょう。

 

レジャー施設によって看護内容や必要な知識が異なる

看護内容や必要な知識が異なる

レジャー施設と言っても様々で、遊園地やテーマパークの様な施設、デパートやショッピングモールといった大型の商業施設、またプールや大型の運動公園といった、利用者の運動が伴う施設もあります。それぞれの施設によって必要とされる看護内容や知識などにも差が生じてきます。

 

  • 遊園地やテーマパークの医務室での看護師の仕事

まず遊園地、テーマパークの医務室での勤務では、多くの施設が屋外にある事から、季節による体調不良、夏であれば熱中症やそれに伴う脱水症状、冬であれば低気温が引き起こすケガなどが挙げられます。どれも処置が遅れれば命にも関わる危険な症状ですので、状況を的確に素早く判断し、自身の責任において対処する事が問われます。

 

  • デパートやショッピングモールなどの大型商業施設での看護師の仕事

デパートやショッピングモールなどの大型商業施設では、多数訪れる高齢者の突然の症状の悪化や不慮の怪我などへの備えが必要です。お年寄の身に起こる不調、怪我も多岐にわたり、想定外の事態が起こる危険性もかなり高いので、幅広い知識と対処の経験で備えておく必要があります。

 

  • プールや大型の公園での看護師の仕事

プールや大型の公園では、全ての施設利用車の行動が怪我と隣り合わせであるという、非常に危険な事故が起こる可能性が高い状態であるといえます。監視員や他のセクションのスタッフとの連携を取りながら、何かが起きた時に迅速に対応できるスキルが必要不可欠です。

 

看護師が全責任をもって治療にあたる

看護師が全責任をもって治療

どのケースにおいても、医務室に常駐の医師がいるというのは非常にまれなケースで、基本的には看護師が全責任を持って現場での処置、治療に当たるという場合がほとんどです。これは何かあった時は現場のすべての人が看護師に頼る状態になるという事で、精神的な負担も相当な大きさになる事が予想されます。

 

そういった場合にも焦らずに冷静に的確な対処法を見出し、現場での処置に限界があると判断した時はしかるべき医療施設と連絡を取る事もとても重要です。

 

求人を探す場合に関しては「人気の企業医務室看護師求人が出る看護師求人サイトランキング」を確認してみてください。

 

2.献血関連施設への看護師転職

献血関連施設への看護師転職

看護師の仕事は時間が不規則で体力を必要とし、病人を相手にするために精神的な負担も大きい仕事が多いのは事実です。

 

しかし、規則正しい勤務形態であり体力も必要とせず精神的な負担がない仕事も存在します。その代表的な仕事が献血関連施設の仕事です。献血センターや血液センター、病院内の献血施設が主な仕事場です。

 

献血関連施設で働く看護師の仕事内容

献血関連施設で働く看護師

仕事内容は採血と献血者の事前検診とケア、保健指導の3つが主業務です。病院看護と異なり病気の人や怪我をした人を相手にするのではなく、健康な人を扱う業務であるという特徴があります。基本的に単純な作業となるため精神的な負担が少ない仕事です。

 

献血関連施設で働く看護師に求められるスキル

献血関連施設で働く看護師に求められるスキル

看護師が献血センターや血液センター、病院内の献血施設献といった血関連施設で働くのに必要なスキルはなんでしょう。健康な人に対して接する看護師に求められるスキルとはなんでしょう。下記の必要なスキルについて詳しく確認していきましょう。

 

  • 単純作業を繰り返し正確に行う採血のスキル
  • 提供者の不安を和らげるコミュニケーションスキル
  • 単純作業を繰り返し正確に行う採血のスキル

 

求められるスキルは採血スキルです。1日に数多くの作業をこなさなければならないため素早く正確なスキルが必要です。体力も必要ありません。ただ、単純な作業を繰り返し正確に行う集中力を持続するスキルを持っていなければなりません。

 

  • 提供者の不安を和らげるコミュニケーションスキル

健康な人ではあっても、身体から血液を抜かれることには少なからず不安を覚えます。そんな血液提供者の心の不安を和らげてあげるのも看護師の仕事です。緊張している人に笑顔で話しかけてあげたりするコミュニケーションスキルも必要です。血液検査を行った時に何か問題が見つかれば保健指導を行う知識も身に付けていなければなりません。

 

働きやすさを重視したい看護師におすすめ

働きやすさを重視したい看護師

業務は不測の事態に対処するものではないため夜勤や急な呼び出しもなく、不規則な勤務形態とは無縁です。規則正しい生活を送ることが可能です。残業もほとんどありません。

 

その分給与面では一般的に病院看護より低くなってしまいますが、子育てしながら働きたい看護師など、働きやすさを重視したい人には適した仕事です。

 

献血関連施設の看護師求人の探し方

献血関連施設の看護師求人の探し方

献血ルームや血液センターの求人は日本赤十字社のホームページで随時募集されているので、定期的にチェックしましょう。

 

また、看護師転職サイトなどの利用も有効です。非公開の求人情報などもアドバイザーに教えてもらうことができるのでより多くの情報を得ることができます。履歴書や職務経歴書の書き方や面接の受け方などなど採用されるためにアドバイスもしてくれます。

 

看護師転職サイトは「健診センターの看護師求人が多い転職サイトランキング」などを確認してみてください。

 

ポイント

怪我や病気で手術を行う時に輸血はなくてなならないものです。そのための血液を用意する採血業務は必要不可欠であり高い安定性があります。看護師として将来的に安定した仕事に就きたい、長く働ける看護師の職場に転職したいなど考えているのなら献血関連施設での仕事も選択肢の一つにいれてみてはいかがでしょうか。

 

3.大学の保健管理センターへの看護師転職

大学の保健管理センター

看護師が働く場所は、必ずしも病院である必要はありません。現代社会では病院以外の様々な場所で、看護師の需要は多くなっています。

 

転職先として大学の保健管理センターをご存知でしょうか。

 

大学の保健管理センターで働く看護師の仕事内容

大学の保健管理センター

大学の保健管理センターでの仕事内容は、学生や教職員の健康診断を実施し、感染予防の指導や対策・緊急の怪我や病気への対応・メンタルヘルスケアや諸々の健康相談などとなります。看護師だけが一人でこれらの管理を行うのでなく、多くの保健管理センターは産業医・カウンセラー・臨床心理士・保健師などのスタッフを揃えて、彼らと連携して学生・教職員の健康管理を行います。

 

大学ならではの看護師の仕事

大学ならではの看護師の仕事

上記で紹介した業務は、一般企業で働いている看護師と同じ内容ですが、その他に、大学の保健管理センターならではの看護師の仕事もあります。学生に対しての保健指導や怪我の応急処置、カウンセリングといった業務が挙げられます。それぞれ確認していきましょう。

 

  • 保健衛生教育のような指導、怪我の処置

例えば、大概の学生はバイトをしています。飲食店や販売員、工事現場などそれこそありとあらゆる業種の仕事についています。そうなると怪我もありますが、何処かで新型インフルエンザのような恐ろしい感染が広がらないとも限らず、保健衛生教育のような対策も重要な仕事になります。

 

その他には、時事問題ともなっている学生の飲酒についての対策や、スポーツサークル活動での怪我の応急処置などの考慮が必要となってきます。

 

  • 学生の心の問題に対してアドバイスを行う

さらに健康管理の上で心の問題は重要となります。大学に馴染めない、都会の暮らしでの孤独や不安、人間関係、就職活動や恋愛の拗れなどなどストレスが大きくなり最終的にネガティブな感情に流されて大学自体へ行きたくないとか、退学してしまうことも起こり得ます。そうならないように、看護師が適切なアドバイスを与える役割を担います。

 

以上のように若者とのコミュニケーションが苦にならない、単独で仕事をするよりもチームを組んで取り組みたい人に向いた仕事といえます。

 

雇用パターンは大学の運営方法によって異なる

雇用パターンは大学の運営方法によって異なる

看護師を採用する大学や専門学校の保健室や保健管理センターは全国の国立・私立に存在し、雇用パターンはその大学の運営方法によります。医科大であると付属病院に委ねられ、採用も付属病院となります。大学の運営本部が採用する場合、こちらは医科大と違い派遣や異動がなく、同じ大学の保健管理センターでずっと働くことが可能です。

 

転職に有利となるスキルとして、救急救命士や運動療法師・さらに心理カウンセラーなどの資格をとる事も良いでしょう。

 

求人の探し方は「人気の企業医務室看護師求人が出る看護師求人サイトランキング」を確認してください。

 

4.コールセンターへの看護師転職

コールセンターへの看護師転職

看護師さんが転職するときに気になるポイントは、長く続けられるかどうかです。ネットで評判になっているのがコールセンターの電話相談です。

 

コールセンターでは、お客さまからの相談を受けて病気に関して答えます。専門的な知識がある看護師さんでからできることです。また、内容によっては医師に取り次ぐ場合もあります。一般企業のサービスとして、多くの看護師さん活躍しています。

 

コールセンターが看護師転職で人気な理由

コールセンターが看護師転職で人気な理由

コールセンターの電話相談が転職に人気なのは、時間が決まっていること。残業がほとんどないということです。また冷暖房が効いた部屋で座って仕事ができますので、40代以上になると体力がきついと感じる看護師さんにとっても働きやすいと言われます。

 

看護師同士の人間関係も良好で、トラブルもありません。好きな時間に働けるのも魅力です。お子さんが小さい方は昼間だけの勤務もあります。魅力いっぱいの条件の職場ですが、時給も病院やクリニックで働くのと同じ条件の案件もあります。

 

コールセンターの仕事の見つけ方

コールセンターの仕事の見つけ方

電話相談の仕事は、ハローワークではほとんど取り扱いがありません。ネットの看護師専門サイトに求人があります。人気なので申し込みも多くなっています。仕事内容がよくわからないというナースさんのために、登録すると業務内容の詳しい説明をしてくれます。場合によっては職場見学や、実際に働いている看護師さんに話を聞くこともできます。

 

  • 担当者が親切にサポートしてくれる

看護師さんひとりひとりに担当者がついて、勤務時間や働き方について相談にのってくれます。家やお子さんの預け先など働く環境のことについても悩みを聞いてくれますよ。現在、働いている方はすぐに退職できないケースもあるでしょう。円満に退職するための相談や面接の日程などもサポートしてくれます。履歴書や職務経験書が苦手なナースさんには、経歴を聞いて一緒に考えてくれます。

 

  • 転職に成功した看護師の口コミを参考にしよう

ポートを受けて転職に成功して、ストレスなく働ける環境を手に入れたナースさんは多くいます。中には定年までずっと働いた方もいます。ベテランになるとリーダーになったり、新人さんの教育もできるようになり、やりがいも増えます。

 

看護師専門サイトでは転職に成功したナースの口コミも多いです。どんな形で転職をしたのが読むだけでも勉強になります。

 

雇用関係を問わないのであれば派遣にコールセンターの職種が多いです。「派遣看護師に人気の看護師求人サイトランキング」を確認しましょう。

 

5.空港への看護師転職

空港への看護師転職

看護師の転職先として空港での仕事を考えているのなら、空港内の医務室・診療所・クリニックなどでの仕事や検疫官の仕事があります。

 

医務室・診療所・クリニックで働くときには、利用客への体調不良のケアや応急処置がほとんどです。用意されている設備については最低限のものであることが多いため、そこで対応できるケースばかりではありません。症状が重いときには、そこでは対応せずに近隣の病院へ搬送することになります。

 

空港で働く看護師には夜勤がある

空港で働く看護師には夜勤がある

特徴としては、医務室・診療所・クリニックといっても夜勤があることです。空港が二十四時間稼働していれば対応する必要があるため、二十四時間稼働している空港に勤務する場合には夜勤もあります。

 

しかし、設備が限られていますし、入院患者がいるわけではありませんので、病院での夜勤のような仕事とは中身が異なります。病院での夜勤のような対応は求められません。

 

検疫官の待遇・採用について

検疫官の待遇・採用について

検疫官は厚生労働省に所属する国家公務員となります。待遇は公務員と同じです。応募条件については、日本国籍で看護師資格を持っていることです。選考は書類審査と面接です。書類審査を通った方のみ面接を受けることができます。

 

国家公務員としての採用となり、職場は全国の主要な空港と港の全てとなるため、転勤の可能性があります。募集は厚生労働省のホームページで行われます。しかし、募集されるのは欠員が出た場合のみです。

 

空港で働く検疫官の仕事内容

空港で働く検疫官の仕事内容

仕事内容としては、外国人や海外から帰国した方が感染症を日本国内に持ち込むのを防ぐことや、海外へ行く方の予防接種などです。海外から入ってくる方や帰国してくる方の場合、海外で流行している感染症に感染して日本国内にウイルスを持ち込む危険性があります。それを防ぐのが検疫官の仕事です。

 

検疫官の仕事は病院勤務での看護師の仕事とは中身が大きく異なりますので、転職を希望される際には情報を入手して検討されるとよいです。

 

求人を探すのが難しいので求人サイトを活用する

求人サイトを活用する

いずれにせよ空港で看護師が働くときには、病院での勤務とは中身が異なります。また、求人そのものも見つけにくいです。求人が出てきたときタイミングよく情報を手に入れ動くということが必要になります。そのため、興味がある方は、そのような求人に強い求人サイトを利用されるのがおすすめです。

 

得意なところであれば仕事の内容についても詳しく把握していますし、求人も手に入りやすくなります。分からないことも詳しいことを把握している担当者に転職活動をサポートして貰えるので安心です。

 

看護師求人は「企業看護師募集が多い求人サイトランキング」をチェックしてみてください。

 

6.保育園や託児所への看護師転職

保育園や託児所への看護師転職

保育園や託児所でも看護師の仕事はあります。基本的には土日祝日休みなので、夜勤もないので、家族との時間もとることができます。こういった点で、転職場所としては人気です。

 

医療的な行為は応急処置です。あとは園児の状態を見て、迎えにきてもらうのか、通院が必要か、救急車を呼ぶのかの判断をします。幼い子供は体調を崩しやすく、怪我が多いので、判断力が要されます。

 

保育園や託児所で働く看護師の仕事内容

保育園や託児所で働く看護師の仕事内容

園児の体調管理が、主な仕事ですが、仕事内容は多岐にわたります。

 

時には保育士の補助をすることもあります。一緒に遊んだり、生活を共にすることにより、園児との信頼関係を築きます。また、保護者のメンタルケアや、育児の相談、保健だよりなどの作成などを行うことも、あります。大概は、一つの園につき、看護師は一人です。何か起こったときには、医療者はただ一人なので、たよりにされます。

 

保育園や託児所で働く看護師の待遇について

働く看護師の待遇について

給料は、病棟で正社員として働くよりは少ないです。しかし、夜勤なし、土日休みを考えれば、納得はできます。しかし、求人はそう多くはありません。

 

欠員がでてもすぐにうまってしまいます。なので、多数の求人サイトに登録しておくとよいです。

 

保育園や託児所で働くためにはどうしたら良い?

保育園や託児所で働くためにはどうしたら良い

子供が好きならこの職業は天職でしょう。病棟で働き、結婚や出産、育児がおわったあと、就職する場合もあります。自分自身の経験も生かしながら、保護者の方にもアドバイスできるでしょう。

 

保育園で働くには、看護師資格があれば、誰でも働くことができます。現在は看護師を置く園も増えてきています。求人としては、だいたい、4月就職が多いです。園での就職を考えているならば、9月頃から探し始めると良いです。

 

看護師求人を探す場合は「学校の保健室看護師求人サイトランキング」をチェックしてください。

 

ポイント

昨今は生活スタイルの多様化で、夫婦共働きが多いですし、保育園や託児所に子供を預けて、働く母親が増えています。そんな中、園に保育士だけではなく、看護師がいることはとても心強いことです。保育士と連携し、保護者のサポートを行うことは、大変喜ばれるでしょう。喜んでもらえたら、こちらも嬉しくなり、仕事にやりがいが持てます。

 

看護師の転職を考えているならば、クリニックだけではなく、保育園や託児所での勤務もかんがえてみてください。

 

7.病児保育施設への看護師転職

病児保育施設への看護師転職

看護師という資格は、働く場所が多数ある仕事でもあります。一般的なクリニック、病院に加え、療養施設、老人介護施設などの介護系の施設、医療相談を行うコールセンター、健康診断の施設などが有名ですが、これに加え近年注目されているのが、保育施設です。

 

もともと保育所で看護師が働いていることは少なくありませんでしたが、近年の待機児童問題に関連して、看護師の転職活動でも保育関連施設が選択肢に入ることが増えてきました。

 

病児保育施設とは?

病児保育施設とは?

そのなかでも少し特殊なのが、病児保育施設への転職です。病児保育施設とは、その名前の通り病児を保育することを目的とした施設です。この施設はほとんどの場合、本来なら健康な子どもが一時的に体調を崩しており、また保育に欠ける状態であるため預かるというものです。つまり、日頃は保育所に通っている子どもたちが風邪をひいたり、熱が出た際に預かる施設です。

 

日頃は保育所に通っている子どもは、たいていの場合両親が働いており、病気になってもすぐに預け先が見つからず、こうした事情から母親が仕事をやめなくてはいけないケースすらあります。病児保育施設は、このような親を助ける非常に重要な施設です。近年では整備が進み、大きな自治体であれば市内に1つ2つ、小さな自治体がいくつか集まって運営しているようなケースが多く、病院の一室や小児科に併設されていることも多くなっています。

 

病児保育施設で働くのに向いている看護師は?

病児保育施設で働くのに向いている看護師

病児保育施設で働くのに向いている看護師は、小児科の経験がある人、保育園での勤務経験がある人、育児経験のある人などですが、子どもと接するのが好きな人であることが大前提です。病児といっても、比較的軽症の子どもが預けられることも多く、一緒に遊んだり、絵本を読んだりすることも少なくないからです。

病気に対する知識はもちろんですが、保育への取り組みの熱心さも求められます。

 

希望の条件と働く条件が合致しているかチェックしよう

希望の条件と働く条件が合致しているかチェック

転職を希望する際は、その辺りについてもよく自己分析し、向いているか、やっていけそうか考えてみる必要があります。病児保育施設は基本的には日中のみ開いているケースがほとんどで残業は少ないことが多いでしょう。

 

しかし、大きな病院に併設されているものや看護師の子どもを預かるための24時間体制の施設も少なくないため、勤務時間が納得いくものかどうかの事前チェックは忘れないようにしましょう。

 

看護師求人の探し方は「看護師の保健室求人が出る看護師転職サイト」をチェックしてみてください。

 

次へ
ポイント

看護師求人サイトは全国に50社以上存在しています。良い看護師サイトもあれば、悪徳な看護師サイトもありますので、「看護師が選んだ看護師求人サイト口コミランキング」をチェックすることと、必ず3社以上の複数登録をすることが、転職成功の秘訣です。

 

1位・看護のお仕事

看護のお仕事

地方にも都心部にも強く、また医療専門で行っている求人サイト!

みんなの口コミ

2位・マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職のプロ!マイナビグループが運営!スピードを求める方はココ!!

みんなの口コミ

3位・ナースフル

ナースフル口コミ

転職といえばリクルート!やっぱりナースフルが一番!?

みんなの口コミ


看護師転職サイト口コミランキング
LINE看護師パンダスタンプ

■看護師求人サイト転職口コミ「看護師パンダ」コンテンツ

看護師求人サイト転職口コミ集、「看護師パンダ」にお越しいただいてありがとうございます。看護師転職の役に立つ情報を日々更新しています。

看護師転職サイト徹底比較ランキング
看護師求人サイト一覧
看護師転職人気病院
看護師のキャリアアップ資格
看護師転職体験談
看護師求人条件で探す
年代別看護師転職
看護師パンダ